大前研一: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2011年05月13日

福島第一原発事故の発生原因と問題点を検証してみる!『日本復興計画(大前研一著)』




2011年3月11日は日本にとって忘れられない1日となりました。そう、東日本大震災の発生です。マグニチュード9.0という観測史上、世界で5番目の大地震が東日本全体を襲ったのです。
そして、地震直後に発生した大津波は東北地方太平洋側沿岸部に、壊滅的な被害をもたらしました。
特に、福島第一原発事故は、人類史上最悪と呼ばれているチェルノブイリ原発事故に並ぶ「レベル7」の事故となったのは、記憶に新しいところでしょう。

本書は『日本復興計画 Japan;The Road to Recovery』というタイトルはついているものの、大半のページは「福島第一原発事故」に関連した内容となっております。

しかし、テレビの解説を聞いても、よく分からなかった
 ・福島第一原発事故はどのように起こったのか?
 ・福島第一原発の何が問題だったのか?

が、素人の私でも分かりやすく書かれております。
それは、MITの原子力工学科で博士号を取得し、日立で原子炉プラントの設計に携わった元原子力エンジニアの知見と、大前さんの「説明力の高さ」によるところが大きいのでしょう。

本書は「大前ライブ」で放送された内容を元に編集されたものです。本書の最後にYouTubeのURLが記載されているので、You Tube でご覧になることができます。
しかし、改めて、文字にされたものを読むと、より理解度が高まります。

ご承知の方も多いと思いますが、ここで本書の内容を参考に、「福島第一原発事故は何故起こったのか?」について、以下に記載します。

【福島第一原発事故はどのように起こったのか?】
東日本大震災により送電線の鉄塔が倒壊し受電不能になりました。その結果、外部電源が遮断され、冷却装置はストップしてしまいました。また、大地震の発生後に襲った大津波により、非常用電源として用意されていた2系統のディーゼルジェネレーターが両方とも使用不能となってしまいました。全電源消失状態となったわけです。
その結果、原子炉は高温となり空炊き状態に。そして、水素爆発となり、放射能が外に拡散してしまう結果となってしまいました。

【福島第一原発の何が問題だったのか?】
(よく言われていることですが)まず、電源関係の装置が全て海側にあったことです。この電源装置が津波によって、全て消失してしまいました。
結果論になりますが、原子炉の設計思想にも問題があったと思われます。例えば緊急炉心冷却装置などは、全て電源があることが前提となります。逆の言い方をすれば、電源がない状態では使い物になりません。これは本書を読んで初めて知ったことですが、原子炉工学を学んだ方にとって、原子炉の安全設計を行うときに、最初からすべての電源がきれているという事態は想定していないことが背景にあります。
このため、何とか電源を確保するために工事現場などで使用される電源車を呼び寄せましたが、到着した51台全て電圧が合うものがありませんでした。福島第一原発はGE製で電気の規格がアメリカにあったもののため、日本の規格の電源車では合うはずがありません。
こうしてみると、結果論にはなりますが、適応する電源車の確保など、非常時の電源確保に想定の甘さがあったが見てとれます。
ただ、本書によると、東電の中にも阪神・淡路大震災の後に「福島第一と第二を地下ケーブルで電線をつなぎ、非常時の電源を確保すべき」という提案をしていたようです。結局は採用されませんでしたが、もしこの提案が採用されていたならば、結果はまた違ったものになるかもしれません。
このあたりは東電の体質にも問題があるのかもしれません。今回も、最前線で頑張っている現場の所長が防潮堤の建設を主張しても、「本社がダメ」と言うとそれまでです。大前さんも「現場の知恵が欠けていた」と指摘しておりますが、現場に知恵があっても、行政も含め、それを活かす組織になっていないことに問題がありそうです。

『日本復興計画』というタイトルとは違い、ページの大半は今回の大震災による福島第一原発の事故に触れられています。そして、その中では
 ・原子力行政の問題点
 ・東電の体質の問題点
 ・今回の震災に対する政府の対応や原子力保安院の問題点

が書かれております。

これらの問題点や福島第一原発事故がなぜ起こったのかを見てみると、政府が停止を要請した「浜岡原発は大丈夫なのか?」と心配になります。

【電力問題】浜岡原発停止要請を契機に次世代エネルギー政策の本格的検討を!』でも述べた通り、原子炉を停止しても、冷却装置を稼働し続ける必要があります。そうしないと、福島第一原発4号機のように水素爆発してしまう可能性があるからです。しかし、冷却装置が稼働するためには電源装置を守ること、そしてあらゆる場合においても電源を確保する仕組みがあることが必要です。今回の停止要請の中で、そのあたりに関するコメントが一切ないことに、非常に懸念をもっております。

また、本書にも書いてあることですが、原発は民間企業が扱える代物ではないということです。これは過去の国の原子力行政に従った結果なのですが、一度事故を起こしてしまうと、企業そのものが吹っ飛んでしまう可能性があります。今回の事故を受け、
 ・デンマークやドイツのように自然循環型への移行を考える
  (日本はこの分野においては完全な後進国)
 ・現在の原子力発電所は国が管理し、電力会社は送電に責任を持つ

