電子書籍: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2012年10月25日

話題の「kindleストア」が本日スタート!

 アマゾンジャパンは10月24日、日本向けの電子書籍販売サービス「Kindleストア」を10月25日に開設すると発表した。あわせて、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」とタブレット端末「Kindle Fire HD」の国内予約販売を開始している。
 10月25日オープンのKindleストアは、「オリコン週間“本”ランキングのBOOK(総合)、文庫、コミック、各部門の上位の多くのタイトルをカバー」(同社)したサービスになると謳っている。
 日本語の電子書籍は1万5000を超えるコミックと名作などの無料タイトル1万以上を含む、総計5万以上の規模。書籍のラインアップには冲方丁著『光圀伝』、辻村深月著『ツナグ』などを揃えた。また、貴志祐介著『新世界より』特別限定版、近藤麻理恵著『人生がときめく片づけの魔法2』、大沢在昌著『新宿鮫』全巻など、68作品をKindle ストアで先行・独占販売する。
 コミックでは、ヤマザキマリ著『テルマエ・ロマエ』、大高忍著『マギ』などの作品をラインアップ。また、11月2日発売予定の貞本義行らが描く『新世紀エヴァンゲリオン 13巻』の独占先行予約をストア開設と同時に開始する。
 日本語の書籍やタイトルの提供にあたっては、角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、小学館、新潮社、文藝春秋社が協力した。
 KindleストアはKindle PaperwhiteやKindle Fireだけでなく、AndroidやiPhone、iPadなどのKindleアプリを通じて利用することもできる。Kindleで購入したタイトルをスマートフォンやタブレットで読むことも可能だ。
(CNET Japan『Kindle ストアが10月25日にオープン--日本語タイトルは5万以上』より)


本日(2012年10月25日)、「kindleストア」がオープンいたしました。
kindleストアのオープンは「日本の出版業界に大きな影響を与える?」とも言われています。
そこで、今回は
 ・Kindle PaperwhiteとKindle Fire HD
 ・紙の書籍とkindle版の価格差
 ・Kidle ダイレクト・パブリッシング
の内容を簡単に書いてみたいと思います。


【Kindle PaperwhiteとKindle Fire HD】

kindleストアの開設に伴い、電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』とタブレット端末『Kindle Fire HD』の国内予約販売が開始されております。


■電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』

「Kindle Paperwhite」はE Ink スクリーンを採用した電子書籍リーダー。
「Wi-Fi」対応の『Kindle Paperwhite』が¥8,480、「無料3G + Wi-Fi」対応の『Kindle Paperwhite 3G』が¥12,980となっております。


■タブレット端末『Kindle Fire』

また、タブレット端末の『Kindle Fire HD』は、ディスク容量が8GBの『Kindle Fire』が\12,800、『Kindle Fire HD』の後継機種と位置付けられている『Kindle Fire HD』。ディスク容量が16GBのタイプは¥15,800、ディスク容量が32GBのタイプは¥19,800で販売されております。

なお、kindleアプリは、スマートフォンではiPhone & iPod touch、Androidに、タブレットPCはiPad、Androidに対応しております。(もちろん無料)


【紙の書籍とkindle版の価格差】

今回のkindleストアのオープンで、紙の書籍とkindle版の価格差どれくらいあるのか?に注目をしておりました。
いくつか例をあげてみましょう。

■人生がときめく片づけの魔法2(近藤麻理恵著)

・紙の書籍:『人生がときめく片づけの魔法2』 ¥1,470


・kindle版:『人生がときめく片づけの魔法2: 2』 ¥1,000


・価格差:¥470


■ワーク・シフト(リンダ グラットン著)

・紙の書籍:『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』 ¥2,100


・kindle版:『ワーク・シフト (孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>)』 ¥1,500


・価格差:¥600


■大富豪アニキの教え(兄貴(丸尾孝俊)著)

・紙の書籍:『大富豪アニキの教え』 ¥1,680


・kindle版:『大富豪アニキの教え』 ¥1,280


・価格差:\400


3つの例をあげて価格差を見てみました。人気の本で、おおよそ¥400〜¥600の差といったところでしょうか?


