ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年08月21日

【お知らせ】サメで生きていこう!私なりの新しい働き方(沼口麻子さんトークイベント)

最近、サメに注目が集まっている!

サメというと「人喰いザメ」「海のギャング」と言われているように、どう猛というイメージが強い。

しかし、ハンペンなどの原料として使われてきたなど、サメは古来から日本人の食生活に大きく関わってきた。そして、「誤解されたサメのイメージを払拭し、私たちの生活に関わりのある動物である」ことを伝えたいと、日々、活動している女性がいる。シャークジャーナリストの沼口麻子さんだ。

2014-08-20 22.37.17.jpg
Photo 沼口麻子

沼口麻子さんは、2年前に勤めていたIT企業を辞めて独立。シャークジャーナリストに転身した。独立当初は苦しい時期も経験されたようだが、昨年末からサメが注目を集めるにつれ、活躍の場を広げてきた。最近は、日本最大級のビジネスオンラインサイトである「現代ビジネス」での「サメに恋して」の連載をはじめ、フジテレビの「めざにゅう」、週刊プレイボーイ、夕方フジといった各種メディアにも登場している。

2014-08-21 07.19.03.jpg
Photo 沼口麻子

現在はシャークジャーナリストととして活躍中の沼口さんだが、IT企業に勤めていた当時は、自分がサメに関わりながら生きるとは考えていなかったらしい。では、なぜ沼口さんがサメに関わりながら生きることを選んだのか?それは、彼女が「自分はサメが好き!サメに関わりながら生きて生きたい!」と、自分の心の奥底にあった”正直な気持ち”に気づき、行動したからに他ならない。では、なぜ彼女は自分の”正直な気持ち”に気づくことができたのか?それは、ここでは述べない。きっと、イベント当日に、沼口さんが語ってくれるはずだ。

IT企業に勤める会社員からシャークジャーナリストへ転身を果たした沼口さんだが、かつては、沼口さん自身も「自分の進む道が見えない!」と思っていた。しかし、沼口さんは自分の進む道を見つけ、唯一のシャークジャーナリストととして道を切り開いてきた。そんな彼女が本イベントで語るのは「道を切り開いてきた自身の体験」と、沼口さんが考える「新しい働き方」だ。そして、沼口さんが語る言葉は、「自分の進む道が見えない」と思う人にとっては、きっと光明となるであろう。

というわけで、8月25日に沼口麻子さんのトークイベント「サメで生きていこう!私なりの新しい働き方」が開催されます。僕が先に書いた沼口麻子さんの転身に興味を持った方、そして、「新たな道を切り開きたい!」と思う方は、是非、ご参加ください。

2014-08-21 08.58.41.jpg
Photo 沼口麻子

※本記事に掲載した写真は、沼口麻子さんのご了解のもと掲載をしております。


【対談】サメで生きていこう!私なりの新しい働き方

≪開催概要≫

●日時
├2014年8月25日(月)
└19:30〜21:30 ※開場・受付開始19:00〜

●会場
├アットビジネスセンター池袋駅前 別館405号室
http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/access.html

●参加費
 参加費:5,000円

●詳細&申込みは下記のFacebookイベントをご覧ください
 https://www.facebook.com/events/1660728340818189/?ref_dashboard_filter=upcoming

ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書店訪問/イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

【本文紹介】最高の眠りのための「舞台」づくりをしよう!『“睡眠満足度”があなたの年収を変える!眠りの技法』(山本恵一著)



※献本ありがとうございます

■最高の眠りのための「舞台」づくりをしよう

 疲れて家に帰ってきて、遅い夜食を食べ、熱いお風呂に入って一日の疲れを洗い流し、さあ、寝ようと思って寝室に入ったら、今朝起きたとき、そのまま乱れた布団。ベッドの周りは、読みかけの本やスマートフォンの充電器で散らかり、寝室においた小型テレビの電源をつけて、眠くなるまで深夜番組を見ている。そして、深夜番組が終わったのを気づかないまま、いつの間にか寝ている……。

 あなたは今、こう思っているはずです。
 良質な眠りをして、しっかり疲れをとりたい!
 そう思って一念発起して、規則正しい生活を心がけも、続くのはせいぜい3日。
 忙しいビジネスマンにとって、規則正しい生活はすごく難しいですよね。
 規則正しい生活はストイックで、ときには我慢もしなくてはいけない。

 だから、睡眠への意欲が落ち込んだら、また前の生活に逆戻りしてしまう。人間楽しいと思えないことは長続きしないのは当たり前のことです。

 実は、あなたの睡眠を改善する鍵は寝室にあります。
 こんなことを突然言われても、寝室にはベッドと布団があるだけだし、それ以上に寝室をよくしたからといって、何かが変わる気がしないという方は、現状の乱れたままの寝室が当たり前と感じているのでしょう。

(中略)

 睡眠がちゃんと取れている人は、寝室で寝る以外のことをしません。

 本来、寝ることは楽しいことです。
 本書がまず提案したいのは、「カイテキな寝室作り」です。なぜなら、カイテキな寝室を作ることは規則正しい生活を送るよりも、ずっと簡単であなたの眠りを直接変える力を持っています。

