「至福ポイント」を仕掛けたアメリカ加工食品の内幕を暴いた本!『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』(マイケル・モス著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年07月26日

「至福ポイント」を仕掛けたアメリカ加工食品の内幕を暴いた本!『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』(マイケル・モス著)



※献本ありがとうございます

本書フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠を読んでみた。

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)』を読んで以来、製糖の危険性についてはかなり認識するようになったが、本書『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』で突きつけた現代の加工食品に対する事実は、一瞬「冗談か?」と思うほど、我々に大きな衝撃を与える。

著者はニューヨーク・タイムズの記者、マイケル・モス。2010年に食肉汚染の調査報道でピュリツァー賞を受賞した敏腕記者だ!そのモスが書いた本書は、アメリカの食品業界が仕掛けた罠を暴いている。

本書は「加工食品は、大きく3要素が土台となっている」と喝破する。その3要素は「糖分、脂肪分、塩分」である。本書の目次のタイトルとなっている。

 その中でも特に注目したいとのが、「糖分」で明らかにしている「至福ポイント」と呼ばれる人間の脳が満足する糖分摂取の量だ。脳の仕組みを簡単にいうとは、脳は栄養よりも快楽や興奮を引き起こす力を求めている。ラットでの研究で明らかになっているように砂糖には「依存性」が確認されている。「依存性」という性質を利用しながら、食品メーカーは身体の仕組みを巧みに利用し、脳が満足する糖分摂取を欲求し続ける「至福ポイント」を追求し、食品に糖分を添加し続けた。このため、人間は加工食品に含まれた砂糖を求め続け、依存することになる。本書はケロッグなどの巨大食品メーカーの戦略を例に挙げ、企業が「至福ポイント」を追求しながら、いかに幼少期の頃から加工食品に依存するための仕組みやマーケティング戦略を繰り広げてきたか論証している。本書で明らかにされた仕組みにこそ、過食を誘発させ、健康を脅かす罠が潜んでいる。

本書は500ページを超える大作となっており、読むのに一苦労の作品だ。しかし、本書に書かれた内容は、私たちに健康を脅かす「食の危険性」を警告し、私たちに食に対する認識を正面から問い直すことを促している。


【本書のポイント】

■子どもの体の仕組みを利用する

 子どもと糖との関係には、極めて興味深い側面があった。それは食品産業にとって経済的に重要な側面でもあった。メネラは25年かけて、その領域に誰よりも接近した科学者となった。最新の研究で彼女は、5〜10歳の子ども356名を対象に糖の「至福ポイント」を調べた。食べ物や飲み物を最もおいしいと感じる、それ以上でもそれ以下でもない甘さである。
(中略)
 至福ポイントに関して企業が直面する唯一の課題は、至福ポイントにぴったり狂いなく合わせた製品を作ることだ。ケチャップであれヨーグルト菓子であれパンであれ、甘味が足りなければ売れない。別の言い方をすれば、ケチャップであれヨーグルト菓子であれパンであれ、製品ごとに糖分の正確な至福ポイントを見いだすことができれば、もっとたくさん売れる、ということだ。
(本書より P41〜P43)


【ちょっと気になる!?】

■ナイアシンアミド



今回紹介するナイアシンアミドは、糖分排出の働きを助けるナイアシン(ビタミンB3)が詰まったサプリメントです。

ナイアシン(ビタミンB3)は体内において、以下の働きに利用されます。

■ナイアシン(ビタミンB3)の働き
・糖質、脂質、タンパク質の代謝を助ける
・脳神経のはたらきを助ける
・血行をサラサラにする
・性ホルモンやインスリンの合成を行う際に使用される

私個人としては糖類が非常に好きで、頭を活性化させるために、缶コーヒーを1日4〜5本を飲んでおりました。他にも糖類を過剰摂取していた生活を送っておりました。その結果、
・糖分を摂った後はいいが、しばらくすると頭がボーとする
・身体がダルい、フラフラ、動悸がする
といった、「低血糖症」と思われる身体不調に長年苦しめられことになります。逆に、糖分の摂り過ぎが裏目に出た結果です。そのため、身体に溜まった糖分などの毒素の代謝が必要がありました。身体に溜まった糖分や老廃物を排出するために、このサプリメントを飲み始めたのです。

薬剤師さんの指示に従い、実際に、ナイアシンアミドを飲んでみると、1週間ほどで効果を実感できるようになりました。

まず、一番大きく変わったのが「糖分を欲しなくなった」ということ!一度、「たまには缶コーヒーを飲んでみるか!」と思い、缶コーヒーを飲んだことがありますが、「まずくて飲めない!」と感じたのです。身体自体が糖分を欲しなくなったのですね!

それ以降、体質が変わったのか
・糖分を摂った後はいいが、しばらくすると頭がボーとする
・身体がダルい、フラフラ、動悸がする
といった、長年苦しめられていた症状が緩和したのです。(あくまで、個人の感想です)。

(注意)
ナイアシンを過剰摂取すると、肌の紅潮や、かゆさが生じる などの「フラッシング症状」が起こることがあります。使用の際には、発売元である「さいたまラボ」様にご相談の上で、サプリメントの注意書きをよく読んで服用してください。


【関連書籍】



フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

1)本書の内容
 
 第T部 糖分
 第U部 脂肪分
 第V部 塩分
 エピローグ 我々は安い食品という鎖につながれている



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:健康
posted by まなたけ(@manatake_o) at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402630152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。