人生/生き方/生活: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年07月07日

読者に「元気」と「勇気」と「前に進む力」を与えてくれる本!『人生は見切り発車でうまくいく』(奥田浩美著)



本書人生は見切り発車でうまくいくをひと言で言うと、「読者に寄
り添い、読者の背中をやさしく押してくれる本」
である。

自己啓発の多くの書は「やりたいことを決めよ!」という指導書的な記述が多いが、本書はそうではない。もちろん本書にも、厳しい言葉もあるが、基本的には著者の「大丈夫だよ!」という愛のメッセージが散りばめられているように感じる。そんな「大丈夫だよ!」というひと言が、読み手に「元気」を与え、「勇気」を与え、そして「前に進む力」を与えてくれる。それが端的に表れた文章を以下に紹介したい。

 私は生きているうちにどれだけ「ありがとう」の数を集めたかで、人間の価値は決まってくると思います。かならずしも「勝利」「成功」の総量だけで決まるものではないのです。
 以前、元力士の高見盛の出演する缶コーヒーのCMが話題になったことがありました。「誰もが、勝利者になれるわけではない。ただ・・・・・・この惑星には、愛されるという勝ち方もある」というナレーションが入ったCMです。
 私はこれを見て、まさにその通りだと思いました。能力の上下、地位の上下といった旧来の価値以外に、仕事の世界でも、いや仕事の世界だからこそ「愛された回数」「感謝された回数」といった基準を持ちこんでみてもいいと思うのです。
(中略)
 では、愛されるということはどういうことでしょうか。感謝されるとは、どういうことでしょうか。
 果たして、「いい子」でいることでしょうか?
 そうではありません。「いい子」でいようとするから苦しくなりますし、「こうでなければならない」という価値観に苦しめられている若い人はたくさんいます。
 それは親の価値観や周りの価値観に染まっていて、導かれる正解・あるべき姿が一つだと思っているからではないかと思います。親や周囲が描いた舞台の中で主役でいられれば成功!という風に刷り込まれているのだと思います。
 そもそも、親が描いた舞台・会社が絵が描いた舞台があなたの生きていくべき舞台でしょうか?その舞台で主役になることを本当に目指すべきなのでしょうか?
 そういったことからまず考えてみると、舞台を変えるきっかけができるかもしれません。
(本書より P227〜P229)


この上記の言葉には、著者が、自身の人生の邂逅から感じた思いも含まれているように思う。本書に書かれている著者の人生を見ると、必ずしも「能動的」に動いてきたばかりではない。「受動的」に動かざるを得ない状況からスタートしたことも赤裸々に語られている。その中には、苦い経験や辛い思い、そして痛みもあったと思う。それゆえに、著者は人と接することを通じて、困っている人がいたらアドバイスを送り、そして助けながら生きてきたのだと思う。ITスタートアップの界隈では、著者は「女帝」と呼ばれているが、それは「多くの方に愛されているゆえの呼称」なのであろう。

私の知人の多くは著者を知っている方が多いが、残念ながら私は著者とは面識はない。しかし、本書を読むと、著者の”愛”や”やさしさ”を感じる。それゆえに、読み終えたときには、本書に書かれている言葉がスッと自分自身の中に入り、自分自身を自然体で見つめ直す示唆を与えてくれる。そして、著者のメッセージである「見切り発車こそが、やりたいことを実現する最短ルート」であると感じさせてくれる。

誰もが先見えぬ不安を感じているときがある。しかし、そんなときだからこそ、自分の本当の想いの種を見つけることができる。本書は、先見えぬ不安に、違った視点と気付きと光を見出させてくれる本であると感じたと同時に、じっくりと向き合いながら継続して読んでいきたいと思った本でもある。