など、真剣に今後のエネルギー政策をどうするかを検討する段階に来ていると思います。

本書を読んで、「福島第一原発の事故の理解を深めることができた」とともに「他の原発に対して大丈夫なのか、注意をする必要がある」と感じました。

日本復興計画 Japan;The Road to Recovery

1)本の内容
 第1章:これで原子力の時代は終わった
 第2章:三分の二に縮小する生活
 第3章:日本復興計画

2)この本から学んだこと
・福島第一原発事故には原子炉設計、電源確保、建物の構造に問題が起因している
・東電の本社や行政には、もう少し「現場の知恵」を活かすことが必要である
・浜岡原発なども震災時におけるバックアップ電源の確保に細心の注意を払うべきである
・日本はエネルギー政策、または原子力発電所の管理体制を真剣に考えるときにきている


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





タグ:大前研一
posted by まなたけ(@manatake_o) at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

新たな時代に必要な能力!『ハイ・コンセプト(ダニエル・ピンク著)』(後編)




今回も引き続き、ダニエル・ピンク著の『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』についてレビュー記事を書きたいと思います。

前回の記事で、「先進国の知的労働者にとって、現在は転換期を迎えており、コンピューターやVITAMINなどの国々の労働者に取って代わられつつある。今後は”コンセプト社会”となり、”コンセプトを生み出す能力”が求められる。”コンセプトを生み出す能力”を高めるためには”六つの感性”を磨く必要がある」と述べました。

今回は『第2部:この「六つの感性」があなたの道をひらく』に記載されている「六つの感性」とは何か?について書きたいと思います。

【これから求められる「六つの感性」とは?】
1)機能だけでなく「デザイン」
2)議論よりは「物語」
3)個別よりも「全体の調和」
4)論理ではなく「共感」
5)まじめだけでなく「遊び心」
6)モノよりも「生きがい」
(以上、本書より抜粋)

では、これらの「感性」を磨くためにはどうすればよいでしょうか?

本書では、以下の方法を紹介しております。

【「六つの感性」を磨くエクササイズ】
1)「デザイン」
 ・「気になったデザイン」は忘れずに記録
 ・「デザイン専門誌」に触れる
 ・「自分オリジナル」のモノをつくる
2)「物語」
 ・「ミニミニ短編小説」を書く
 ・「自分史」を語る
 ・質のいい短編を読む
3)「全体の調和」
 ・「優れた交響曲」を聞く
 ・「雑誌売り場」をめぐる
 ・「いいたとえ話」を書き留めておく
4)「共感」
 ・「演技力」を高める練習をする
 ・ボランティア活動をする
5)「遊び心」
 ・「笑い」の練習をする
 ・マンガの「吹き出し」のセリフを考える
6)「生きがい」
 ・「感謝」の訪問をする
 ・「九○歳になった自分」の姿を思い描く
(以上、本書を参考に記述)

身のまわりにあるものを工夫することにより、感性を高める練習をすることができると思います。

では、なぜ、このような練習を行う必要があるのか?それは左脳偏重の思考により、右脳の働きが鈍っているため、右脳の働きを高める必要があるからと解釈しております。

ここで、左脳と右脳の働きの違いを見てみましょう。

【左脳と右脳の働きの違い】
1)左脳は「逐次的に」処理し、右脳は「全体的に、瞬時に」処理する
2)左脳は「文」を、右脳は「文脈」の処理を得意とする
3)左脳は「詳細を分析」し、右脳は「大きな全体像」としてとらえる

こうしてみると、「今までの情報化社会では情報を分析する”左脳的思考”が必要とされておりましたが、コンセプト社会では全体像を捉える”右脳的思考”が必要とされる」ことが分かります。だが、我々は教育の中で、また、社会の中で”左脳偏重”の生活を送ってまいりました。

しかし、コンセプト社会に適用するためにも”右脳を意識する”訓練の必要があります。

と書いてきたのですが、ここで一つ疑問が湧いてきました。

「”コンセプト社会”とはどんな社会なのか?」が今ひとつイメージできておりません。ピンとこないというか....先ほど、「”右脳を意識”する訓練の必要がある」と書いておきながらで申し訳ないのですが....

