雑誌: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2011年08月23日

【マインドマップ付き】ストーリーシンキング「相手に分かりやすく伝える」ための論理的思考!「日経ビジネスAssocie 2011-09-06号」


日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 9/6号 [雑誌]
  • 日経BPマーケティング
  • 590円
Amazonで購入


『日経ビジネスAssocie』は私が好きな雑誌の一つです。

好きな理由は、特集の着目点が素晴らしいこと。例えば、「数学」のように、ビジネスパーソンにとって必要な思考にも関わらず、それをメインの特集として組む雑誌がない中、アソシエは「数学特集」として取り上げる。このように、実務に役立つ”意外”なスキルを特集として取り上げるのが、アソシエの特徴だと思っております。

今回の日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 9/6号 [雑誌]の特集1は「ストーリーシンキング」。ゴールである問題解決を行なうためにストーリーを描くスキルは必要とされています。しかしながら、私もそうですが、実務者にとってはストーリーを描くことは苦労します。なぜ、苦労するかというと「どのように描いたらよいか分からない」から。今回のアソシエの特集は、そんな人にとって、うってつけの特集だと思います。

今回は、【特集1のポイント】【感想】そして【マインドマップ】の構成でレビュー記事を書きたいと思います。


【特集1のポイント】

本書を読んでいる中で、私自身が「ここがポイントだな!」と思った個所を以下に記載いたします。


■空・雨・傘+HTD

本誌では「空・雨・傘+HTD」で考えることを推奨しております。

「空・雨・傘」はコンサルティングファームで使われるフレームワークです。これは、目的を実現するために、以下の3つの要素で考えます。

 1)事実に基づいて状況を把握するいくと
 2)状況に対する自分の知見(インサイト)に基づき解釈する
 3)解釈に基づき導き出された結論に基づき行動する

しかし、これらの要素はあくまでも「What To Do(何を行うか)」です。行動を実際に行なうためには「How To Do(どのように行うか)」が必要になってまいります。例えば「xxに行く」という場合、行動(傘)は決まっていても、電車でいくのか、バスで行くのか、それとも歩いていくのか?「どのように」という要素がなければ、実際に行動に移すことはできません。

だからこと「空・雨・傘」にHTD(How To Do)が必要になってくるわけです。


■発散と収束

発散は「発想をドンドン広げていくこと」です。

本書では”「空・雨・傘」を広げること”で”発散”を行うことを紹介しております。

それぞれの要素でいろいろと考えていくと、関連する項目がドンドンあがり、何本ものストーリーが出来上がっていきます。

では、なぜいくつものストーリーを考える必要があるのでしょうか?本誌では以下のように述べております。
 ビジネスの問題に『正解』はありません。あるのは「どちらがよりベターな解か」という評価です。だからこそ、複数でのストーリーを立てることが、できるだけ多くの可能性を考え、その中からベストの選択肢を見つけるために、絶対に必要なのです。
(「本誌」より)

幾つものストーリーが出来上がっていったら、今度は最終的に一つのストーリーに絞り込んでいきます。

本誌では「ピラミッド構造」での検証と修正を紹介しております。そして、検証と修正を繰り返していき、最終的に1つに絞り込んでいく、”収束”させていくわけです。

これらの作業は「紙に書いて行なうのがよい」と本誌では述べております。
これは実際にやってみると分かりますが、頭の中で考えるだけでは「抜け」や「モレ」が多くなります。逆に紙に書いて可視化することによって、「気づき」が多く生まれます。


■ストーリーを1枚の紙に!

最後はドキュメント化することですが、絞り込んだ「空・雨・傘+HDT」のストーリーを1枚の紙にまとめることが大きなポイントとなります。

本誌に書かれているメリットは2点あります。

まず、メリットの1点目は、1枚にまとめることで、「相手は何の話か?ということが先に分かる」ということです。
メリットの2点目は、「相手の信頼を得やすい」ということです。これは、1枚にまとまっているがゆえに、相手は「状況認識から結論までの道筋が一目で分かる」からです。

しかし、1枚にまとめることは練習が必要になってまいります。型を身につけ、練習をすることの必要性を本誌では言っております。


【感想】

本誌ではロジカルシンキングの要素を取り入れながら、ストーリーシンキングの考え方を展開しております。

ロジカルシンキングの本というと難しい本が多いので、私も含め、なかなか実務で使うことが難しいです。また、フレームワークもたくさんあり、「どのフレームワークをどういう場面で使えばよいのか?」が分からなくなります。

