企業論/組織論 (4): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2011年07月30日

チームでイノベーションに取り組む!『発想する会社(トム・ケリー著)』


発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
  • トム・ケリー_::_TomKelley_::_ジョナサン・リットマン_::_JonathanLittman
  • 早川書房
  • 2625円
Amazonで購入


今回取り上げた発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法は、以前、レビュー記事を書いた『マインドマップ デザイン思考の仕事術 (PHP新書)』や『日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 5/17号 [雑誌]』にて登場していたのを見て、「マックのマウスなどをデザインした世界最高のデザイン会社はどんな仕事をするのだろう」と興味を持ちました。

本書を開いた時、素晴らしいデザインに満ちた製品の写真がたくさん掲載されていました。また、オフィスの写真を見ると、創造性が掻き立てられるようなデザインのオフィスでした。

IDEOがどのような様子で、あのような素晴らしいデザインの仕事を行っているのか?アメリカのABCのニュース番組「ナイトライン」にて放送されています。英語ですが、映像を見ているだけで、その仕事の進め方の様子が分かります。

以下にリンクを張りましたのでご覧ください。



世界最高の会社はどのような形で仕事をすすめ、画期的なデザインを生み出しているのか?
今回は、この点を中心に【本書のポイント】【感想】でレビュー記事を書きたいと思います。


【本書のポイント】

■基本ステップ

本書によるとIDEOの仕事を進める基本ステップは、以下の5段階で進められます。
 1)理解
 2)観察
 3)視覚化
 4)評価とブラッシュアップ
 5)実現
(本書より)

この各ステップを支えて行為が「観察」「ブレーンストーミング」です。

■観察

本書では「イノベーションは見ることから始まる」と述べております。
注意深く見ることによって、本質、そして隠れたニーズが見えてくるからです。

そして、「インスピレーションも観察によって得る」ことができるようになります。


■ブレーンストーミング

ブレーンストーミングは、各ステップを支える重要な要素となっております。
それは、一人では発見できないことを、皆が知恵を寄せ合うことによって、新たな問題点の発見やアイディアの創出に結びつくからです。

映像にも出てまいりましたが、ブレーンストーミングをしている様子はリラックスした状態で話をしながら紙や付箋をどんどん貼っていきます。いわゆるアイディアの発散です。そして、遊び心を持ちながら、視覚化して行うことで、どんどんアイディアを積み上げていっている様子が映像からもうかがえます。

逆に本書に書かれていた「ブレーンストーミングを台無しにする六つの落とし穴」の方が、我々の日常の会議において、役に立つのではないかとおもいました。

以下に、本書に書かれている「ブレーンストーミングを台無しにする六つの落とし穴」を掲載します。
 1.上司が最初に発言する
 2.全員にかならず順番がまわってくる
 3.エキスパート以外立入禁止
 4.社外で行なう
 5.ばかげたものを否定する
 6.すべてを書きとめる
(本書より)


■チームで行う!

本書では「チームで行う!」ということを盛んに強調しております。
独りで考えたときには見えなかったものが、チームになって行うときに見えてくるものがある。チームになってブレーンストーミングを行うことで、誰かの発言が触媒となってアイディアに結びつく!

そんな効果を知っているため、本書では「チームによる作業」を盛んに強調していたのではないかと思われます。


【感想】

アップルのマウス、PDA、NECのパソコン、衣料品、歯磨き粉、子供用歯ブラシなど、本書に掲載されていた写真には登場しますが、どれも素晴らしいデザインであり、その写真を見ているだけでも「価値がある」と思えてしまいます。

このような製品を生み出す力は、やはり、「チームの力」にあるのではないかと思いました。

自分一人では気づかないことも、チームで行なうことにより気づきが得られる。

そのチームを活性化するためにも、ゆとりのある空間で、そして発言しやすい環境を作ること。本書の文脈には、そのようなものを感じました。

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

1)本の内容
 第1章  イノベーションの頂点
 第2章  草創期の翼で飛びつづける
 第3章  イノベーションは見ることから始まる
 第4章  究極のブレーンストーミング
 第5章  クールな企業にはホットなグループが必要だ
 第6章  プロトタイプ制作はイノベーションへの近道
 第7章  温室をつくろう
 第8章  予想外のことを予想する
 第9章  バリアを飛び越える
 第10章 楽しい経験をつくりだす
 第11章 時速100キロのイノベーション
 第12章 枠をはみだして色を塗る
 第13章 「ウェットナップ」インタフェースを探して
 第14章 未来を生きる
 第15章 完璧なスイングを身につける

