【本文紹介】harvest『"美しい瞬間"を生きる』(向田麻衣著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年08月19日

【本文紹介】harvest『"美しい瞬間"を生きる』(向田麻衣著)



■harvest

 たくさんの人に支えられていることはわかっている。
 それでも、インドからの帰りのフライトで、これから先も、ずっと、ひとりで、このつらく厳しい出来事や現実を見て、乗り越えていかなければいけないのかと思ったら、アイマスクをしたまま涙が溢れてきた。
 去年一年間は違和感のあることをひとつずつ、明らかにして、手放してゆく時期だった。
 ものすごくつらかたし、自分の過ちを認めることも苦しかった。
 今もその作業は続いている。
 去年の今ごろにいただいた仕事が長期に延びて、そのあたりから飛行機に乗るたびに息苦しくなったり、動悸が激しくなることが増えた。
 去年から今年の初めあたりまでは海外出張が怖かった。
 今は自分なりの対処法をいくつか試しながら、だましだまし飛行機に乗っている。
 周りの人から強い人だと言われて、そして、その度に泣きたい気持ちになる。
 本当は苦しかった。
 その日々の中に見つけられる、微かな光を集めて話しているだけ。
 今は、種をまかずに、刈り取ることはできないんだぁと実感している。
 刈り取るタイミングが近づいていることも感じる。

(向田麻衣著『美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)』より P137)


向田麻衣さんの著書『美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)』の本文紹介も今回で最後。今回は僕が一番印象に残ったエッセイ「harvest」を記載した。

「違和感のあることをひとつずつ、明らかにして、手放してゆく」という作業が「つらい」と著者は言う。その気持ち、ものすごく分かる気がする。なぜなら、自分も今、「違和感のあることをひとつずつ、明らかにして、手放してゆく」という作業を行っているからだ。

”違和感があること”ということは、自分の心が望むものとは違う方向でものごとが進んでいる。そして、”違和感を手放す”作業を行うために「なぜ、そうなったのか?」ということを考えるとき、自分が避けて来た”嫌な面”にも目を向けなければならない。誰しも、自分が避けて来た”嫌な面”に目を向けることはつらいことだ。それゆえに、”自分を見つめ直す作業”というのは、時に苦しい。

だが、植物がよい果実を実らすために”間引き”が必要なように、自分が次の舞台でよい果実を実らすためには。”違和感を手放す”という”間引き”が必要となる。そうしないと、”違和感”に心が奪われることにもなりかねない。

このような作業を通じて実らした果実は、輝かしいものとなっているだろう。そして、輝かしい果実を実らせ、刈り取る瞬間こそ、”至福の瞬間”と感じるのだ!


【関連書籍】



美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

1)本書の内容
 出会いとはじまり
 世界と日常
 愛と自由



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | U25 SURVIVAL MANUAL SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。