【本書のポイント】

■悩むくらいならさっさと試そう

 「選択に費やす時間を検証の時間に振り替えよう」というのが、私の口癖です。
 選択とは、「Aにしようか、Bにしようか・・・・・・ああ、どっちにしようかなあ」と悩むことです。「選択する」ためには、「悩む時間」が必要なのです。
 私はこの、選択に悩むことに時間を取られるくらいなら、「行動と検証の時間」に振り替えたほうがずっと効率的だと思っています。
 たとえば、赤い服と青い服と黄色い服があるとします。どの服が似合うのかな・・・・・・と悩んでいる暇があったら着てみようということです。
 たとえ洋服のようにすぐ試せないものでも、まずはやってみる。何か試すという行動を起こすことで、自分の軸が見えてくることがあるからです。
 人生は決められた選択肢しかないわけではありません。選択にあれこれ悩むより、まずは何かしら試しながら自分の気持ちを探るという方法もあります。
 選択に悩む前に行動して検証したほうが、驚くくらいあっという間に答えが見つかることが多々あります。一歩進めば、見え方も変わり、悩んでいたときに見えていたものとは違う世界が見えてきます。自分が進むべき世界は、自分が見えている範囲しか存在しないわけではないのです。
(本書より P28〜P29)


■「ちょっとだけ」の積み重ねがチャンスにつながる

 人生、いつ何が起こるかわかりません。
 ですから、「これはひょっとしてチャンスかな?チャンスにつながらないかもしれないけど何か動けるかも」と少しでもおもったら、そのときが動くべきときかもしれません。
 「即行動」というと、大げさにとらえる人がいますが、「ちょっとでも動けそうだと思ったら、ちょっとだけ動く」という感じでかまいません。
 人は通常、「まあもう少し様子を見てみよう」などと、なかなか動こうとしないものです。
 けれども、「ちょっとだけ動いてみる」という条件反射を身につけることで、その後の展開が天と地ほど変わってくることがあります。動いた分だけ視界が変わり、少ししか見えていなかったチャンスの扉が見えてくるのです。そして「ちょっとだけ」の積み重ねがチャレンジャー気質を生むことにもつながります。
 また、動くことで、周りがこちらに視線を送ってくれるようになります。いつもフットワーク軽く動いている人には、人から注目も集まるので、ちょっと動いただけでも、賛同して協力しようという人がたくさん集まってきます。
 もちろん、最初の動きくらいでは注目してくれません。コツコツと動いて、コツコツと成果を出している人を見てくれるのです。ですから、動かないままで最初から察してもらえるほと世の中は甘くはありません。動きもしないで、成果を得られることなど、あり得ないのです。
 さらに、注目される経験が豊富な人は、さらに動きの回数を増やし、どんどん動きを速めているはずです。ちょっと動いてみて、「あ、これは違ったな」とか、「今はこれ以上は踏み込めないな」と軌道修正していることと思います。
 そうした体験は、その後の有益なデータになります。
 動かないデメリットはあっても、動くことにはメリットしかない
(本書より P53〜P55)


■ピンチこそ、多くのことに気づけるチャンス

 ピンチになると突然何も考えられなくなる人や逃げてしまう人がいますが、とんどもないことです。ピンチはむしろ、成長するうえで欠かせないイベント。自分の立ち位置を改めて確認し、自分の行動を俯瞰して見ることができる貴重なチャンスです。
(中略)
 ピンチと思えるということは、解決に向けて動き出そうとしている証拠です。
 そもそもピンチの実感がないと、危機に気づくことすらできません。また他人ごとと感じていると、そこまでピンチは感じないことでしょう。「ピンチだ!」と思った時点で、どう解決するか考えているわけですので、多くの発想が得られる絶好の機会ともいえます。
(中略)
 ピンチをきっかけに、何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのか、物事をいろいろな視点から見ることになります。ときには周りの人も巻き込みながら、今まで見たことのなかった角度から自分の仕事を見ることで、新たな発見が生まれるのです。
(中略)
 もちろん、こうしたピンチに対するさまざまな視点は、普段ただ何となく暮らしているだけでは手に入りません。ピンチを乗り越えるためには、こういった発想をする、ある種の訓練が必要です。

1.何がピンチだと感じているのか?
2.それによって何が困るのか?自分が困るのか?人が困るのか?
3.このピンチがなかった場合、自分が伝えたかったこと、やりたかったことは何か?
4.ではそれを最短で叶える行動は何か?
5.それに向かってどう行動するか?


