U25 SURVIVAL MANUAL SERIES (2): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年08月03日

自分に自由を許そう!自分に幸せになることを許そう!『"美しい瞬間"を生きる』(向田麻衣著)



久しぶりに心が洗われるような心地になった本を読んだ。
その本は美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)!向田麻衣さんの初となる著書だ!

向田麻衣さんといえば、ネパール発のコスメブランドであるLalitpurを創業した起業家として知られている。経歴だけを見ると、恐らく、”別次元の人”と考えるかもしれない。

だが、本書に語られているのは向田麻衣さんが思う「仕事」、「日常の生活」、「家族」、そして「愛」と「自由」といった自分の思いを素直に表した言葉だ。その言葉には、苦闘しながらも前に進んでいこうとする女性の素直な気持ちが表現されている。想像ではあるが、起業家である前に一人の女性であること、そして、年代的にも役割的にも転機に差し掛かる時期に差し掛かる同じ年代の女性と想いを共有したいという気持ちから、このようなエッセイ形式で表したのだと思う。その著者の気持ちが、以下の文章に表れている。

 私はこっそりとこの本に込めた思いがあります。恋も仕事も家族も、大切なものはぜんぶ大切だと言いたい!ということです。そして、いつ終わるかわからない人生なのだから、美しいものにたくさん出会い、誰かを思い切り愛して、おいしいものを食べて、大好きな人たちと力を合わせて仕事をし、いい音楽を聴いて、歌って、踊って、うっとりするような映画を観て、好きな作家の本を読み、気持ちのいい場所で暮らして、悔いなく生きよう、というものでした。
 日本の若い女の子たちがもっと自由に、自分のままで、世界で羽ばたいていってもらえたらと思います。そしてこの本が、ちょっとでもみんなの背中を押すことができたらこれ以上嬉しいことはありません。
(本書より P166〜P167)


本書のメッセージをひと言で表すならば、「自分に自由を許そう!自分に幸せになることを許そう!」(P123)だと思う。この言葉は、著者自身が苦しい状況のときに、自分を解放してくれた言葉でもある。それゆえに、「自分に自由を許そう!自分に幸せになることを許そう!」という本書のメッセージが読者の気持ちを楽にすることができ、背中を押すことができればと著者は願っているように思える。

また、本書の中で向田麻衣さんが撮影した写真がふんだんに使われているが、この写真が文章とマッチしており、より文章をイメージしやすくさせてくれる。そして、文章と写真がより気持ちを解放的にさせてくれる。これは担当編集者である徳さんの編集の素晴らしさだと思う。

最後に、本書を読み終えたとき、私は何とも言い難い心地良い気持ちになった。著者が等身大で語りかける言葉の中に含まれる著者自身の素直な気持ちが響くからこそ、気持ちを解放的にさせてくれるのだろうと思う。本書を読んでそのような気持ちになった瞬間は、私にとって”美しい瞬間”と言える。


【本書で印象に残ったメッセージ】

■本当は気づいているはず

 みんな本当は気づいているはず。
 突然生まれて、なぜ生きているかなんてわからないはずで、そんな中、教育を受けて、お金をたくさん持って、安定した仕事や家庭を持てば「幸せ」だなんて嘘だって。
 何が本当の「幸せ」か定義できず、臆病になって当たり障りのないことをやっても仕方がないと、私は思う。
 正しいことが何かはわからない。でも、私がこれだけは確かだと言い切れることは、みんな生きている間に、”美しい瞬間”を体験したいと思っているということ。
 その経験は、ほんの一瞬の出来事だったとしても、その人の人生にその後もきっと長く寄り添って、暗闇に落ちそうになったときに支えてくれるんじゃないかなと思っている。
 美しい瞬間もいろいろで、丁寧につくられた空間に身を沈めることかもしれないし、大勢の人と何かひとつのことを成し遂げる瞬間かもしれないし、旅に出て、新しい空気を吸って、もっとちがう太陽の光をたくさん浴びることだったり、もしかしたら恋をすることかもしれない。
 私がいろんな国でやっているように、お化粧をしてあげて、その人が自分を前よりもちょっと好きになって、誰か大切な人と一緒に時間を過ごすことも、美しい瞬間のひとつだと思う。
 効果測定が可能であることとか、論理的であることは大事だと思う。でも本当は、そんなものがいらないくらい、切実なことがしたい。
 少なくとも私は、人が、「ああ、生まれてきてよかった」「人生は生きるに値する」と感じる一瞬をつくりたい。
 ”貧しく恵まれない”と言われる国に、夢みたいな瞬間を。
 もしかしたら、タブーを犯すような、非常に個人的で、でも普遍的なこと。
 美しいものに触れるということ。
 (本書より P39〜P41)