しかし、本誌で展開されている「空・雨・傘+HTD」という考え方はシンプルです。そして「空・雨・傘+HTD」という考え方は、我々が日常よく使う考え方です。このため、本誌に書かれている例は、私たちにスッと入ってくると思いました。

実際、「状況を理解し、解釈し、導き出した結論から行動する」ということは、我々が普段仕事をする中で考えることです。ただ、その精度を上げることを課題と感じている人が多いのではないでしょうか?その意味では本誌の特集は「ビジネスパーソンの意見を聞きながら、実際に直面している課題に基づいた特集を組んでいる」と感じました。

今回の特集は、シンプルではあるが、実際に使いこなすには練習が必要!繰り返し行っていきながら、自分のものにしていきたいと思います。


【マインドマップ】

本書の概要を表したマインドマップを以下に記載します。

image.png
拡大表示は以下のリンクをクリック!
ストーリーシンキング(日経ビジネスAssocie 2011-09-06).html


日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 9/6号 [雑誌]

1)本書の内容

特集1:ストーリーシンキング
 PART1 基本編
  ・「思いつき」を「問題解決の物語」に変えよう!
  ・ビジネスのストーリーは「空・雨・傘+HTD」で作る
  ・空・雨・傘をどんどん広げる
  ・インタビュー 漫画家さそうあきらさん
  ・Column ●ハリウッド映画はすべて3幕の型に収まる
 PART2 検証・強化編
  ・「なぜ?」「詳しく!」・・・ピラミッド構造で検証&補強
  ・ピラミッドをうまく作るコツ
  ・ストーリーシンキングに使える思考ツール
 PART3 HTD編
  ・人を動かす力は「How To Do」に宿る
  ・HTDの定番テンプレート6
  ・Column ●「傘」を定め、戦術で補強する映画作りの秘密
 PART4 ドキュメント編
  ・ストーリーシンキングの完成フォーマット
  ・「YES!」と言わせるドキュメントの作り方
  ・Column ●全員が「Yes」でなくても構わない
 PART5 定番ストーリー編編
  ・4つの定番ストーリーを丸暗記!
  ・ネガティブストーリーを潰せ
  ・Column ●日本KFCの「クリスマスストーリー」に学ぶ

2)本書から学んだこと
 ・”問題解決”までの道筋をストーリーで考えることで相手に理解される資料になる!
 ・ストーリーの基本形は「空・雨・傘+HTD」で!
 ・型を身につけるためには繰り返しの練習が必要!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

人生を逆転させる朝の習慣!『PRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号』


PRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号 [雑誌]
  • プレジデント社
  • 690円
Amazonで購入


今回も前回に引き続きPRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号 [雑誌]を取り上げます。

今回は、「朝の習慣」についてです。

優秀な経営者には「朝、早く起きる方」が多いような気がしております。例えば、経営の神様である松下幸之助さん。そして、本誌の特集に登場した稲盛和夫さんなど。早起きすることは、人生において、どんなメリットがあるのか?そして、メンタルの健康を保つためには?

参考にしたプレジデント誌の記事は
 ・「早起きすると人生が逆転する理由」(池田千恵さん)
です。早起きはどんなメリットをもたらすのか、以下にポイントをまとめます。


【本書のポイント】

■自分と向き合う!

本誌の「早起きすると人生が逆転する理由」には、太田彩子さんと池田千恵さんの言葉が紹介されております。ここでは池田千恵さんの言葉を取り上げます。

池田さんは、現在は「図解コンサルタント」として活躍。そして「Before 9」という朝活の会を主催しております。

本誌によると、池田さんは、会社員時代から、朝4時半に起き、6時過ぎにはオフィスの近くのファミレスで勉強と仕事の段取りをし、8時に出社していたそうです。8時の出社時点では、すでに段取りが済んでいるので全開で仕事に取り掛かれる。

その池田さんが強調するのは「早起きすると人生は逆転する」(本誌より)ということです。

池田さんによると、早起きすることによって以下のメリットがあると言っております。
 1)プチ成功体験を重ねることで自信がつき、前向きになれる
 2)仕事の段取りがよくなる
(本誌『早起きすると人生が逆転する理由』より)

しかし、本当のメリットは「自分と向かい合うことができる」ことです。

以下に池田さんの言葉を記載いたします。
 実は、私が伝えたいのは、早起きして『自分と向かい合う』こと。自分のダメなところを直視できない人は仕事もうまくいかない。ただ、夜だと落ち込むから向かい合うのは朝にする。朝の静かな時間に自分のことをじっくりと考えてみるといい
(本誌『早起きすると人生が逆転する理由』より)