 こんな風に考える訓練を繰り返すことで、ピンチが起こっても、冷静に見ることができるようになります。
 人によって出くわすピンチのレベルはさまざまですが、右の5つのことに沿って行動していけば、きっと解決できるようになると思います。そして私のように、ピンチと聞くと、「大事なことを考え直すチャンスだ」と、逆にワクワクするようになります。
(本書より P122〜P127)


【関連書籍】



人生は見切り発車でうまくいく

1)本書の内容
 第1章 結果を出す人がやっている「見切り発車」とは
 第2章 今日から結果を出す! 発車するときの工夫
 第3章 壁を感じたときにどうするか?
 第4章 「見切り発車」で仲間を増やす方法
 第5章 「見切り発車」で想いを形にする人たち
 第6章 10年後も生き残るための「見切り発車」

2)本書から学んだこと
 ・「ちょっとだけ」動く習慣が、大きなチャンスにつながる!
 ・違和感こそ、自分を成長させる起爆剤になる!
 ・ピンチは自分を成長させる絶好の機会!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生/生き方/生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

”難民高校生”の問題は”高校生だけ”の問題ではない!”社会の問題”であり、”次の世代につながる”問題である!『難民高校生』(仁藤夢乃著)



”難民高校生”

「若者と社会をつなぐきっかけの場づくり」の活動を行っているColabo代表であり、本書の著者である仁藤夢乃さんは「学校にも家庭にも居場所を無くした高校生」を”難民高校生”と呼んでいる。そして、本書難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアルでは、”難民高校生”の存在を、そして
・なぜ彼等、彼女等は”難民高校生”となったのか?
・難民高校生がどのような状況に置かれているのか?
・高校生の”難民化”を防ぐためには、我々大人は何をすべきか?

を伝えている。

著者の仁藤さんも、かつては”難民高校生”だった。本書の冒頭で、彼女は以下のように語っている。

 高校時代、私は渋谷で月25日を過ごす”難民高校生”だった。
 家族との仲は悪く、先生も嫌いで学校にはろくに行かず、家にも帰らない生活を送っていた。髪を明るく染め、膝上15センチの超ミニスカートで毎日渋谷をふらついていた。
 当時、私は自分にはどこにも「居場所がない」と思っていた。そして、私の周りには「居場所がない」と言って渋谷に集まっている友人がたくさんいた。
そんな高校生たちの存在を、世間はどう認識しているのだろうか?
(本書より P3)


正直言うと、とあるきっかけで本書と出会うまで、私は「自分とは縁遠い話」と思っていた。何故なら、彼等・彼女等”難民高校生”と接点が全くないからだ。そして、多くの大人たちも、このように思っているだろう。

「大人と若者の社会は、分断されている」

仁藤さんは現代の社会をこのように捉えている。そして、かつて”難民高校生”だった仁藤さんが本書を書きたいと思った動機も、このような社会の状況に対して問題を提起するとともに、「最近の若者のリアルを大人に伝えたい」と思ったからだ。

本書のタイトルは『難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル』ではあるが、本書を読み進めると、”難民化”は「高校生だけの話ではない!」ことに気づく。まずは本書に記載されているNPO法人「もやい」事務局長の湯浅誠さんの言葉を読んでほしい。

 ワーキングプアや貧困問題に取り組むNPO「もやい」事務局長の湯浅誠氏は「<貧困>というのは”溜め”のない状態のことだ」と言っている(『貧困襲来』山吹書店)
 湯浅氏は著書の中で、貧困に陥らないためには、「金銭的な溜め」、「人間関係の溜め」、そして「精神的な溜め」が必要だと述べている。もし職を失っても「金銭的な溜め」があればそのお金でしばらくは食べていけるし、親や友人などの「人間関係の溜め」があれば新しい仕事を紹介してもらえたり、次の仕事が見つかるまで家に住まわせてもらえたりするかもしれない。「精神的な溜め」とは、自分に自信がある、自信があって気持ちにゆとりがある、といったことだ。「金銭的な溜め」がなくても、「人間的な溜め」や「精神的な溜め」があったことで救われたという経験を持っている人もいるという。
(本書より P10〜P11)