2)この本から学んだこと
 ・観察し続けることで本質が見える!
 ・ブレーンストーミングは気づきを共有する場である!
 ・チームで行なうことでさまざまな気づきを得ることができる!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業論/組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

なぜ著者は「日本でいちばん大切にしたい会社」を書き続けるのか?『日本でいちばん大切にしたい会社2(坂本光司著)』


日本でいちばん大切にしたい会社2
  • 坂本光司
  • あさ出版
  • 1470円
Amazonで購入


日本でいちばん大切にしたい会社』を読んだとき、「日本にも、こんな素晴らしい会社があるんだ!」と思わず感動してしまいました。そして、『日本でいちばん大切にしたい会社』では紹介されていない素晴らし会社がまだまだたくさんあるということも....

今回ご紹介する日本でいちばん大切にしたい会社2では、『日本でいちばん大切にしたい会社』では紹介されてはいない素晴らしい会社8社がご紹介されています。

以前、『日本でいちばん大切にしたい会社』に対するレビュー記事
 ・「日本で一番大切にしたい会社」とはどんな会社か?『日本でいちばん大切にしたい会社(坂本光司著)』(前編)
 ・「感受性」こそ大事な要素!『日本でいちばん大切にしたい会社(坂本光司著)』(後編)
では
 ・著者が考える「日本でいちばん大切にした会社」とは?
 ・「日本でいちばん大切にしたい会社」と「ビジョナリーカンパニー」の共通点

を中心に書きましたが、今回は
 ・なぜ著者は「日本でいちばん大切にした会社」を書いたのか?
という著者の思いに触れながら、【本書からの考察】【感想】の2点から、記事を書きたいと思います。


【本書からの考察】
■「日本でいちばん大切な会社」とは、どんな会社なのか?
再度、本書で定義している「経営者の責務」を掲載いたします。
本当の企業経営とは「五人に対する使命と責務を果たすための活動のこと」である。

 一.社員とその家族
 二.社外社員(下請け・協力会社の社員)とその家族
 三.現在顧客と未来顧客
 四.地域住民、とりわけ障がい者や高齢者
 五.出資者・関係機関
(本書より)

なぜ、「社員とその家族が一番なのか?」というと「社員が満足して働ける状態でないと、顧客を本当に満足させる商品、サービスを提供できるはずがない」という著者の考えからです。

実際、本書に掲載されている企業、及び注目を集めている”星野リゾート”などは社員の満足を高め、社員のやる気を引き出し、「顧客を満足させるには?」と真剣に考え、ファンを獲得し、その結果、売上向上につなげています。

■なぜ著者は「日本でいちばん大切な会社」を書くのか?
しかしながら、現在の日本の多くの企業は「数字を追求するあまり、社員のやる気を削いでいる」結果となっているように感じます。そのような現実を著者も感じており、かつ、先にあげた「リーダーの責任」という原理原則がないがしろにされていると感じているものと思われます。

残念ながら、本書に取り上げられている企業は、社会に与える影響力はそんなに大きくないかもしれません。

しかし、「世の中には素晴らしい企業がある」ということを世の方々に知っていただくためには、やはりメディアを通じて知っていただくことが必要。世の中の本書に対する共感する力が大きくなれば、企業の行動も変わるはず....そのような思いを込めて「日本でいちばん大切な会社」を書き続けるのではないかと推察いたしました。

それは著者にとって「自らの使命」と感じていることが本書から伺い知れます。


【感想】
本書によると、前作『日本でいちばん大切にしたい会社』は発売当初は読者の反応は今一つだったそうです。(失礼ながらも)著者は、いわゆるタレント教授ではなく、世間一般では無名に近い方です。考えてみると、「反応が薄い!」というのも当然のことでしょう。

しかしながら、書籍を読んでくれた著名なコメンテーターの方々が自分の番組で宣伝してくれたり、また、読者の方が書籍の素晴らしさを伝えてくれたりと口コミで広がる結果となりました。多くの方が共感した結果、ジワジワと売れ行きを伸ばし、ヒットにつながったのでした。「コンテンツがしっかりしていた」からこそヒットにつながったと本当に思います。特に「従業員を大切にし、働きがいを感じさせるように環境を作るのが経営者の責務」という考え方に、多くの方が共感したのではないでしょうか?