■もっとずっと遠くまで

 あなたが。急に大人っぽくなったり、積み上げてきたことが実り、今にも羽ばたきそうになったときに、周りが、突然手のひらを返したように冷たくなったと感じることがあるかもしれない。小さな、意味のない小言を言う人が現れたりするかもしれない。
 それは周りの人たちがあなたが、とおくに行くことを恐れてとる行動だ。気にしなくていい。そんなときあなたは何の罪悪感も感じることなく、会う人を変えていい。アドバイスを他の人に求めていい。今のあなたの新しい挑戦を心から応援してくれる人の中に飛び込んでいっていい。
 あなたが羽ばたくことで、彼らは自分が何も挑戦していなかったことを突きつけられる。それが怖くて、彼らはあなたを自分の近くまで引き止めようとする。そんな手は振り払っていい。どんなに「あなたのためなのだ」と言っていても、あなたが窮屈だと感じるのであれば、「ありがとう。でもいらない」と言って、手を振り払っていい。
 あなたは、もっとずっと遠くまで行ける。
 もしあなたが、今いる場所に息苦しさを感じているのであれば、外に出ていい。今私たちに見えているものは、世界のほんの一部だ。女であること、年齢、国籍、セクシャリティなど、そういうものにとらわれず、フェアに勝負できる場所はいくらだってある。今いる場所が苦しくても、不安に感じることはないよ。あなたはいくらでも、あなたの個性や感性をそのまま受け入れ歓迎してくれる場所や人に出会うことができる。今、たまたま近くにいる人、環境、価値観で、自分を測らなくていい。
 あなたがもしも、すべてを引き受けて、立ち上がるとしたら、その時点で最高。
(本書より P118〜P119)


■harvest

 たくさんの人に支えられていることはわかっている。
 それでも、インドからの帰りのフライトで、これから先も、ずっと、ひとりで、このつらく厳しい出来事や現実を見て、乗り越えていかなければいけないのかと思ったら、アイマスクをしたまま涙が溢れてきた。
 去年一年間は違和感のあることをひとつずつ、明らかにして、手放してゆく時期だった。
 ものすごくつらかたし、自分の過ちを認めることも苦しかった。
 今もその作業は続いている。
 去年の今ごろにいただいた仕事が長期に延びて、そのあたりから飛行機に乗るたびに息苦しくなったり、動悸が激しくなることが増えた。
 去年から今年の初めあたりまでは海外出張が怖かった。
 今は自分なりの対処法をいくつか試しながら、だましだまし飛行機に乗っている。
 周りの人から強い人だと言われて、そして、その度に泣きたい気持ちになる。
 本当は苦しかった。
 その日々の中に見つけられる、微かな光を集めて話しているだけ。
 今は、種をまかずに、刈り取ることはできないんだぁと実感している。
 刈り取るタイミングが近づいていることも感じる。
(本書より P137)


