整理法: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2012年02月21日

【マインドマップ付き】「15の地図」は自分の潜在的な思いを顕在化させてくれる!『極上の仕事』(マイケル・バンゲイ・スタニエ 著)


極上の仕事 あなたのビジネス人生が輝く15の地図
  • マイケル・バンゲイ・スタニエ
  • サンクチュアリ出版
  • 1680円
Amazonで購入


サンクチュアリ出版の本を初めて読んでみました。

『本を読まない人のための出版社』、『ONE AND ONLY』、『BEYOND ALL BORDERS』というコンセプトを掲げる同社は「なかなか面白いコンセプトの出版社」です。

同社の『図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術』を本屋で立ち読みをしたとき、「なかなか面白い本だなあ!」と思いながら読んだことを覚えております。そのときは持ち合わせもあまりなかったこともあって購入には至りませんでしたが、タイトルに興味を持ち、読んでみたところ、なかなか読みやすい本だという印象が残っております。

今回、極上の仕事 あなたのビジネス人生が輝く15の地図を読む機会を得たので、読んでみました。

本書のご紹介に当たって、今回は、【本書のポイント】【感想】【マインドマップ】【関連書籍】の構成で書いていきたいと思います。


【本書のポイント】

今回のポイントをまとめました。以下に掲載いたします。


■誰もが思う仕事に対する疑問

 仕事を通じて成長を続け、マンネリに陥ることもなく、自分にとって、魅力的でなおかつ全力で取り組める仕事を増やすにはどうしたらよいのだろうか?
 より大きな影響力を持って仕事をするために、どうするべきか?
 自分の強みを活かして仕事をするために、どうするべきか?
 業務時間の大半をなんとなく埋め尽くしてうるようなつまらない仕事を減らすことには、どうするべきか?

(本書より)


上記の引用は、仕事に対する誰もが思う疑問です。しかし、実際には「どうするべきか?」と思いを巡らせながらも、以下のような状況に陥っていることが多いのではないでしょうか?

 テクノロジーの進歩で、どこにいても仕事が追いかけてくるようになった。忙しさこそが成功の物差しであると言わんばかりに、慌ただしさは増す一方だ。経済の絶え間ない変化によって、将来の見通しはますます不安定なものとなっている。我々は安心感を得るために、これまでやってきた手慣れている仕事のやり方にしがみつこうとする。それよりもずっと優れた手法があったとしても、冒険するには“リスクが高すぎる”とお決まりのセリフを言い、手前勝手にやらない決断を下してしまう。多くのつまらない仕事に時間を割いているにもかかわらず、クリエイティブであることを放棄している。
(本書より)


■3つの仕事の種類

本書では「人間が行う活動のすべては三つの基本的カテゴリーに分類されている」(本書より)と述べております。それは、「つまらない仕事、価値ある仕事、極上の仕事」(本書より)の3つです。

それぞれ以下のような仕事を指しています。

つまらない仕事とは
「時間とエネルギーと人生の無駄遣い」、「する価値が全くない仕事」、「この種の仕事を大切に扱う必要はなく、たとえ嫌々であってもしない方がいいような仕事」、「無意味な仕事」。(中略)

価値ある仕事とは
「普段行っているような有益で生産性の高い仕事」で、仕事時間の大半はこの価値のある仕事に費やされている。
(中略)
価値ある仕事は、組織において常に必要とされている。組織レベルで言えばこの種の仕事はいわばメインディッシュのようなもので誰も異論なく重要性を認識している。来期の利益をもたらす役割を担った、効率的で焦点が明確な仕事である。

極上の仕事とは
価値ある仕事の重要性を認識している人は、それ以上の仕事もすぐに予想がつくだろう。「自分にとって意義深く、周囲への影響力を持ち、社会に貢献できるような仕事」、「モチベーションを高め、能力を最大限引き出してくれる、刺激的な仕事」、そして、誰もが増やしたいと望んでいる仕事のことである。
(中略)
(本書より)