この言葉を読んで、どのように思っただろうか?私は、「金銭的な溜め」、「人間的な溜め」、「精神的な溜め」の3つを失ったとき、大人であっても”難民化”するのではないかと思った。「リストラ」や「健康を害して働けなくなる」など、大人でも”溜め”を失うきっかけはいくらでもある。

ましてや社会的基盤の弱い高校生の場合、学校や家庭などの基盤を失うことが、”溜め”を失うきっかけとなる。そして”難民高校生”となる。だが、それは”高校生だけの問題”では終わらない。”難民高校生”の問題は、”次の世代を担う子供たち”にも大きく関わる問題だからだ。

 20代になった彼女たちは今、高校時代よりお金を稼ぐことはできているかもしれないが、不安定な職に就いている人が多く、「溜め」と言えるほどのお金はもっていない。そして、高校時代と変わらず、頼りにできる人間関係や精神的な「溜め」をもたないまま、居場所のない生活から抜け出せないままになっている。私は、そういう”元・難民高校生”を何人も知っている。
 このままの生活を続ける以外にどんな選択肢があるのかすらわからないまま、そうした生活を続けるうちに、彼らはそういう世界で生きる人たちとの人間関係しかもたなくなる。そして、ますます「溜め」のない難民生活から抜け出せなくなっていく。
 ”難民”となった高校生が、「溜め」を手に入れることができないまま大人になると、貧困に陥る。そして、新たな「溜め」のつくり方も知らないままに彼らが親になると、その子どもまで貧困が連鎖してしまう。
 ”難民高校生”の問題は、貧困問題なのだ。
(本書より P14〜P15)


難民高校生だった著者・仁藤夢乃さんは、”難民高校生のリアル”に向き合いながらColaboを通じて活動している。そんな著者が我々大人に以下のことを訴えている。

 最後に、”難民高校生”だった私が、大人でもなく、子どもでもない「若者」として今考える、若者が夢や希望をもてる社会をつくるためのヒントをいくつか紹介したい。
 まず、大人たちにしてほしいことがある。それは、「個人として向き合う」ということ、「可能性を信じる」ということ、「姿勢を見せる」ということの3つだ。
(本書より P285)


 私は、”難民高校生”や”難民高校生予備軍”の子どもたちの存在や、彼らの抱える問題を発信し続けたい。大人たち一人ひとりに「居場所のない高校生」たちの問題を、単なるダメな子の「個人的な問題」や、「若者だけの問題」として捉えるのではなく、自分たちがつくっている「社会の問題」「次の世界につながる問題」として認識してもらいたい。
(本書より P312)


本書を通じて、我々大人が”若者の抱える問題”を考える契機となることが著者の願いである。普段は忙しくて考えることもないかもしれない問題を本書を通じて知ってみてはいかがであろうか?同世代の子どもを持つ親にとっては、”考えさせられる問題”であると思うはずだ。


【関連書籍】





難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル

1)本書の内容
 
 はじめに
 1章 私が「ダメな子」になったわけ
 2章 希望を失う若者たち
 3章 私を変えた外の世界
 4章 被災地で出会った中高生のリアル
 5章 町の小さな高校と和菓子屋さんの挑戦
 6章 若者が夢や希望のもてる社会をつくるには
 おわりに――当事者として語ることの意味

2)本書から学んだこと
 ・貧困に陥らないためには、「金銭的な溜め」「人間関係の溜め」「精神的な溜め」が必要!
 ・”溜め”を失ったとき、大人でも”難民化”する!
 ・大人として必要なことは「個人として向き合う」「可能性を信じる」「姿勢を見せる」こと!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生/生き方/生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