【関連書籍】





美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

1)本書の内容
 出会いとはじまり
 世界と日常
 愛と自由

2)本書から学んだこと
 ・みんな生きている間に、"美しい瞬間"を体験したいと思っている!
 ・自分に自由を許そう!自分に幸せになることを許そう!
 ・大切なものはぜんぶ大切!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | U25 SURVIVAL MANUAL SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

【マインドマップ付き】一歩踏み出して「自分の成功モデル」をつくるために動き出す!『冒険に出よう』(安藤美冬著)



冒険に出ようを読んでみました。

ノマドワーカーの代表的存在であり、以前から注目していた安藤美冬さんの初めての著書。実はこの本を読むのをずっと楽しみにしておりました。そして読みながら、とある本のコトバと符号してまいりました。吉岡秀人さんの著書『1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ』です。

行動しなければゼロ。動けばプラスかマイナスになり、一歩進める
チャンスは隙のようなものだ。動くことで生まれてくる
これは『1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ』に書かれているコトバです。

本書を読んで感じた安藤美冬さんの生き方はまさにこれらのコトバが象徴しているのではないかと思いました。

本書のご紹介に当たって、今回は、【本書のポイント】【感想】【マインドマップ】【関連書籍】の構成で書いていきたいと思います。


【本書のポイント】

本書のポイントを以下に掲載いたします。


■挑戦の分母を増やす

 「失敗が怖い」。新しい一歩を踏み出すときにそう感じるのは、ごく自然なことです。せっかく挑戦しても、それがうまくいかなかったら、「次も失敗するかも・・・・・・」と消極的な気持ちになるのも当たり前。
でも、こんなふうに考えてみたらいかがでしょうか。
 挑戦の分母を増やすのです。
 たとえば1回挑戦して失敗に終わったら、失敗は1分の1(=100%)。これでは凹んでしまいますね。しかし、そこで挑戦を5回、10回と増やしていきます。5回挑戦して2回うまくいけば、失敗率は5分の3(=60%)と下がります。さらに挑戦の分母を増やしていけば、そのうち一度や二度の失敗など気にならなくなります。
(中略)
 「できない理由」で頭をいっぱいにするくらいなら、挑戦の分母を増やしていきましょう。たった一度きりの失敗で何かを結論づけてしまうのはあまりにももったいない。中長期的な視点を持って、何度も何度も挑戦を重ねていくことです。
(本書より P72〜P74)



■チャンスが到来したらすばやく行動し、つかみとる

 独立した私にはじめてやってきた大きなチャンス。それを必死につかみにいったときのエピソードをご紹介します。
 忘れもしない2011年8月8日朝8時。CHAPTER3で述べた通り、これまであれこれとツイッターでの発信で試行錯誤を繰り返してきたわけですが、この日、突如としてフォロワー数が数十人増えたのです。30分ほどの間の出来事でした。
 驚いて調べてみると、どうやらジャーナリストの佐々木俊尚さんが「営業活動することなくソーシャルメディアを駆使して仕事をするフリーランスの女性」として、同じくフリーランスの女性ライターさんと登壇したトークイベントの報告記事を紹介してくださっていたのです。
(中略)
 大きな転機をもたらしてくれた佐々木さんにひと言お礼を言いたくて、ツイッターからDMを送り、直接会いに伺いました。執筆で多忙を極める中、喫茶店で1時間お話させていただいたものの、ひたすら緊張して、何を話したかはあまり覚えていません(笑)
 そこからさまざまな縁がつながり、めぐりめぐって講談社のウェブサイト『現代ビジネス』での連載や、NHKEテレ『日本のジレンマ』出演などにつながっていくのです。
 こうした流れを振り返ってみると、しみじみと思うことがあります。
 まず第一に、現在の自分の場所というのは、ほんのひとつの行動、ほんのひとりの出会いが連なって導かれた場所なのだということ。
 というのは、佐々木さんに紹介されるきっかけとなったイベントを提案してくださった代官山のカフェの運営者は、フェイスブックで知り合い、二度しか面識のない方でしたし、一緒にイベントに登壇した女性ライターさんも、ツイッターで知り合い、DMを送り合って仲良くなったからです。
 そしてもうひとつ。チャンスというのはいつも突然やってくるもので、そのチャンスが到来したら、素早く行動し、つかみとること。「チャンスの神様は前髪しかない」という有名な話があります。向こうからやってきたチャンスをつかみとれるかどうかは、他でもない、自分自身にかかっているのだと思います。
(本書より P118〜P121)




