【本文紹介】日記(悩み事、心配事を書き出し、頭から吐き出す)『“睡眠満足度”があなたの年収を変える!眠りの技法』(山本恵一著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年08月23日

【本文紹介】日記(悩み事、心配事を書き出し、頭から吐き出す)『“睡眠満足度”があなたの年収を変える!眠りの技法』(山本恵一著)



※献本ありがとうございます

■日記(悩み事、心配事を書き出し、頭から吐き出す)

 就寝時に考えごとや心配事をしてしまい、寝付きが悪くなってしまう場合は、日記を書くことを入眠儀式に組み入れてみましょう。

 たとえば、今自分が抱えている心配事やストレスと感じることなどを順を追って書き出してみる。

「今日、部長に怒られたマジむかつく」
 ↓
「原因は発注ミスだった」
 ↓
「部長の評価は下がったかもしれない」
 ↓
「今後の課題は発注ミスをしないことはもちろんだが、部長の評価を+にすること」
 ↓
「方法は…案件Aを成約に持ち込む。目標達成率を120%にする。次の飲み会の幹事を引き受けること。お中元が送る。…このくらいかな」
 ↓
「は?、今考えてもしょうがないな。明日から頑張ろう」

 このように、現状の問題点が明らかになり、今の自分の状態を客観的に見られるようになります。そうすることで、不思議と不快な気分が和らぎます。

 考えを言葉に出すと、脳は無意識のうちに何らかの解決策を探そうとします。「こうすれば解決できませんかも」といったものを自然と見つけ出し、脳の中を心配事からくるストレスから解放してくれます。

 最後に、就寝前の日記は、必ずパソコンではなく、手書きにしましょう。仕事でパソコンを使う人は、なおさら、手書きによって、気持ちを「ON」から「OFF」に切り替えられるでしょう。

(山本恵一著『“睡眠満足度"があなたの年収を変える! 眠りの技法』より P141〜P142)


日々の生活を送るなかで、いやなこと、怒り、心配なことが発生する。そしてそれは時には強いストレスとなる。そんな強いストレスを受けた状態のときというときは、どうしても寝付けなくなることが多い。そんなときは、頭の中にある、いやな感情を吐き出す必要がある。そんなときは「書いて、表に出すこと」が有効だ。「書くこと」により、頭の中に溜まっていた感情を表に出すことができ、そして、すっきりとする。

寝る時に、もやもやとした気持ちは後々にも影響を与える。すこしでもすっきりとした状態で眠りにつきたいですね!





【関連書籍】



“睡眠満足度"があなたの年収を変える! 眠りの技法

1)本書の内容
 
 CHAPTER1 寝室を整える
 CHAPTER2 寝る前の準備で「睡眠満足度」を上げる
 CHAPTER3 快眠はカラダの内側から
 CHAPTER4 良い目覚めを演出する
 CHAPTER5 昼寝&移動中に仮眠を取るコツ



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:健康
posted by まなたけ(@manatake_o) at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404208449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。