自由なライフスタイルを手に入れるために、一つのことを一歩一歩進みながら身につける!『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』(阪口裕樹著)



パワートラベラー

これは本書うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話の著者である阪口裕樹さんが名乗っている職業の名前である。「パワートラベラー」と聞いただけではピンとこない方も多いだろう。阪口さんが名乗っている「パワートラベラー」の定義は以下の通りだ。

 パワートラベラーとは、旅をしながら旅資金を稼ぐ力のある人をいう。
 ただ旅をするだけの旅人でもなく、休暇で旅行を楽しむビジネスマンでもない。
 企業や組織から独立し、世界中どこにいても、ひとりで資金を稼ぐ力があること。
 世界を自由に飛び回りながら、そこで見つけたアイデアを形にし、ビジネスを膨らませていく力があること。
 好きな街に住み、好きな人と一緒にいられる力があること。
 そんな自由が叶えられる仕事を、ライフスタイルを、僕はパワートラベラーと名づけた。

(本書より P237)


上記の定義で大きなポイントは「組織から独立し、自分の力で稼ぐ」ということだ。そして、それがいかに大変なことか?阪口さんが自分のライフスタイルを実現するための苦労が本書から伝わってくる。単なる「自由の香り」を漂わせるノマド本と一線を画す、「自由なライフスタイルを手に入れるための壮絶な格闘記」なのだ!

以下に本書の概要を記載する。

本書は阪口さんがうつ病となり、半年間寝たきりの日々から始まる。これは私の想像でしかないが、このときの阪口さんの気持ちは、働けない自分のもどかしさを感じながら生きている「絶望の日々」であっただろうと思う。しかし、人生を変えるのは常に人との出会いだ。阪口さんの人生を変えた出会いは伊波さんとの出会い。そして次の一言だ!

「働かないのは駄目ですか」
「駄目だな。それじゃあ何も見つからない。どんなことでもいいから社会と繋がることが大事なんさ。繋がりがなくなったら、本当に何も考えられなくなる。」
(本書より P64)


その後、阪口さんは引きこもっても収入を得ることができるアフィリエイトで稼ごうとするがうまくいかない。4ヶ月間も収益が0円も続く....「このまま続けても、同じ結果しかだせない。このまま引きこもっても変われない」と思った阪口さんは、想像もつかない行動に出る。

その後、阪口さんは福岡県の志賀島にある旅館のウェイターとして住み込みで働き始める。働くという感覚を取り戻すために!うつ病と対人恐怖症をムリヤリ治すために!そして、当座の生活費を稼ぐために!阪口さんの目標は決まっていた。「自由に生きるためには、どうやっても自分でお金を生み出す力を身につける必要がある」(本書より P125)。ウェブで生計を立てられるようになるために....

福岡県の志賀島で当座の資金を稼いだ阪口さんは、その後、大阪のあいりん地区に住み始めた。「ウェブで生計を立てるまで出て行かない」と退路を断って!阪口さんは知恵を絞り、情報を得ながら自分のサイトを作り、情報を発信しながら生活費を稼いでいく。その感覚は雇われて働いているときとは違うものだった。

 雇われて働いているときは、お金は毎月「もらう」ものだった。
 しかし今では、ハッキリ「稼いでいる」という実感がある。

(本書より P204)


そして、そこで人生を教わる人と出会う。元ヤクザの中條さんだ。中條さんから教わった話の中で、特に以下の言葉は響いたのではなかろうか?

「どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○○のない仕事だけはしたらあかん。それだけじゃ金じゃ絶対に買えん」
(本書より P216)
※○○○に何が入るかは、本ををご覧になって、ご確認ください


そして、あいりん地区から卒業した阪口さんは、今では「パワートラベラー」として自由に世界を飛びまわりながら仕事をしている....

以上、簡単に本書の概略を書いたが、読んだ方はどのように感じたであろうか?