■自分の軸で勝負する

 強みを磨きながらもスペシャリストは目指さず、「自分のスタイル」と「素人の視点」から切り口を見出だしていく。専門性と専門性の間を縫いながら、自分の軸で勝負していく。ある意味ニッチなこのやり方こそ、自分のこの社会での居場所だと思っています。
 もちろん、この働き方や考え方は、一般的ではないと思います。あくまで私のやり方であって、「真似するといいよ!」なんて、皆さんに簡単にはおすすめしません。私が私らしくあり続けるために試行錯誤の中で生まれてきた、いわば安藤美冬に最適化した働き方であり、同じやり方が皆さんに当てはまるわけではないからです。
 皆さんも皆さんの自分の軸を見つけ、オリジナルのスタイルをつくっていくことをおすすめします。私のやり方はきっと、それを見つける際の参考になると思います。
 「あなたと仕事がしたい」「あの人に頼んだら面白いことが起こりそう」。そうやって声をかけてもらうための看板は、スキルでも実績でもなく、自分自身のオリジナリティ。
 大変なようですが、でもそれをつくることができれば、社会での居場所も自ずと生まれてくるのだと思います。
(本書より P163〜P164)



■「自分の成功モデル」をつくり出していく時代

 ジャック・アタリは『21世紀の歴史』の中で、こう書いています。

「心地よい時間」とは(中略)各人が自分の成功モデルを選択し、各人がまだ自分で気づいていない才能も含め、自らの才能を開花させていくことである。
(同書303ページ)


経済格差、高齢化、雇用問題など、課題が山積みの現代日本。大きな時代の転換点といえるのではないでしょうか。しかし、そうした局面だからこそ、私は思うのです。私たちは、素晴らしい時代に生きているのだと。
これまでのやり方で実績を残してきた先人の成功モデルをなぞるのではなく、私たちひとりひとりが、自分自身にとっての成功とは何か、幸せとは何か、働く意義とは何かを考え、自分に合った新しい生き方や働き方、すなわち『自分の成功モデル』をつくり出していく時代。そう考えたら、とてもワクワクしませんか。
 「冒険に出よう」。これが、この本を通じて私がお伝えしたいメッセージです。
 冒険の意味は、人によってそれぞれ違うと思います。私と同じように会社を辞めたり、海外を飛び回ったりしなければならないということではありません。
 今、皆さんがいる場所や立場の中で、心がワクワクしてくるような、自分らしい生き方や働き方とは何かを考えて、自分なりの「マイルール」を持ち、それぞれのやり方で「自分の成功モデル」を実践していってほしいと思います。
(本書より P195〜P197)



【感想】

本書は、安藤美冬さんの生い立ちからスタートします。

『エルマーの冒険』、江戸川乱歩の『少年探偵団シリーズ』、そして、『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』にはまった小学校時代。
中国人作家・魯迅にあこがれ、洋上セミナーのチャンスを得て魯迅の故郷・中国へ旅をした中学・高校時代。
バックパッカーとして世界を渡り歩いた大学生時代。
集英社での勤務を経て独立。だが、独立後はなかなか思うようにいかず、試行錯誤の日々。しかし、佐々木俊尚さんが「営業活動することなくソーシャルメディアを駆使して仕事をするフリーランスの女性」として紹介されるなどでチャンスを掴み、現在のご活躍に至る!