今まで読んだ本の中で、佐藤可士和さんや京井政彦さんなどの訴えていることは「恐らく、この”コンセプト社会”を見据えたことを言っているのだろうな?」と思います。また、彼らは「”コンセプト社会”では、”論理ではなく感覚で受け入れられるかどうかが重要な要素になる”ということを言っているんだろうな?」と理解しております。

しかし、「”コンセプト社会”とは、本当にどのような社会なのか?」、そして、「今は”コンセプト社会”なのか?」、正直今ひとつピンと来ておりません。

この答えは私には未だ見えておりませんが、いずれ、この疑問が解消するときが来ると思っております。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

1)本の内容
第1部:「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)」の時代
 1:なぜ、「右脳タイプ」が成功を約束されるのか
 2:こらからのビジネスマンを脅かす「3つの危機」
 3:右脳が主役の「ハイ・コンセプト/ハイ・タッチ」時代へ
第2部:この「六つの感性」があなたの道をひらく
 1:「機能」だけでなく「デザイン」
 2:「議論」よりは「物語」
 3:「個別」よりも「全体の調和」
 4:「論理」ではなく「共感」
 5:「まじめ」だけでなく「遊び心」
 6:「モノ」よりも「生きがい」

2)この本から学んだこと
・これから求められる「六つの感性」とは以下の通りである
 1)機能だけでなく「デザイン」
 2)議論よりは「物語」
 3)個別よりも「全体の調和」
 4)論理ではなく「共感」
 5)まじめだけでなく「遊び心」
 6)モノよりも「生きがい」
・「六つの感性」を鍛えるには、身の回りのモノを利用することにより鍛えることができる


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

新たな時代に必要な能力!『ハイ・コンセプト(ダニエル・ピンク著)』(前編)




今、いろいろな本で”デザイン”、”物語”、”共感”、”生きがい”といった言葉がキーワードとして表されている本が多いことに気づきます。

しかし、これらのキーワードを最初に表した原点とも言うべき本が、ダニエル・ピンク著の『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』です。

本書は
  第1部:「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)」の時代
  第2部:この「六つの感性」があなたの道をひらく
の2部で構成されております。

今回は、”第1部:「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)」の時代”について述べていきたいと思います。

現代は、先進国の知的労働者にとっては脅威を迎えております。そして、その脅威は知的労働者にとっては”ジリ貧”になり得る可能性が高い脅威ということです。

本書では、3つの危機として以下の通りに表現しております。

【ビジネスマンを脅かす「3つの危機」】
・第一の危機−「過剰な豊かさ」がもたらす新しい価値観
「左脳主導思考」がナレッジ・ワーカーを生み、「左脳」から生み出される合理性が情報経済をもたらしました。
しかし、その結果、人間味が失われたことに気づき始め、逆に美しさや精神性、感性というものに大きな価値を見出される結果となってきております。

・第二の危機−次から次へと湧き出す「競争相手」
その代表例として挙げられるのは「コンピューターのプログラム開発」です。今や、プログラム開発は先進国ではなく、インド、中国、ベトナムといった国々に移っております。また、金融もアジアの中心は、東京から上海やシンガポールに移っております。
これらの国に移った最大の理由は「安い賃金で同じ仕事ができる」こと。
そう、情報化社会を支えてきたナレッジ・ワーカーの中心は先進国から”VITAMIN”に移ってきたのです。

・第三の危機−そんな脳では、すべて「代行」されてしまう!
「細かい処理を求められる」、「知識的な」、「想像力を必要としない」左脳型の仕事の多くはコンピューターにとって代わる可能性が高いのです。これは、「事務作業の多くがコンピューターに代行されてきている」例を見ても分かると思います。

このため、アメリカや日本などの先進国に住むナレッジ・ワーカーにとっては”転換期”を迎えております。

本書の訳者の大前研一さんは、本書の内容を第四の波と表現しております。

かつて、アルビン・トフラーが『第三の波』にて、「第一の波」の農耕社会、「第二の波」の産業社会、そして「第三の波」の情報化社会の到来を告げたことを述べております。

しかし、「第三の波」である情報化社会を支えた「ナレッジ・ワーカー(知的労働者)」も、反復性があったり、再現性がある仕事は、コンピューターやロボットに取って代わるようになりました。

このため、我々ナレッジ・ワーカーにとっては、「コンピューターができないような能力を身につけなければ淘汰されてしまう時代」を迎えているわけです。

「コンピューターができないような能力を身につけなければ淘汰されてしまう時代」、そして、大前さんが言っている第四の波とは「コンセプチュアル社会」です。そして、その能力とは”コンセプトを生む出す能力”です。

この、”コンセプトを生み出す能力”を高めるためには、「六つの感性」を磨く必要があると説いております。

この「六つの感性」については、次回の記事で述べたいと思います。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

1)本の内容
第1部:「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)」の時代
 1:なぜ、「右脳タイプ」が成功を約束されるのか
 2:こらからのビジネスマンを脅かす「3つの危機」
 3:右脳が主役の「ハイ・コンセプト/ハイ・タッチ」時代へ
第2部:この「六つの感性」があなたの道をひらく
 1:「機能」だけでなく「デザイン」
 2:「議論」よりは「物語」
 3:「個別」よりも「全体の調和」
 4:「論理」ではなく「共感」
 5:「まじめ」だけでなく「遊び心」
 6:「モノ」よりも「生きがい」

2)この本から学んだこと
・現代はナレッジ・ワーカーにとっては”脅威の時代”である
・知的労働の多くがコンピューターなどに代わってきている
・転換期の時代において、生き残るためには「六つの感性」を磨く必要がある


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。