小説/マンガ/アニメ: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2013年04月29日

図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る!『図書館戦争』(有川浩著)



普段は小説を読まないのだが、今回はレビューを書きたいと思った。書きたいと思ったのは、図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)である。

そのキッカケは、4/27(土)に公開された映画『図書館戦争』を見たからだ。



非常に面白い映画であった。しかし、それと同時に考えさせられるものもあった。現実の世界でもインターネットをはじめ、「表現の自由」に対する規制の動きが見え隠れし、危なっかしい状況が続いているからである。それゆえに、著者は、図書館を「表現の自由の象徴」として描き、そして「現実の世界で本を読む自由を奪われそうになったとき、激しく抵抗する」という思いを「図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る!」という一文に込められている気がしてならない。

映画の中で榮倉奈々さん演じる笠原郁が、石坂浩二さん演じる稲嶺和市・関東図書基地司令に「どうしてこんな世界になってしまったんでしょう?」と聞いたとき、稲嶺和市は「それは無関心が引き起こしたものだ」(確か)と答えた。著者は「表現の自由、本を読む自由を守るために、我々はそのような動きに対して無関心であってはならない」と訴えたかったのではなかろうか?

 最後に、現状では色々危なっかしいながらも存在しない建前になっている検閲が、これから先も断固として拒否される世の中であることを祈りつつ。
(本書より P371)


上記の著者の思いに私も同感である。


【本書のあらすじ】

昭和最後の年に「メディア良化法」が成立した。そして法務省内にメディア良化委員会を、各都道府県に執行機関として良化特務機関を設置。公序良俗に反する書籍・映像作品・音楽作品を検閲し、取り締まった。そして、取り締まりに当たっては武力の行使もも許されていた。

一方、メディア良化法への対抗手段として既存の図書館法に以下の文を付け加える方たちで成立したのが通称「図書館の自由法」である。

「図書館法第四章 図書館の自由
第三十条 図書館は資料収集の自由を有する
第三十一条 図書館は資料提供の自由を有する
第三十二条 図書館は利用者の秘密を守る
第三十三条 図書館はすべての不当な検閲に反対する
第三十四条 図書館の自由が侵されるとき、我々は団結して、あくまで自由を守る」

正化11年、「日野図書館」が襲撃され、図書館側に死者12名を出す大惨事が起きた。後に「日野の悪夢」と名づけられた大惨事である。この事件をきっかけに、図書館を防衛する組織「図書隊」が全国10地域に設立された。

こうして「メディア良化委員会」と「図書隊」との抗争が始まった....

主人公の一人である笠原郁は、高校生の時に本屋で購入しようとしていた童話の新刊を「良化隊」の検閲で奪われそうになったところを図書隊員の「堂上篤」に救われる。だが、郁は図書隊員の顔を覚えていない。そんな郁は、憧れの図書隊員を「王子様」と呼び、自らも「図書隊員」を志願する。

正化31年、郁は図書特殊部隊に配属され、毎日軍事訓練に励んでいるところから物語は始まる....


【関連書籍】



図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

1)本書の内容
 
 一、図書館は資料収集の自由を有する
 二、図書館は資料提供の自由を有する
 三、図書館は利用者の秘密を守る
 四、図書館はすべての不当な検閲に反対する
 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説/マンガ/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

【マインドマップ付き】アニメ「もしドラ」を見て!「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  • 岩崎夏海
  • ダイヤモンド社
  • 1680円
Amazonで購入


8月16日にNHKにて「もしドラ」が放映されました。
原作はご承知の通りもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

私は、3月に連続で放映されたときには「見たい!」と思っていたのですが、仕事などで見ることができず!今回、放映されることを知り、そして、やっと放映を見ることが出来ました。今回のレビュー記事はアニメ「もしドラ」のみを見て書いております。

今回は【あらすじ】【キーワード】【感想】そして【マインドマップ】の構成でレビュー記事を書きたいと思います。


【あらすじ】

川島みなみは程久保高校2年生。親友である宮田夕起が病気で入院したことをきっかけに野球部のマネージャーになる。しかし、「野球部のマネージャーって何をすればいいのか分からない」みなみは、ドラッカー著「マネジメント」を買って読み、「野球部をマネジメントする!」ことを決意する。

みなみは早速、夕紀の協力を得ながら野球部の定義、そしてマーケティングに取りかかる。その中で、部員にはいろいろな悩みがあることを知る!そして、監督とエースの浅野君との間には「感情の行き違い」があることも!