【Kidle ダイレクト・パブリッシング】

なんといっても最もインパクトが大きいのが、この「kindle ダイレクト・パブリッシング」だと思っております。
ちなみに、ロイヤリティは通常は35%、話題の70%のロイヤリティオプションもあり!(利用規約はこちら

この「kindle ダイレクト・パブリッシング」の一番のインパクトは、「誰もがkindleで出版できる時代が日本にもやってきた」ということです。
しかも電子書籍では最大のプラットフォームのkindleですから、ヒットすれば、そのインパクトは大きいでしょう。

●参考記事
“Kindle本”自費出版「Kindleダイレクト・パブリッシング」日本版スタート(Y!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121025-00000054-zdn_n-inet


kindleストアのオープンで、日本の電子書籍はどのように変わるのか?推移を見守っていきたいと思います。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:電子書籍
posted by まなたけ(@manatake_o) at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

日本も電子書籍時代の到来?「アマゾンが電子書籍配信で合意、日本の出版社との契約で」

freemind2html.css


インパクトが大きいニュースなのでブログに書きます!

「いよいよ黒船が本格的に乗り込んで来た!」という感じがします!
記事によると、契約合意に至ったのはPHP研究所!小学館、講談社、集英社といった大手も交渉中ということから、他の出版社も追随せざるを得ないでしょう!

電子書籍については各出版社とも取り組んでいたものの、「やっています」といった程度!本格普及には至ってはいません。それもそのはず。このブログでも何度も取り上げた通り、日本の出版業界は電子書籍の普及に警戒感を抱いていたと思います!(逆に、その意識が世界の潮流から大きく取り残される結果につながった訳ですが....)

2010年初頭にはiPadの発売をキッカケに「電子書籍元年」と騒ぎたてたが、その後はトーンダウン!「電子書籍の普及が日本の出版ビジネスモデルを大きく変える!」ことに自ら気がついたからでしょう!

そのように思う最大の理由は「日本独自の流通制度」にあります!

ご存じの方も多いと思いますが、日本の書籍の多くは取次を介して出版社から本屋に配本されます。そして、取次が日本の本の流通の”要”となる機能を担っています。

出版社にとっては本を取次に納めれば前払いで代金を支払ってくれる。そして、本屋にとっては、たとえ本が売れたくても返品自由となっているため返品すればよい!このため、取次は、出版社、そして本屋にとっては”ありがたい存在”となっています。特に中小の出版社にとっては、取次は金融機関としての役割もになっているわけです。

電子書籍が普及した場合、出版社は取次を介さなくても本は売れる訳なので、いわゆる「中抜き」が発生する!日本で電子書籍が普及しなかった大きな理由がここにあります。

そして出版社にとっても電子書籍のビジネスモデルは、ありがたくないビジネスモデルでもあります。

例えば、アマゾンの場合、著者が自らkindle DTPで出版することができます。電子書籍で直販する場合の印税は、出版社を介するよりも高いと言われています。電子書籍のプラットフォームが確立した場合、「村上龍さんのように、出版社を介せずに著者が自ら電子書籍プラットフォームから出版する動きが当たり前のようになってしまうのではないか?」という懸念が出版社側にもありました。このため、出版社も自ら出版できる電子書籍のプラットフォームの確立は歓迎したくない動きに思えたはずです。

古い記事ですが、このことについては以下の記事が参考になります。

個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃
【速報】 米国Amazon,Kindle電子書籍の印税を35%から70%に大幅値上げ発表

ただ、著者自らの直販にも問題がない訳ではありません。プロモーションをどうするのか?といった問題があります。このあたりは今後の課題と言えそうです。この点については以下の記事が参考になります。

電子出版も含めた本の印税の話

出版に関わる仕事の在り方も大きく変わるかもしれませんね!

電子書籍に関するアメリカの動きを見てみると、公表はされてはいないものの「電子書籍の販売部数は、紙の本の販売部数を完全に抜いた」と言われています。そして電子書籍のシェアは、アマゾンの70パーセント超、アップルとソニーが数パーセントとアマゾンの一人勝ち状態!個人でもkindle DTPから出版し、ベストセラーとなった著者もおります。

日本勢もプラットフォームの確立には力を入れていました。特に力を入れていたのはシャープ!しかし、有力プラットフォームが世界的に電子書籍の標準規格であるEPUBを採用しつつある中、シャープ独自のフォーマットであるXMDFにこだわった時点で敗北決まったようなもの!また、電子書籍に関するいろいろな協議会が出来たものの、各社の事情により、結局霧散となってしまう!そして、最大シェアを誇るアマゾンと出版社との契約合意!勝負が決まったも同然です。

次のアマゾンの戦略は、電子書籍リーダーを普及させ、電子書籍で本を読むことを一般化させること!当然、自社のkindleを安い価格で販売していくことでしょう!すでに79ドルというモデルも登場していることですし!そして、新書等のコンテンツを集め、買いやすい値段で販売し、一気に普及を図る!