スティーブ・ジョブズが、毎朝、鏡の前で「今日が人生最後の日だとしても、今日、する予定のことをしたいと思うか」(『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』より)と自問自答するのは有名な話ですが、これも朝すっきりとした状態だからこそ、行うことができるのではないかと思うのです。


【感想】

池田千恵さん以外にも、太田彩子さん、森本千賀子さんが、本誌にて、それぞれ早起きのメリットを強調しておりましたが、言葉は違えど、みなさん同じことをおっしゃっていたように思います。それだけ「早起き」にはメリットがあると思います。

また、朝活の達人、池田さんの言われるメリットの中で、”2)仕事の段取りがよくなる”はIT業界の人間にとっては耳の痛い話だと思いました。

どういうことかというと、IT業界は残業の多い業界です。そして、夜遅くまで仕事をし、朝の出社が遅い....(^^;)
しかし、「不要な残業もあるのではないか?ライフスタイルを改善することで、もっと効率よく仕事ができるのではないか?」と思ってしまうことがあります。どういうことかというと、成り行き任せで仕事をし、残業をすることで「夜はいつまでもある!」「遅くまで一生懸命仕事をした!」という気になってしまうからです。それで朝が遅いのでは本末転倒!(実は、かつての私がそうでした)

逆に朝早めに出社し、今日の予定をイメージするなり紙に書くなりすることの方が仕事に集中でき、短い時間で作業が済む(そして、仕事後のビールもうまい!)。そんな気がしております。

早く起きるためにはすっきりと寝るのが一番。そのためにも「夜の長時間のパソコン作業はやめておいたほうがいい....」分かってはいることなんだけれども....自戒の念を込めながら書きました....(^^;)


最後に、「朝一番の習慣」の記事に記載されていた、星陵高校・野球部元監督 山下智茂さんの言葉で締めたいと思います。
 意識が変わると行動が変わる
 行動が変わると習慣が変わる
 習慣が変わると人格が変わる
 人格が変わると人生が変わる
(星陵高校・野球部元監督 山下智茂さんの言葉より)


PRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号 [雑誌]

1)本の内容
 特集 運をつかむ習慣
  コヴィー博士vs稲盛和夫、初対談 見えた!「富、幸せ、希望を手にする」6つの鍵
  解明!「運がない人」は、なぜ運がないのか
  人生快転の「時間習慣」ルールブック
  診断「年収1500万vs500万」の整理術
  経営トップ「私は人生の最悪期をどう乗り切ったか」
  能の新科学「走れば、ボケ防止&頭がよくなる」

2)この本から学んだこと
 ・早起きにはたくさんのメリットがある!
 ・早起きによって「自分と向き合う」ことができる!
 ・早起きは人生をよりよくすることができる!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





タグ:雑誌
posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

運がある人!運がない人!の違いとは?そしてツキを呼び込むためには?『PRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号』


PRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号 [雑誌]
  • プレジデント社
  • 690円
Amazonで購入


今回も前回に引き続きPRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号 [雑誌]を取り上げます。。

今回は「運がある人!運がない人!の違い」についてです。

参考にしたプレジデント誌の記事は
 ・解明!運がない人は、なぜ運がないのか」(藤井聡教授)
 ・「ツイていない自分が変わった」きっかけ分析(植木理恵さん)

です。2つの記事とも興味深いので、以下にポイントをまとめます。


【本書のポイント】

■類は友を呼ぶ!

本誌に掲載された京都大学大学院・藤井聡教授によると、人間社会には以下の3つの原理が存在するそうです。
 1)互恵不能原理
 2)暴露原理
 3)集団淘汰原理
(本書『解明!運がない人は、なぜ運がないのか』より)

藤井教授は特に”2)暴露原理”に注目をしています。

暴露原理とは「人間には利己主義者を見分ける能力がきわめて強力に備わっている」(本書より)ということです。
この原理が存在しているため、人間は周囲から排除されることを恐れます。このため、人間は仲間になろうとする行動にでます。しかし、「利他の心」で動く人と「利己の心」で動く人は、この行動が異なってまいります。

「利己の心」で動く人の場合は損得勘定で動くため、「自分にとって得」と思った場合は表面上は取り繕います。だが、「利益がない」と判断した場合は冷たい態度をとります。しかし、いくら表面上を取り繕っても、利己主義であることはバレてしまいます。