そんな中で迎えた秋季大会の初戦。エースの浅野君は絶好調!6回まで強豪相手に無失点の好投。しかし、7回に祐之助のエラーをきっかけに突如ストライクが入らなくなる。そして、大量失点でコールド負け!

試合後のミーティングでキャッチャーの柏木君は浅野君を責めた。しかし、監督の加地誠は「わざとフォアボールを出すピッチャーなんていないんだ!」と浅野君をかばい、そしてみんなを諫めた。これをきっかけに程高野球部はひとつになっていく!

大会以降、マネージャーになった二階君の提案もあり、練習方法に工夫を加える。その結果、程高野球部は、どんどん成長していった。しかし、甲子園に行けるレベルではない。程高野球部にはイノベーションが必要だった!そこで、加地監督は従来の高校野球にはない作戦「ノーバント・ノーボール作戦」を提案する。

夏の甲子園予選。程高野球部は快進撃!4番・星出君は、中学時代のチームメイトでライバルの修北高校のエース・加藤君からホームランを打ち決勝に進出!しかし、決勝を目の前にして悲報が届く....そして、みなみに、ナインに動揺が....


【キーワード】

アニメ「もしドラ」の中で出てきた「マネジメント」のキーワードを以下に記載します。キーワードの意味および関連ワードは、下部の【マインドマップ】をご覧下さい。

 ・真摯さ
 ・事業の定義
 ・専門家
 ・マーケティング
 ・自己目標管理
 ・イノベーション
 ・チームリーダーのやる気



【感想】

今回、初めて「もしドラ」を見ました。実は原作も読んでいません。昨年初め、話題になったときに「読んでみたい」とは思っていたのですが、つい読みそびれてしまって....

「高校野球のマネージャーがドラッカーのマネジメントを読んで野球部のマネジメントをするなんて、ちょっとストーリーに無理があるんじゃないか?」と思っていたのですが、見てみると、「ドラッカーのマネジメントに馴染みのない人にとっては、勉強するためのよいキッカケになったのではないか?」と思いました。そう思ったのは「重要なキーワードがちりばめられながら、ストーリーが展開されていたから」です。そして、話としても面白かったし!

ドラッカーの本は経営者の方に特に人気があるのですが、やはり、『経営の哲学 (ドラッカー名言集)』などをキッカケなしで読むのはやはり難しいと思います。(実は、私も途中で挫折しました)

だが、「もしドラ」がドラッカーブームのキッカケを作ったのは、やはりコンテンツがよかったから、そしてドラッカーの言葉に重みがあったからではないかと思います。特に、今までドラッカーを読んだことがない読者(かく言う私もそう)にとって゛真摯さ゛という言葉に何かを感じ取った読者は多いのではないでしょうか?

今回はアニメという形で見たのですが、「本を読む」とは違った感覚で楽しむことが出来たと思います。そして、アニメの中で出てきたキーワードは、ドラッカーの本を読むための良いキッカケになったと思いました。

でも、程久保高校は無くとも、程久保って地名は本当に日野市にあったのですね!


【マインドマップ】

本アニメの概要を表したマインドマップを以下に記載します。

image.png
拡大表示は以下のリンクをクリック!
アニメ「もしドラ」.html

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

1)本書の内容
 プロローグ
 第一章 みなみは『マネジメント』と出会った
 第二章 みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ
 第三章 みなみはマーケティングに取り組んだ
 第四章 みなみは専門家の通訳になろうとした
 第五章 みなみは人の強みを生かそうとした
 第六章 みなみはイノベーションに取り組んだ
 第七章 みなみは人事の問題に取り組んだ
 第八章 みなみは真摯さとは何かを考えた
 エピローグ

2)本書から学んだこと
 ・真摯さ!
 ・事業の定義!
 ・イノベーション!
 ・成果!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説/マンガ/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。