【本文紹介】好きな人の鎖骨『"美しい瞬間"を生きる』(向田麻衣著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年08月18日

【本文紹介】好きな人の鎖骨『"美しい瞬間"を生きる』(向田麻衣著)



■好きな人の鎖骨

 好きな人の鎖骨にキスをしたまま眠ること以上に幸せなことがあるだろうか。毎朝 一緒に目覚めて、ご飯を食べて、それぞれの仕事に出かけて、夜は待ち合わせをして、 天気のいい日はテラスの席で食事をして、ワインを買って帰る。何気ない日々の報告 をして、同じベッドに潜り込む。そこには彼のお気に入りの音楽が流れている。私は いつもその曲のタイトルを知らない。翌日も、同じように時間が流れ、一緒に映画を観た日は、私より先に泣いてしまう彼をうらやましく思いながら、その夜も一緒に眠る。そういう暮らしをすることを私は一番大切にしている。この話は親しい友人にしかしない。だから、読んでくれる女の子たちの間だけの秘密にしてほしい。

 目の前の、たったひとりの人に、ひとつのことを伝えるために、人生のすべてを 使っても構わないのではないか。私はそう思っている。

 私は自分の始めた仕事を心から愛している。この仕事を神様から与えられたことを幸運だったと感じる。投げ出したくなるときは何度もあったし、これからもあるだろうけれど。

 「国際貢献」や「ソーシャルビジネス」について考える。私はビジネスを世界中で展開するつもりだ。ただ、私は愛する人たちをないがしろにしてまで仕事をしないだろう。私は聖人じゃない。

 私は自分の「女性性」ついて考える。日本にはこの人のようになりたいと思えるような女性の経営者がまだ少ないと思う。隠すか戦うか。この国はまだまだ、女性にとって生きづらい場所がたくさんある。

 評論家になるつもりはない。ただ、私は大切な人と、愛に溢れた自由な時間を過ごしながら、自分の仕事をするだけ。

 くり返しになるけれど、目の前の、たったひとりの人に、ひとつのことを伝えるために、人生のすべてを使っても構わないのではないか。私はそう思っている。

(向田麻衣著『美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)』より P157〜P158)



「好きな人の鎖骨にキスをしたまま眠ること以上に幸せなことがあるだろうか」という出だしに、思わずドキっとした。それと同時に、好きな人とつながりを感じながら幸せをかみしめていたいという著者の気持ちが伝わってきた。

その一方で、著者は、働く女性が生きづらい環境にあると感じている一面も見せている。世界経済フォーラムが発表した2013年度のジェンダーギャップ指数によると、日本は136カ国中105位とOECD諸国中最低レベルに位置している。まあ、このような指数を出さなくとも、多くの女性は一定時期になると「仕事か?育児か?」という二者択一の選択に迫られる。そして育児を終え、仕事に復帰しようと思っても、自分の望む場所で働くことができない。あるいは、仕事に復帰したとしても、同時の男性社員とはキャリア面でかなり引き離された状態に愕然としてしまう。著者は社会起業家として注目を集めている経営者である。だが、注目を集めている経営者がゆえに、「この国はまだまだ、女性にとって生きづらい場所がたくさんある」と思うところが多々あるのだろう。そして、そんな環境下にいるからこそ、「私は大切な人と、愛に溢れた自由な時間を過ごしながら、自分の仕事をするだけ」と、自分に言い聞かせるかのように、強い決意を表しているようにも思う。

そんな日本の仕事環境に違和感を抱いている女性は多いだろう。そして、家族や恋人など大切にしたいと思う人とつながりを感じながら幸せな時を過ごしたいとも思っている。そんな違和感と願望を抱きながら生きている多くの人の気持ちを端的に表しているこのエッセイに共感を持つ人は多いだろう。

好きな人と一緒にいて、つながりを感じながら一緒に生きるということ。それは老若男女問わず、誰しもが”美しい瞬間”と感じるときだと思う。そんな”美しい瞬間”が多く訪れるといいなあ!


【関連書籍】



美しい瞬間を生きる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

1)本書の内容
 出会いとはじまり
 世界と日常
 愛と自由



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | U25 SURVIVAL MANUAL SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403939795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。