このような安藤美冬さんの人生は、まさに「冒険」という言葉が象徴しているのではないかと思います。ドラクエの「勇者」が「鋼の剣」などのアイテムを使いながら冒険しているように!
特に、集英社時代から独立直後の苦しい時代を乗り越えた頃は、本書に書かれた冒険のクライマックスを思わせます。それと同時に、
・小さなイノベーションの起点となる!
・行動によって、自分の川に流れをつける!
・チャンスの神様がやってきたら、躊躇せずにつかみにいく!

と書かれた言葉には、「行動量」を感じます。

このような安藤美冬さんの「行動量」を感じたとき、符号したのが冒頭で書いた吉岡秀人さんの著書『1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ』です。

行動しなければゼロ。動けばプラスかマイナスになり、一歩進める

 あるとき、何とか頑張って、一つ目の行動をとる。
 そうすると、一つ目の行動が取れたという自信が、二つ目の行動を取らせる。
 二つ目の行動を取れたという自信が、また三つ目の行動を誘発する。
 その繰り返しで、だんだん行動の敷居が低くなり、サッと行動できるようになっている。
 行動を重ねるに従って行動できる自分に生まれ変わる。
 人生は動かさないと意味がない。
 動かないと何も起こらない。
 行動しなければゼロ。
 動けばプラスかマイナスになる。
 いずれにしろ、人生は動くのだ。

(吉岡秀人著『1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ』より P88〜P89)


チャンスは隙のようなものだ。動くことで生まれてくる

 チャンスがないからといって動かない人がいる。
 だけど、僕に言わせれば動かないからチャンスが見つからないのだ。
 チャンスは向こうからやってくるものではない。自分から掴みとるものだ。
 チャンスは、「隙」のようなものだ。

(中略)
 動きながらやっていくことで、あるときにパッとチャンスを感じとることができる。あるときにパッと入っていけるような瞬間ができる。そのときにパッと掴むのだ。
 そのレベルが高い人は、わずかなチャンスの幅でもパッと掴む。
 レベルが低いうちは、もっと大きなチャンスが見えないと掴めないのだ。「チャンスがない」と嘆いている暇があったら、自分のやりたいことに向かって動き出すことだ。
(吉岡秀人著『1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ』より P126〜P128)


安藤美冬さんは、行動量で、そして戦略的に動くことでチャンスを感じとり、そして自分のものにしてまいりました。その経験の中で感じたこと、そして伝えたかったことが本書のタイトルである「冒険に出よう」という、読者の行動を一歩前に進めるメッセージだと思うのです。

それにしてもエネルギー溢れる本だと思いました。そして本書の持つエネルギーは、読んだ方に前に進むための行動を後押しする力になると思います。


【マインドマップ】

image.png
拡大表示は以下のリンクをクリック!
なお、スマホでは綺麗に表示できないかもしれませんが、ご勘弁を(^^;)
冒険に出よう.html

そして、スマホの方は以下のリンクをクリック!マインドマップの内容を階層構造で表しました。
冒険に出よう.mm.html


【関連書籍】





冒険に出よう

1)本書の内容
 CHAPTER1 一歩外へ踏み出す
 CHAPTER2 自分の可能性を広げる
 CHAPTER3 自分メディアの編集長になる
 CHAPTER4 人との出会いが自分をつくる
 CHAPTER5 自分らしく働く

2)本書から学んだこと
 ・挑戦の分母を増やす!
 ・チャンスが到来したらすばやく行動し、つかみとる!
 ・自分の軸で勝負する!
 ・「自分の成功モデル」をつくり出すために行動する!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | U25 SURVIVAL MANUAL SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

【お知らせ】「U25 Festival」が2012年11月22日に開催されます!