私は本書を読んだ後は、「自分の力で稼いでで生きていく力を得るための壮絶な日々」を語っているように思えた。そして、自分の全てをさらけ出して本書で伝えたかったことは、「自分の力で稼いでで生きていくためには、自分の思い描くライフスタイルを明確にすること。そして、そこに向かってぶつかり続けること」なのだと思う。

アフィリエイトをやったことがある方は分かると思うが、アフィリエイトで稼ぐのは並大抵のことではない。毎月コンスタントに稼ぐことができるようになるためには、頭をフル回転させながら相当なパワーを注がなければ実現できない厳しい世界だ!本書を読むと、その厳しさを読みとることができると同時に、「ウェブで稼ぐようになるためには知恵と覚悟が必要」なことを改めて思う。

 企業や組織に属さず、ひとりで生きていく力を身につけるためには、相当の努力と時間が必要です。
(中略)
ただ自由になりたい、自由になるお金が欲しいという思いだけでは、その壁を乗り越えられません。これは、たくさんの方がアフィリエイトなどのビジネスに手を出し、結局諦めてしまうのと同じ理由です。
(本書より P252)


しかし、その一方で阪口さんは言う。

一つひとつの力を、一歩一歩進んで身につけていけばいいのだ。僕があいりんで、ひとりでも生きる力を身につけたように。
(本書より P223)


この言葉こそが、阪口さんが本書で伝えたかった「自由を手に入れる」ために必要な最大のメッセージではないかと思う。


【本書のメッセージ】

 三年半前、うつ病で寝たきりになったとき、僕はもう二度と社会と交われないと思っていた。

 僕はこのまま「ひとりぼっち」で生きていくのだと。

 自分は社会に何も還元できない、無価値な人間なのだと。

 お金になるような資格や技術はない。仕事に繋がるような人脈もない。人と接するような仕事も怖くてできなくなった。
 でも、思い返せば、うつ病になったからこそ、今のライフスタイルを叶えることができた。

 弱い自分を認め、弱い自分のまま生きていける方法を模索し、今こうして、異国の街の風景の中に立つことができている。

 企業や組織に頼らなくても、時間や場所にとらわれない、自由な働き方は叶えることができる。

 自分にしかできない「働き方」を、自分にしかできない「貢献」のあり方を模索し続けたいと思っている。

 これからも僕は世界を自由に飛び回り、自分にしか見えない風景をいろいろな人に伝えたい。

 そして、少しずつでも自由な人を増やす活動を続けていきたい。

 うつ病になったから社会から逃げ、周りの人から逃げ、ひとりぼっちになってしまった僕から、どうなっと「世界を自由に飛び回る力」をつけることができたのか?

 ここに至るまでの記録が少しでも誰かの背中を押せたら嬉しい。

(本書 序文より)


【ちょっと気になる!?】

著者の阪口さんの肩書きは「パワートラベラー」!PC1台で仕事をしながら自由に海外を飛び回る、そんな働き方を実践されております。そこで、今回は、ちょっと気になった旅行サービスをピックアップしてみました。

■トリッピース

旅行が好きな人が集まり、みんなで旅を話し合って予算を決めて旅をするSNSサイトの『トリッピース』 !旅好きが集まって決めた企画だったら、旅もなお一層楽しいものになるかも?



・「トリッピース」リンク
http://trippiece.com/home

■VELTRA / Alan1.net

VELTRA / Alan1.netは海外の現地オプショナルツアー予約専門サイト!現地で学ぶ料理教室や秘境探検といったオプショナルツアーを取りそろえております。
海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】

【関連書籍】



うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話

1)本書の内容
 
 STORY1 千葉の実家で寝たきりの日々
 STORY2 「働く」という感覚を取り戻す日々
 STROY3 あいりん地区で元ヤクザに人生を教わる日々
 EPILOGUE 世界を自由に飛び回りながら仕事をする日々
 SUPPLEMENT パワートラベラーという働き方

2)本書から学んだこと
 ・○○○な仕事は金じゃ買えない!
 ・自分の力で稼ぐための武器を身につけろ!
 ・ひとりで生きていく力を身につけるためには相当の努力と時間が必要!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生/生き方/生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。