「@互恵不能原理」および「A暴露原理」の結果、「利他の心」を持つ「いい人」には、「いい人」も「悪い人」も集まってきます。「誰もが一緒にいたくなる人」だからです。その結果、必然的に「いい人」を選びます。

その一方、「利己の心」を持つ人には、残った「利己の心」を持つ人同士でパートナーを組むようになります。人間は一人では生きてはいけない、結果、「一人よりはマシ」ということで、パートナーを組むことになります。しかし、「利己の心」を持つもの同士のパートナーシップは「損得関係の上で成り立つもの」のため、うまくいっている間はよいものの、うまくいかなくなると破綻をきたします。

「利己の心」を持つ人は「利他の心」を持つ人のグループに結果的に入れない!「利己の心」を持つ人同士の間では「損得勘定の関係」でしか成り立たない!結果、「”利己の心”を持つ人は、損の状態が続く」ということになるとのことです。


■自信をもつための「自己暗示」!

植木理恵さんは本誌の記事の中で「ツキを呼び込むのは本人の自信にほかならない」と言っております。そして、「自信を持てるように自己暗示をかける」ことをお勧めしております。

とはいっても「妙な自信や勘違い」ではなく、「客観的な方法」によって自信を持つ方法です。

植木さんが勧めている方法は「ハッピーフォルダを作ること」です。
誰かに褒められたメールや感謝の言葉が書かれたメールだけを一つにまとめ、眺めるという方法です。

書かれたメールには客観的な自分の長所がかかれているので、それを眺めることによって自信を深めることができます。

「言葉には魂が宿る」という言霊という言葉がありますが、他人の言葉には力があります。その力を利用して自己を認識し、自信を深めるという方法です。

植木さんがこの記事を締めている言葉を以下に記載いたします。
 性格を変えるのは難しいけれど、性格や行動パターンを「増やす」のは難しいことではありません。価値観を増やす。ハッピーになれる方法を増やす。それがツキをつかんで自分が変わるターニングポイントになれるのではないでしょうか。
(本書『「ツイていない自分が変わった」きっかけ分析』より)


【感想】

藤井聡教授の記事には「運がない人は、なぜ運がないのか」という理由が分かりやすく書かれております。本書の記事の内容もさることながら、一番興味を引いたのは、記事の中に書かれていた”図1●「姑息なヤツ」は潜在意識の配慮範囲が狭い”という図でした。この図は、「その人が物事に向き合うときに、潜在意識(心の奥底)では何に焦点を当てているのか?」を表す図です。

私はこの図を見たとき、「人間の器量の大きさを示している図」のように見えたのです。

同図によると、器量の大きい「利他の心」を持つ人は大きな面積となっております。逆に「利己の心」を潜在意識の中で大きく締める「利己主義的な人」の面積は小さくなっております。当然のことながら、面積が大きいほど「運がいい」ということになっております。

同図は今回のレビュー記事では掲載をしておりませんので、具体的な図は本誌を見て、ご確認いただければ幸いです。

植木さんの記事では「言葉の力」というものを、改めて認識しました。「言葉の力」は、精神科医の香山リカさんをはじめ、多くの心理学者が唱えている力です。特に他人からのメッセージは、良くも悪くも多くの力をもたらすことは誰もが感じることだと思います。

その力を「良い点」に集中して使うことで、自分に更にプラスになっていくのではないのか?と思いました。

最後に、昨日紹介した「コヴィー博士vs稲盛和夫さんの対談」そして今日紹介した2つの記事には、本レビュー記事では書ききれないほど、たくさんの素晴らしい内容が詰まっております。興味がある方は、是非読んでみて欲しいと思います。

PRESIDENT (プレジデント) 2011年 8/15号 [雑誌]

1)本の内容
 特集 運をつかむ習慣
  コヴィー博士vs稲盛和夫、初対談 見えた!「富、幸せ、希望を手にする」6つの鍵
  解明!「運がない人」は、なぜ運がないのか
  人生快転の「時間習慣」ルールブック
  診断「年収1500万vs500万」の整理術
  経営トップ「私は人生の最悪期をどう乗り切ったか」
  能の新科学「走れば、ボケ防止&頭がよくなる」

2)この本から学んだこと
 ・「利己の心」が潜在意識に多く占めている人は、損の坂を下っていく!
 ・ツキを呼び込むには最終的には「客観的な評価」による自信!
  ピグマリオン効果で自分を演出!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





タグ:雑誌
posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。