かつて、パソコンのOSはマイクロソフトが、音楽配信はアップルが独占したように、電子書籍のプラットフォームはアマゾンの独占状態になりつつある今、今回の契約合意が契機となり、今後は日本でもアマゾンというプラットフォームの上で、コンテンツを楽しむことが主流となっていくのではないかと思います。

電子書籍が日本を席巻するのも、そう遠くはない!

私も79ドルのkindleを買おうかな?

ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





タグ:電子書籍
posted by まなたけ(@manatake_o) at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ソーシャルメディアとキュレーターが電子書籍を進展させる?『電子書籍の未来図(立入勝義著)』


電子出版の未来図
  • 立入勝義
  • PHP研究所
  • 756円
Amazonで購入


しばらく本の話題から外れていましたが、久しぶりに本の話題を書きます。

私は以前レビュー記事を書いた『検証 東日本大震災 そのときソーシャルメディアは何を伝えたか? (ディスカヴァー携書)』を読んで以来、その視座の高さと分かりやすい論理的な文章から、著者の立入勝義さんのファンになってしまいました。

立入さんはアメリカに居住しているのですが、現在は日本に戻ってきております。戻ってきている間は、メディア・講演会等で忙しい毎日を送っているようです。

今回紹介する電子出版の未来図 (PHP新書)は、J-Waveの「LOHAS TALK」という番組で知ったので読んでみようと思い、手に取りました。読んでみて思ったことは、やはり「視座の高さを感じる内容」ということでした。「LOHAS TALK」のナビゲーター・小黒一三さんが「出版関係の方は是非読んでいただきたい!」と言っておりましたが、納得はいきます。

今回のレビュー記事は【本書からの考察】【感想】の2点から、記事を書きたいと思います。


【本書からの考察】
■「電子書籍」は「書籍」の電子版?
iPadが登場したときに電子書籍として紹介されたのが「不思議の国のアリス」でした。iPad でページをめくって読む感覚は「まるで本を読んでいるようだ」と、物凄く感動した覚えがあります。この印象があるが故に
  電子書籍≒書籍
という捉え方が一般的に出来上がったものと思います。私も従来はそのように捉えてまいりました。

しかし、最近は違う捉え方をしております。多分、大多数の方とは違う捉え方かも知れませんが、私は
  電子書籍≒ブログの集大成
という考え方がしっくりくるようになりました。

「ちがうよ!ブログって書籍のようにページをめくったりできないじゃないか!」....全くもって、おっしゃる通りです。
実は、このような捉え方をした理由は「書籍と電子書籍の表現の違い」からです。

例えば、電子書籍の代表的なフォーマットとしてEPUB3.0があります。このEPUB3.0というフォーマットは、HTML5がベースとなっています。HTMLはウェブで使われるタグ付きフォーマットです。誤解を恐れずにいうと、EPUB3.0で表現される電子書籍というのは「ウェブの世界で表現されるブログの延長線上にある!」と捉えることができます。

ウェブの世界では、文字や写真だけでなく、動画や他のページへのリンクなど、従来の書籍にない表現方法が可能です。そして、表現する人の創意・工夫によっては、「従来の書籍とは違った世界」を醸し出すことが可能です。
  電子書籍≒ブログの集大成
といった理由もそこにあります。

著者も「第5章 電子書籍書籍はどこへいくのか?」の中で、
 ・ソーシャルブログが電子出版される時代
 ・電子書籍はこれまでの書籍ではない

と述べておりますが、その考えに私も同意します。

■出版社はガラパゴス化を望んでいる?
電子書籍に対する出版社の動きを見ていると「出版の゛ついで゛に電子書籍もやっている」ようにみえます。そして、それは「電子書籍を推進したくない」ことを望んでいるようにも見えます。これは、ある意味分からなくもありません。電子書籍のビジネスモデルは、編集・マーケティング・営業・販売といった既存の書籍ビジネスモデルを破壊してしまうモデルだからです。

では、「アメリカで起こった電子書籍の波が日本を巻き込むのか?」というと、今のところ私は否定的です。

その最大の理由は「日本語が防波堤となって出版社を守っている」からです。
「電子書籍の潮流に巻き込まれずに”ガラパゴス化”を形成している」最大の理由は、ここにあると思っております。

しかしながら、”ガラパゴス化”の中で出版事業を行うことは、人口減少、少子・高齢化の進む日本においては、それなりのリスクが伴います。そして、「ソーシャルメディアとアンビエント化」(後述)が市場をさらに細分化させる要因にもなっています。