■ヒントを与える15の地図

本書には「15の地図」が用意されております。「15の地図」を作成する過程が、新たな発見や気づきなど、自分にとっての「極上の仕事」を知る手掛かりを与えてくれます。

「15の地図」は以下の通りです。

 ・第一の地図 三つの仕事の配分を知る
 ・第二の地図 最高の瞬間を記憶から取り出す
 ・第三の地図 ゾーン状態を自ら再現させる
 ・第四の地図 模倣する力を強化する
 ・第五の地図 人生と仕事を俯瞰する
 ・第六の地図 無意識の悩みを顕在化する
 ・第七の地図 組織との折り合いの付け方
 ・第八の地図 選択肢から最良を選ぶ
 ・第九の地図 創造筋を鍛える
 ・第十の地図 三コマ物語を作る
 ・第十一の地図 心理的ブロックをわざと破る
 ・第十二の地図 プロジェクトの実行ボタンを押す
 ・第十三の地図 サポート体制を確立する
 ・第十四の地図 初期フローを仕組み化する
 ・第十五の地図 極上の仕事を見失ったとき
(本書より)


【感想】

「自分が本当にやりたいと思う仕事をやってみたい」という気持ちは誰にでもあると思います。しかし、それが何なのかが、なかなか見えてこない!そんな思いに駆られる方が、多いのではないでしょうか?本書は、そんな方にピッタリの本だと思いました。

自分の心の奥底にある思いを顕在化させること、そして、顕在化した思いを行動に移す仕組みを作ることを、「15の地図」を作るワークを通じて行うことが出来るのが本書の大きな特徴だと思います。

本書の地図を自分なりに分類すると、以下の通りになります。

1.自分を知るための地図
 ・第一の地図 三つの仕事の配分を知る
 ・第二の地図 最高の瞬間を記憶から取り出す
 ・第三の地図 ゾーン状態を自ら再現させる
 ・第四の地図 模倣する力を強化する
 ・第五の地図 人生と仕事を俯瞰する
 ・第六の地図 無意識の悩みを顕在化する
 ・第七の地図 組織との折り合いの付け方

2.未来を描くための地図
 ・第八の地図 選択肢から最良を選ぶ
 ・第九の地図 創造筋を鍛える
 ・第十の地図 三コマ物語を作る

3.実行するための地図
 ・第十一の地図 心理的ブロックをわざと破る
 ・第十二の地図 プロジェクトの実行ボタンを押す
 ・第十三の地図 サポート体制を確立する
 ・第十四の地図 初期フローを仕組み化する
 ・第十五の地図 極上の仕事を見失ったとき
(本書より)


こうして見ると、本書の地図を作る作業は、「現在」「過去」「現在と未来をつなぐ道」を描く作業と言えます。これらの作業は、手帳術と共通するものがあると思いました。

大田正文さんは自身の著書『1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術』で以下のように述べております。
1)あらゆる物事は、分解することで解決できる
・全体像がつかめる
・分解することで、必ず「ひとつの物事」にまとまる

2)どこに向かいたいのか、常に意識できる
・意識している方向に向け、つねに意識できる
1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術』より


本書に書かれている1つ1つの地図をみると、それぞれの目的に応じて「見える化」してくれます。そして、「15の地図」をクロスさせながら見たとき、今まで見えなかった絵が、よりはっきりと見えてくるような気がしております。

やりたいと思うことがボンヤリと見えるものを、よりハッキリさせていきたいと思う方に、おすすめの本です。


※2012-03-03追記
【マインドマップ】

image.png
拡大表示は以下のリンクをクリック!
なお、スマホでは綺麗に表示できないかもしれませんが、ご勘弁を(^^;)
極上の仕事.html

そして、スマホの方は以下のリンクをクリック!マインドマップの内容を階層構造で表しました。
極上の仕事.mm.html

※追記ここまで


【関連書籍】


1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術
  • 大田正文
  • サンマーク出版
  • 1470円
Amazonで購入
書評


極上の仕事 あなたのビジネス人生が輝く15の地図

1)本書の内容
 1 自分の立っている場所はどこか
 2 過去を見つめる
 3 普段いる場所から一歩外れる
 4 勇気を持って踏み出す
 5 未来を触る
 6 決断し実行する仕組み
 7 もしも極上の仕事で躓いたら

2)本書から学んだこと
 ・「15の地図」を作る作業を通じて、知らなかった自分の潜在的な思いを顕在化させることができる!
 ・長期的に取り組み、その軌跡を追うことで、いろいろな気付きを得ることができる!
 ・「15の地図」を作る作業は、手帳術ともつながるところがある!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!

そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:整理法
posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

”断捨離”と”色即是空”のつながり!『ようこそ『断捨離へ(やましたひでこ著)』




最近、”断捨離”という言葉を、よく耳にします。
また、”断捨離”に関連する本も、よく売れているようです。

私が”断捨離”という言葉を初めて耳にしたのは昨年の11月。「コーチングフェスタ2010 in Tokyo」にて、スタッフとして「Cafe de コーチング」の教室担当となった時でした。

教室で配布した「Cafe de コーチング」の今後の開催予定のチラシにあった「断捨離ダイアログ 12/6開催予定」という文字を目にしたことが”断捨離”を知ったきっかけでした。

ダイアログの内容は「やましたひでこさんの著書『ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術』を読み、断捨離を実践している方の”断捨離経験者のトーク”、そして”断捨離のワーク”」というものでした。

このときは残念ながら仕事で参加できなかったのですが、「参加したいなあ!」と思ったことで、”断捨離”という言葉が心に強く残りました。

しかし、そのときは”断捨離”がこれほどまでに注目されていることなど全然知りませんでした。

”断捨離”という言葉を再び目にしたのは今年の3月。いつも行く地元の書店で”断捨離”に関する本が書店の一角を占めているのを見たときでした。「まさか、これほど人気を博しているとは....」これが正直な感想でした。

”断捨離”とは、今回ご紹介する『ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術』の著者であり、クラターコンサルタントである、やましたひでこさんが提唱する整理術(?)です。

本書には、やましたさんが”断捨離”を行うきっかけが書かれております。

当時、やましたさんが高野山での宿坊経験をもとに一念発起して”むたむた(石川県の方言で「片付いていない」のこと)”状態の部屋を整理しようと思ったのです。当時、収納術が流行っていたこともあり、収納術に挑戦!しかし、あえなく失敗!「自分には収納術は合わない!」と思ったやましたさんは、「いらないモノは捨てる!そもそもモノがなければ、収納など必要ないではないか!」(本書より)と考えたことがきっかけでした。

しかし、考えと行動は別物!なかなか住まいのモノは減っていきません。

”断捨離”がやましたさんの頭に浮かんだのは、学生時代に入門したヨガ道場で学んだ「断行・捨行・離行」!(”断捨離”という言葉は、ここから来たのですね....)

・モノは、入り口でストップの「断」
・いらないものは、捨てるの「捨」
・モノから離れて、片づけから自由になるの「離」

(本書より抜粋)

この実践がはまったのか、やましたさんの”断捨離”道が始まったのです。

本書の中で、やましたさんは「”断捨離”とは、自分とモノとの”関係”に焦点をあてること」と説いています。

”断捨離”の本質は、「モノに執着することにより、捨てられないモノがいっぱい出てくる。それは心の中も一緒である。従って、”断つ・捨てる・離れる”ことにより、モノと一緒に心も整理される」というところにあるのではないか?と思いました。

そして、このことを思ったとき、私の頭の中に”色即是空”という言葉が浮かんだのでした。

”色即是空”とは、ご存知の通り、般若心経に出てくる言葉。
「この世のすべての物事(色)は相互に因縁によって結びつき、現象を構成している。つまり、物事は”移りかわるもの”であり”無常”である。」と、そして、「”移りかわる”ものなので、執着することにより”迷い”が生じる。だからこそ、物事に執着してはならない」
と解釈しております。(自信はありませんが....)

両者を見比べてみると、「”断捨離”も”色即是空”も本質は同じではないか?」と感じたのです。

”断捨離”が人気を博しているのも、「日頃、いろいろなしがらみの中で生きている我々にとって、”物事の執着を断つ・捨てる・離れる”という”断捨離”というメッセージは、まさにピッタリとくるメッセージだからではないか?」という理由からと思いました。

この連休中、”断捨離”を目指して、私も身の回りのモノを捨てて(ただし、リサイクルに出せるものはリサイクルに)行こうと思います。

ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術

1)本の内容
 「序」の章:絶つ・捨てる・離れる
 「捨」の章:何をそんなに収納するのだろう?
 「断」の章:家の中で、ため息をついていませんか
 「離」の章:見える世界と見えない世界
 「終」の章:信頼をはぐくみ、執着を手放す

2)この本から学んだこと
・”断捨離”とは、「人間とモノとの”関係”に焦点を当てること」である
・”断捨離”と”色即是空”とは、相通ずるものがある
・”断捨離”には、現代の世相に受け入れられる”本質を突いた”メッセージを含んでいる


