中島孝志: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2011年02月22日

本は絶対、1人で読むな!(中島孝志著)




今回は中島孝士さんの著書『本は絶対、1人で読むな!』を取り上げます。


タイトルの『本は絶対、1人で読むな!』を見て「どういうこと?」と思った方はたくさんいらっしゃると思います。実は私もそうでした。

「読書は1人で読むな!」とはいったいどういうことでしょうか?

それは”読書会を活用し、情報や価値を皆と交換することに、自分の知識より高めていこう!”ということです。

朝の読書会や朝の勉強会は密かなブームになっています。
私は読書会には参加したことがないのですが、TwitterやFacebookではビジネス書の読書会の告知など、いろいろな読書会や勉強会の情報が掲載されています。


本書は1人で読む読書を”おひとりさま読書”と呼んでおりますが、読書会では”おひとりさま読書”では得られないメリットが本書には書かれております。

最大の効果は「参加者のいろいろな視点や価値観に触れることにより、自分1人では気がつかなかった視点を発見できる」ことでしょう。本書では、このような効果を”カクテル効果”と呼んでおり、このように読書会で得られる読書の効果を”掛け算読書”と呼んでいます。

本書に書かれている読書会のメリットは以下の通りです。

【読書会のメリット】
 ・自分では得られない気づきを得られる
 ・感動を分かち合える
 ・情報の交換ができる
 ・情報の感度が高まる
 ・情報ネットワークが構築できる
 なと...

こうしてみると読書会のメリットって多いと思いませんか?

また、本書では読書会の効果をより高めるために、ブログの活用やツイッターでのバーチャル読書会の提案をしております。特にツイッターでの読書会の開催は私は非常に興味を持ちました。

ツイッターでは不特定多数の方が参加します。その中には、もしかしたら普段は接することができない著名な方や経営者などがいらっしゃるかもしれません。そのような方と読書や本の内容を通じて議論を交わすことができるメリットがツイッターにはあります。また、いろいろな地域に住んでいる方とタイムライン上で議論をできることもメリットとしてあります。その発言の中には鋭い切り口、また、ユニークなコメントなどが出てくることも期待できます。


私は読書会には参加したことはありませんが、勉強会などのコミュニティ活動を通じて上記のメリットを感じております。「ブログで読書した結果をアウトプットしよう」と思ったのも、そのメリットを感じ、アウトプットを通じてツイッターなどのメディアを通じて何らかの情報交換が出来ればと思ったからです。

著者は自身のブログを”掟破りのブログ”と本書の中で言っておりますが、私のブログも”書評ブログ”と銘を打っているものの、”掟破りのブログ”と思っております。本の紹介はあるとはいえ、書評といいながら本のよしあしなどは触れずじまいで、自分の思ったことをずらずらと書いている記事が多々あります。まあ、好きに書いているのでそのあたりはご容赦ください。


最後に、私の野望について(野望というのは大げさですが。。。)

今年の目標として考えていることの一つに「読書会の開催」があります。
”リアル読書会”、そして”ツイッターでの読書会”の開催を考えています。
今は「どのように運営するか?」という企画を構想中ですが、実現の運びになったら、ぜひとも参加をお願いいたします。


本は絶対、1人で読むな!

1)本の内容
・第1章:「おひとりさま読書」はこんなに損!
・第2章:読書会で「掛け算読書」をしよう!
・第3章:ブログ&ツイッターでバーチャル読書会を開催する!
・第4章:朝にこそ読書をしよう!
・第5章:速読なんていらない!感動の読書会

2)この本から学んだこと
・”おひとりさま読書”では得られないメリットが読書会にはある
・読書会は「自分の視点を広げる」メリットがある
・ブログ、ツイッターの活用で読書会の効果はもっと広がる
・読書スタイルは人それぞれ!それぞれの視点を共有しよう!


本書のキーワードをFreeMindでマインドマップにまとめました。
本は絶対、1人で読むな!.png
また、以下のリンクをクリックすると、拡大表示されます。
本は絶対、1人で読むな!.html

なお、上記イメージファイルをPDF版で、メルマガにてダウンロードできます。ご希望であれば、右上にある”メルマガ登録フォーム”より登録をお願いいたします。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

レビュープラスもどうぞ!!





タグ:中島孝志
posted by まなたけ(@manatake_o) at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中島孝志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

手帳フル活用法(中島孝志著)


手帳フル活用術―仕事の達人、27人の「手のうち」! (知的生きかた文庫)

手帳フル活用術―仕事の達人、27人の「手のうち」! (知的生きかた文庫)

  • 作者: 中島 孝志
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 文庫




1)本の内容
 ・成功者は、このように手帳を活かしている!
 ・これが一流ビジネスマンの手帳術
 ・”最短”で願いをかなえる手帳術
 ・手帳を「人生計画」にフル活用!
 ・一冊の手帳の”無限の可能性”

2)この本から学んだこと
 ・手帳を活用するには3つのポイントがあること
   @具体的な目標や課題、テーマを記載する
   A”スタート”と”ゴール”の設定をする
   B手帳を常に携帯し、1日に何度もチェックする
 ・工夫をすることで、スケジュール管理のみならずアイディア帳など色々な用途に活用できる
 ・短期で見るのではなく、中期、長期とプランを描くことで人生設計に役立てることができる

手帳の活用に関する本については色々と出ております。有名なところでは「一冊の手帳で夢は必ずかなう (熊谷正寿著)」がありますが、総合的に手帳活用術に関する著作の内容をまとめると
 ・単なるスケジュール管理だけに終わらせるな!!
 ・”アイディアノート”、”記憶メモ”など色々な用途に活用できる!!
 ・長期プランを立てることで夢を実現できるツールとなる
というところになりそうです。
しかし、それが分かっていても実践するのが難しい。。。。
私も実践しようと思いながらもなかなかできずにいます。。。

だが、成功している人は手帳を上手に活用できている方が多いようです。
この本では、
 ・単なる活用術だけでなく「なぜ手帳に書くと成功する確率が高まるのか?」
というその理由をきちんと書いているところがポイントと思っております。

手帳の活用方法については私も試行錯誤中です。
試行錯誤の中で読んだ本を今後も随時紹介していきたいと思います。


ブログランキングに参加しております。良かったと思ったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

レビュープラスもどうぞ!!





タグ:中島孝志
posted by まなたけ(@manatake_o) at 19:47 | Comment(0) | 中島孝志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。