個人的には「書籍と電子書籍は似て非なるもの」と考えているので、棲み分けは可能だと思っております。しかし、細分化された市場の中で、出版社が生き残ってのは容易ではありません。生き残っていくためには、書籍、電子書籍に関わらず、「キラーコンテンツが重要な要素」であることは言うまでもないことです。

「キラーコンテンツを絡めながら、どのような方法で多くの読者を取りこんでいくのか?それとも電子書籍の時代に合わせ、業態を変えていくのか?」そこに出版社の知恵が求められそうな気がしております。

■ソーシャルメディアとキュレーターが電子書籍を進展させる?
書籍というのは、いうまでもなく「マスメディア」の一種と言えます。しかし、昨今の新聞・テレビ・出版社を見てもわかる通り、マスメディアは苦境にあえいでいる状況です。佐々木俊尚さんは『電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)』の中で「自分がよいものを選ぶ、読む、評価する”アンビエント化の結果」と言っております。

そして、その”アンビエント化”を推し進めていくと、「自分の価値観の合うもの同士がコミュニティを作り、文化を形成する」ということにつながります。そのつなぐ役目となるのが、ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアです。近年、ソーシャルメディアが発展してきた理由として、「価値観が合うもの同士がコミュニティを作る役割を担った」ことがあげられます。

では、ソーシャルメディアの中で活躍するのはどのような方かというと、私はやはり「キュレーター」だと思います。

ソーシャルメディア時代のキュレーターとは以下の方を表します。
一次情報を発信することよりも、その情報が持つ意味、その情報が持つ可能性、その情報が持つ「あなただけにとっての価値」、そういうコンテキストを付与できる存在の方が重要性を増してきている
(佐々木俊尚著『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)』より)

つまり、Googleなどで検索した情報を、そのまま発信するのではなく、自分にとって有益な「価値」を付加して提供する存在です。ブロガー(特にアルファーブロガー)などは、その代表的な存在でしょう。

著者は「ブログの欠点はツールとしての独特の体裁があり、一気に読みこなすためにはあちこちクリックする必要があるし、印刷してもレイアウトがスムーズに出てこない。つまり、ブログをまとめて読むために、今後は、電子出版が用いられることも大いにありうるだろう」(本書より)と述べております。

先にも述べた通り、ブログと電子出版はフォーマットの親和性が非常に高いです。

そしてソーシャルメディアにおいて影響を与える「アルファーブロガー」は、自分を支持してくれる仲間のために、自ら書き綴ったブログをベースに電子出版を行う。そして、仲間はそれを拝読する。

そんな「アンビエント化」されたコミュニティが一層進む中で、電子書籍の文化が形成されていく。パブーなどをみているとそんな気がしてなりません。


【感想】
冒頭にも述べた通り、『検証 東日本大震災 そのときソーシャルメディアは何を伝えたか? (ディスカヴァー携書)』を読んだ時、その視座の高さと分かりやすい文章で、すっかりファンになってしまいました。その視座の高さは本書においても表れています。

また、今回取り上げた部分意外にも「アマゾン、アップルの垂直統合」や「電子書籍に仕掛けられた罠」など、著者が自らアメリカで経験したことを書いているなど、興味深い話題が多いです。

そんな中でやはり一番大きなポイントだと思ったのは「電子書籍は今までの書籍ではない!」ということです。著者もIT技術に詳しいことから、本書の中では技術的な側面からも説明されておりますが、私はやはり「電子書籍は、表現方法が多岐に渡る。したがって、クリエイターが創造力を働かせることにより、奥深い書籍ができるのではないか?」と本書を読んで思ったことでした。多分、これは自分がブログを書いたからこそ分かったことだと思います。

本書は、ラジオでのトーク内容からすると、まだ初版ということらしいのですが、もっと売れて欲しい本だと思いました。
そして、ソーシャルメディアプロデューサーとしてご活躍の著者が、ソーシャルメディア、そして電子書籍について、今後、どのようなことを語るのか?今後も注目して行きたいと思います。

最後に立入勝義さんの意力ブログをリンクします。
この中で、立入さんがソーシャルメディアについてどのようなことを語っているのか?興味のある方は、是非ともご覧ください。

電子出版の未来図 (PHP新書)

1)本の内容
 第1章 電子書籍に仕掛けられた罠
 第2章 「iPad」「Kindle」は黒船なのか?
 第3章 電子書籍バカの壁
 第4章 出版社は生き残れるのか?
 第5章 電子出版はどこへ行くのか?
 第6章 クリエイターよ、大志を抱け!

2)この本から学んだこと
 ・電子書籍は従来の書籍とは、似て非なるもの!
 ・電子書籍の勃興のカギは「ソーシャルメディア」と「キュレーター」!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。