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





タグ:断捨離
posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

佐藤可士和の超整理術(佐藤可士和著)(後編)

1)本の内容
・1章:問題解決のための”超”整理術
・2章:すべては整理から始まる
・3章:レベル1「空間」の整理術
    −プライオリティをつける
・4章:レベル2「情報」の整理術
    −独自の視点を導入する
・5章:レベル3「思考」の整理術
    −思考を情報化する
・6章:整理術は、新しいアイディアを開く

2)この本から学んだこと
・「空間」の整理術のポイント
 −プライオリティをつける
・「情報」の整理術のポイント
 −独自の視点を持つ
・「思考」の整理術のポイント
 −思考の言語化、情報化
・整理と問題解決は同じベクトルで繋がっている

本書で語っている整理術、それは
 ・「空間」の整理術
 ・「情報」の整理術
 ・「思考」の整理術
です。

それぞれどのようなポイントで述べているのか、私の意見も含め以下に記載いたします。

第一は「空間」の整理術です。
「空間」の整理術とは、「机など、身の回りのモノを整理する」ことです。

では、なぜ「空間」の整理術が先なのでしょうか?

筆者は「空間」という見えるものを整理することにより「整理術のコツをつかむことができる」と言っています。

「情報」および「思考」は共に目には見えないモノです。
目に見えないモノを整理するには「見える」ようにすることが一番です。
しかし、見えるものを整理できないと....いくら見えるようにしても、見えないものを整理するのに一苦労となります。

また、筆者は「空間の整理のコツは”プライオリティをつける”こと」と言っております。

実際、ものを片付けると不要なものがいっぱい出てきます。
捨てるのか?残すのか?残すなら見えるところ?それとも奥?
こう考えるとプライオリティをつける訓練にもなる訳です。


第2は「情報」の整理術です。

「情報」の整理とはいったい何をさしているのでしょうか?
筆者は「情報の整理とは、視点を導入して問題の本質に迫ることで、真の問題解決を行うもの(本書より)」と言っております。

「視点を導入する」とは一体どういうことでしょうか?
本書で述べている視点導入は
 ・プライオリティをつける
 ・因果関係を明確にし、本質をみつける
 ・本質に対して、課題を設定する
そして、
 ・視点導入の最終目標は”ビジョン”を導きだすこと
です。

ここでいうビジョンは”あるべき姿”です。
”あるべき姿”を導きだすには「どのように物事を見るか?」という視点が重要になります。

物事は見方を変えると180度変わることが往々にしてあります。物事の本質を見るにはどうすればよいか...視点は重要性はこのことからもよく分かります。


第3は「思考」の整理術です。

今までの中で一番難しいのが「思考」の整理です。
なぜ難しいのか?「それはやはり、”思考”が目に見えないものだからです。(中略)”思考”は、頭の中にしかない抽象的な概念。だから”思考”の整理は”情報”の整理より、さらに難度が高いのです。(本書より)」

見えないものは”見えるようにする”。
まず、「考えを言語化することから始める」ことを本書では薦めております。

言語化することによって、漠然だった情報が見えるようになります。
情報が見えるようになればしめたもの。後は情報の整理と同じ手順を踏めばよいわけです。

しかし、整理した情報が正しいかどうかはこの段階ではわかりません。
したがって”仮説”を相手にぶつけ、「相手の思いを確認する」というプロセスを踏むことになります。

ぶつけた結果、合っていればしめたもの。違っていれば「どこが違うのか?」を思考の整理から再スタートとなります。しかし、再スタートといっても、相手の思いに近づいているのは間違いはない訳です。

以上、3つの整理術を本書において展開されているわけですが、整理するにあたって大事なことは何でしょうか?

本書では「視点を持つことが重要」と説いております。
それは、物事は全て同じわけではないからです。TPOにあわせて視点を持つことが重要になります。

そして「答えは必ず、目の前にある!」とも言っております。
それは「整理と問題解決は、同じベクトルでつながっている(本書より)」ということを言い表しております。


私も電車の中で”明治学院大学の広告”を見たことがありますが、「あのデザインは大学関係者の思いをこういう視点から捉えて生まれたものなのか?」と初めてしりました。

本書は整理についても当然参考になるのですが、「あの商品はこういう思いや視点から生まれたのか?」ということを捉えることができるので、そういった側面からも読んでみるのも面白いと思います。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。