本書の中で取り上げられている「ネッツトヨタ南国」は、私も他の事例などで拝見している有名な企業です。私が拝見した事例で印象に残ったのは、横田社長(当時)の「経営の目的は社員のしあわせ」という言葉です。そして、この企業は、社員の働きがいをアンケート調査し、実現するためにトップが動いております。その結果、ES&CSで満足度を向上し、そして売上、顧客数とも右肩上がりという企業です。もう一つ特徴なのは、「数字目標の追求よりも、顧客満足度を追求している!」ということ。

まさに本書で提言している内容を実現したからこそ、売上につながったわけです。

しかし、世の中には「無理な数字の追求に終始し、従業員の働きがいを無視した結果、従業員のモチベーションが下がり、結果、売上を落としている」企業が多くあることに気づきます。だからこそ、著者と、あさ出版・佐藤社長は「このシリーズを出版し続けることは、先生とわが社の使命と責任かもしれません」(本書より)と使命を口にしているのだと思います。

私も、本シリーズの続きを読みたいと同時に、多くの方に読んでもらいたいと思いました。


日本でいちばん大切にしたい会社2

1)本の内容
 プロローグ 会社がほんとうに大事にしなければならないこと
 1 株式会社富士メガネ
 2 医療法人鉄蕉会亀田総合病院
 3 株式会社埼玉種畜牧場「サイポクハム」
 4 株式会社アールエフ
 5 株式会社樹研工業
 6 未来工業株式会社
 7 ネッツトヨタ南国株式会社
 8 株式会社沖縄教育出版

2)この本から学んだこと
 ・世の中には小さいながらもES&CSを高め、業績を伸ばしている会社がたくさんある!
 ・「五人に対する使命」の原理原則を、再度、思い起こすことが必要!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業論/組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

主役の「現場の従業員たち」、そして、任せる「支援型リーダー」の姿!『星野リゾートの事件簿(中沢康彦著)』


星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?
  • 中沢康彦
  • 日経BP社
  • 1575円
Amazonで購入


しばらく本の話題から外れていましたが、久しぶりに本の話題を書きます。

まずはこの動画をご覧ください。



この動画は、「アルファリゾートトマムの雲海テラス」のオープンを告知したものです。

ご存じの通り、アルファリゾートトマムは、バブル崩壊後に破綻いたしました。そして、再生に向けて乗り出したのが星野リゾートです。先の動画に登場した「アルファリゾートトマムの雲海テラス」も、再生に向けたプログラムの一環として誕生しました。そして、このプログラムを生みだしたのは、ゴンドラ担当の「従業員たち」なのです。

星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?では、星野リゾートが運営する全国のホテルや旅館、リゾート施設で起こった「事件」が書かれております。しかも、その主人公は、社長の星野佳路さんではなく、その施設で働く「従業員たち」なのです。

主人公である「従業員たち」が、直面した課題に対し、どのようにして取り組んでいくのか?
星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?には、そんな「事件」の模様が描かれております。

今回のレビュー記事は【雲海カフェ】【本書のポイント】【感想】で、記事を書きたいと思います。


【雲海カフェ】
当時、アルファリゾート・トマムは「通年のリゾート化」が目標でした。
冬はスキー場があるため稼働率が高いのですが、夏はオフシーズンとなるため稼働率が低くなり、改善の余地があったのです。「夏場の顧客満足度をあげるためには?」、これがアルファリゾート・トマムの課題でした。

実は、雲海カフェのキッカケを作ったのは、ゴンドラ担当の従業員でした。

夏場はゴンドラのメンテナンスシーズン。いつものように、雲海を見ながら作業をしていたのでした。

従業員にとっては見慣れた雲海の景色。しかし、「お客様が喜ぶ姿がよぎった」この日は、その従業員から何気ない一言が発せられます。

「お客様にも、この眺めをぜひ見せたいなあ。ここでおいしいコーヒーを飲んでくつろいでほしいなあ」(本書より)

この一言がきっかけで、いくつもの課題はあったものの、「雲海カフェ」の実現に向けて、7人の従業員たちは動き出したのです。


【本書のポイント】

■従業員が主役
本書の主役が「現場の従業員」であるというところに、星野リゾートの姿勢がうかがえます。

トップダウンで数値目標を掲げても、現場が疲れていては達成できない。
現場が「顧客を満足させるためにはどうすればよいか?」ということを自分たちで考え、それを提供していく!
そんな姿が本書から伺えます。

もちろん、その裏には任された社員の課題や苦悩の姿も!