 寝室が眠るのに最適な空間に変わったとき、必ずあなたの睡眠の質は向上していきます。寝室で別の楽しみに時間を奪われることもないでしょう。睡眠の楽しさに改めて気づき、睡眠によって一日の疲れが癒され、寝室は毎日の活力が新たに生成される場所へと生まれ変わるはずです。

(山本恵一著『“睡眠満足度"があなたの年収を変える! 眠りの技法』より P26〜P29)


 本文を読んで、寝室について、意外と無頓着だということに気づかされた。

 文字通り、寝室は”眠るための場所”である。眠るということは、”完全なOFF”に切り替わった状態。その眠るための場所でスマホなどをやったら、身体も”OFF”への切り替えも行いにくい!

 とは分かってはいるものの、自分の生活を振り返ってみると、寝る前に寝室でスマホをいじることは意外と多い。そのためか、入眠までに時間がかかることもあった。入眠まで時間がかかるときというのは熟睡感があまりない。

 よく「寝る前に入眠のための儀式をやった方が良い」というが、それは身体に「もう眠るの時間だよ」と知らせる意味もあるのだろうが、「寝室では眠る以外のことをしない」と著者が述べるのは入眠の儀式と同じ意味があるのだろう。

 朝起きたときに「熟睡した感じがしない」と思うことがあるが、それは「睡眠の準備が出来ていない」ということを知らせているのだろうか?それとも、「こんな落ち着かない環境じゃあ眠れないよ!」と身体が知らせているのだろうか?

 いずれにせよ、寝室を眠りの場所としての環境を整えることから始めてみよう!

 それと、本書で紹介していた「抱かれ枕」にも注目!こんな枕で包まれるように寝たら気持ちいいだろうなあ…




【関連書籍】



“睡眠満足度"があなたの年収を変える! 眠りの技法

1)本書の内容
 
 CHAPTER1 寝室を整える
 CHAPTER2 寝る前の準備で「睡眠満足度」を上げる
 CHAPTER3 快眠はカラダの内側から
 CHAPTER4 良い目覚めを演出する
 CHAPTER5 昼寝&移動中に仮眠を取るコツ



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:健康
posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

【本文紹介】harvest『"美しい瞬間"を生きる』(向田麻衣著)



■harvest

 たくさんの人に支えられていることはわかっている。
 それでも、インドからの帰りのフライトで、これから先も、ずっと、ひとりで、このつらく厳しい出来事や現実を見て、乗り越えていかなければいけないのかと思ったら、アイマスクをしたまま涙が溢れてきた。
 去年一年間は違和感のあることをひとつずつ、明らかにして、手放してゆく時期だった。
 ものすごくつらかたし、自分の過ちを認めることも苦しかった。
 今もその作業は続いている。
 去年の今ごろにいただいた仕事が長期に延びて、そのあたりから飛行機に乗るたびに息苦しくなったり、動悸が激しくなることが増えた。
 去年から今年の初めあたりまでは海外出張が怖かった。
 今は自分なりの対処法をいくつか試しながら、だましだまし飛行機に乗っている。
 周りの人から強い人だと言われて、そして、その度に泣きたい気持ちになる。
 本当は苦しかった。
 その日々の中に見つけられる、微かな光を集めて話しているだけ。
 今は、種をまかずに、刈り取ることはできないんだぁと実感している。
 刈り取るタイミングが近づいていることも感じる。

(向田麻衣著『美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)』より P137)


向田麻衣さんの著書『美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)』の本文紹介も今回で最後。今回は僕が一番印象に残ったエッセイ「harvest」を記載した。

「違和感のあることをひとつずつ、明らかにして、手放してゆく」という作業が「つらい」と著者は言う。その気持ち、ものすごく分かる気がする。なぜなら、自分も今、「違和感のあることをひとつずつ、明らかにして、手放してゆく」という作業を行っているからだ。

”違和感があること”ということは、自分の心が望むものとは違う方向でものごとが進んでいる。そして、”違和感を手放す”作業を行うために「なぜ、そうなったのか?」ということを考えるとき、自分が避けて来た”嫌な面”にも目を向けなければならない。誰しも、自分が避けて来た”嫌な面”に目を向けることはつらいことだ。それゆえに、”自分を見つめ直す作業”というのは、時に苦しい。

だが、植物がよい果実を実らすために”間引き”が必要なように、自分が次の舞台でよい果実を実らすためには。”違和感を手放す”という”間引き”が必要となる。そうしないと、”違和感”に心が奪われることにもなりかねない。

このような作業を通じて実らした果実は、輝かしいものとなっているだろう。そして、輝かしい果実を実らせ、刈り取る瞬間こそ、”至福の瞬間”と感じるのだ!


【関連書籍】



美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

1)本書の内容
 出会いとはじまり
 世界と日常
 愛と自由



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | U25 SURVIVAL MANUAL SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。