今年の8月25日に注目の新シリーズが発刊されました。それがディスカヴァー・トゥエンティワン社の「U25 SURVIVAL MANUAL SERIES」です。今までにない斬新な装丁、編集、そして出版ではホットなテーマとなっている働き方に関する本ということが相まって、発売と同時に多くの方の注目を集めました。

そして今回は「U25 Festival」の開催!これもまた注目を集めそうなイベントです。なにせ、安藤美冬さん、家入一真さん、伊藤春香(はあちゅう)さん、鶴田浩之(もっち)さんという注目を集める方々が登場するイベントなのですから!「U25 SURVIVAL MANUAL SERIES」を応援する私としては注目しないわけにはいかない!ということで、本イベントをお知らせいたします!


【注目を集める方どうしの対談】

「U25 Festival」では2回の対談が行われます。どちらも注目を集める方同士の対談なので、どんな話題やメッセージが飛び出すのでしょうか?


■自分メディアの編集長になろう

1回目は「自分メディアの編集長になろう」と題して安藤美冬さん×伊藤春香(はあちゅう)さんの対談です。

安藤美冬さんはソーシャルメディアの発信などにより一切の営業活動をすることなく複数の仕事を複数の肩書で行なう「ノマドワークスタイル」が注目を集め、「情熱大陸」にも登場いたしました。また、「U25 SURVIVAL MANUAL SERIES」では11月29日に発刊される『冒険に出よう 〜未熟でも未完成でも”今の自分”で突き進む。』を執筆しております。なお、『冒険に出よう 〜未熟でも未完成でも”今の自分”で突き進む。』はイベント会場にて先行発売されます。

一方の伊藤春香(はあちゅう)さんは、トレンダーズ「キレナビ」編集長として活躍中!ネクラだった彼女が学生時代に書いたブログが突如話題となり、ブログで世界一周をしてしまうほどのアルファブロガーに!「はあちゅう」という名は「なりたい姿」を妄想した「理想の自分」だそうです。「U25 SURVIVAL MANUAL SERIES」では自分の強みをつくるを執筆。家入一真さんの『もっと自由に働きたい』とともに「U25 SURVIVAL MANUAL SERIES」の第1弾として発売されました。



このお二人の共通項は「自分のメディアを持ち、それを駆使して活躍の土台をつくった」ということ!そのお二人が「自分メディア」を持つことの意義・そしてどのように「自分メディア」との接し方などをどのように語るのか?に注目が集まります。


■常識にとらわれない自由な働き方

2回目は「常識にとらわれない自由な働き方」と題して家入一真さん×鶴田浩之(もっち)さんの対談です。

家入一真さんは、JASDAQ 上場企業 paperboy&co. 創業者。現在はベンチャー投資企業partyfactory Inc.やクラウドファンディングCAMPFIREなどを運営しております。起業し、「遊び場」をつくりながら自由に働くスタイルそしてマインドは、「U25 SURVIVAL MANUAL SERIES」での著書もっと自由に働きたいにも表れております。



一方の鶴田浩之(もっち)さんは13歳からネットサービスを作り始め、16歳で初の起業という異色の経歴の持ち主!東日本大震災直後には世界中から投稿されたこれらの祈りのメッセージや画像を掲載したサイト『prayforjapan.jp』を開設!また監修者としてPRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐を講談社より発刊しております。



このお二人の共通項は「起業家」ということ!その一方で家入さんはクラウドファンディングCAMPFIREをつくり、夢を追う人のための支援を、鶴田さんは『prayforjapan.jp』をつくり応援メッセージを発信することで東日本大震災にて被害にあった方々への支援を行っております。「起業」そして「支援」というキーワードにてどのようなトークが展開されるのか?に注目があつまります。


残念ながら私は私事でこのイベントには参加できないのですが、私個人としても参加したかったイベントなだけに「是非とも紹介したい!」と思い、ブログにて取り上げました。対談の後には交流会もあるので、楽しめると思いますよ!

なお、詳細はこちらのリンクをご覧ください。
http://univ25.jp/?p=486


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | U25 SURVIVAL MANUAL SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。