しかし、現場のリーダーが悩んだとき、要所で社長の星野佳路さんがアドバイスし、そして現場を信頼して任せる!

そんな信頼関係が成り立っているからこそ、現場も思い切って、自分たちの力を発揮することができるのではないかと思います。

■星野佳路さんのリーダーシップ
リーダーというと、一般的には「自らが組織を率い、グイグイと周りを引っ張っていくリーダー像」を思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、本書を見ている限り、社長である星野佳路さんのリーダーシップを見ていると、そのようなタイプではないことが分かります。自分なりのビジョンや考えを持ちながらも現場に考えさせ、そして、現場が出した結論に対して「それで行こう!」や、「この点は、もう少し考えたほうがいいんじゃないか?」というような、むしろ現場の議論を活性化させる”触媒”のような働きをしているように見受けられます。

その姿は”俺についてこい型リーダー”ではなく”支援型リーダー”と言えるでしょう。

■ターニングポイント
といっても、星野佳路さんも、最初からそのようなスタイルを取っていた訳ではありません。

実家の星野温泉ホテルを父から引き継いだとき、数値目標を導入するなど、トップダウンの改革を行ってまいりました。だが、トップダウンの改革は社員の流出という結果を招いたのです。

社員に「辞めないでほしい」と説得しても辞めていく社員を見ていくなかで、星野さんは重大なことに気づいたのです。

社員が辞める最大の原因は「組織に対する不満」でした。トップダウンで命じられて動くことに疲れていたのです。それに気づいた星野さんは社員との関係を見直していくのです。


【感想】
企業の話となると、よく社長がクローズアップされがちなのですが、本書を読んでいると、「お客様と直に接する従業員が主役」ということが分かります。「企業に関連した書籍において、このような観点で書かれた書籍も珍しい」という印象を持ちました。

実際に現場を知っている社員が疲れていれば、いくらトップが掛け声をかけても企業としての成長はあり得ない!そんな当たり前のことを、本書はメッセージとして示しているような気がします。

また、星野さんのリーダーシップを見ていると、「リーダーシップというのは、それぞれのスタイルがあるものだな!」と思います。翻って、自分を考えてみたとき、「どう考えても”グイグイ引っ張るリーダー”のタイプではないな!」と思っております。「人の話をじっくりと聴きながら人を活かす!」というのが自分の目標でもあるので、「自分の考えを持ちながらも、それを押しつけずに、要所でアドバイスを送りながら現場に考えさせる触媒の役目」のような星野佳路さんのリーダーシップスタイルは参考になると思いました。


最後に軽井沢の思い出について。

大学時代、私は夏休みに軽井沢のリゾートホテルでアルバイトをしておりました。
そのホテルは、中軽井沢駅から浅間山方面に向かったところ、当時の星野温泉ホテルの側にありました。
休みの日に軽井沢を散策した後で働いていたホテルに戻るときに、星野温泉ホテルを眺めると、「すごくきれいで大きなホテルだなあ!しかもチャペルもある!」と思っていました。中軽井沢近辺で、星野温泉ホテルほど大きなホテルは他になかったので、その大きさが特に目立っておりました。

しかし、「星野温泉ホテル」がなくなり「星のや」に変わったことを知ると、さびしい気持にもなりました。

年月が流れた長さを感じてしまいます。

星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?

1)本の内容
 頂上駅の雲海|アルファリゾート・トマム
 踊る超名門旅館|古牧温泉 青森屋
 新入社員のブチ切れメール|アルツ磐梯
 一枚のもりそば|村民食堂
 地下室のプロフェッショナル|星のや 軽井沢
 先代社長の遺産|ホテル ブレストンコート
 地ビールの復活|ヤッホー・ブルーイング
 常識との決別|リゾナーレ
 スキー場なきスキーリゾート|リゾナーレ
 激論する未経験スタッフ|アンジン
 名おかみの決断|蓬菜
 あとがきにかえて 社員が辞めない会社になる

2)この本から学んだこと
 ・現場の従業員のモチベーション次第で良くも悪くもなる!
 ・「現場の従業員が満足に働けるために、どうすればよいのか?」を考えるのがリーダーの役目!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業論/組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。