【マインドマップ付き】放送作家が体得した「スルーされないための3原則」をビジネスや日常生活で使っていこう!『スルーされない技術』(石田章洋著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年07月21日

【マインドマップ付き】放送作家が体得した「スルーされないための3原則」をビジネスや日常生活で使っていこう!『スルーされない技術』(石田章洋著)



※献本ありがとうございます

ビジネスにおいて、顧客に提案を行ったが顧客からの反応がなかった…あるいは、プライベートにおいて、友達にメッセージを送ったが返信が来なかった…このように、人間関係において「無視される」「スルーされる」状態が発生したとき、「無視された」「スルーされた」本人は強い不安感に襲われ、ひいては自分の存在性、自信を失ってしまう。

では、スルーされないためには、相手とどのようなコミュニケーション術が必要か?

本書スルーされない技術
 ・スルーされないための伝え方
をテーマに掲げ、「相手の心を離さない伝え方」に必要なルールやスキルが書かれた本である。

著者の石田章洋さんは人気テレビ番組を手掛ける放送作家である。”人気テレビ番組を手掛ける放送作家”と書くと、「コミュニケーション術とは関係ないじゃない」と思うかもしれない。

しかし、放送作家に求められるミッションは、「面白かったので来週も見よう」と視聴者に思ってもらうことだ。視聴者にスルーされては、番組の存在意義が問われかねない。視聴者にスルーされず、視聴者の心を掴み、掴んだら離さないための台本を書くことが生命線となる。常に視聴者にスルーされない伝え方を考えながら、台本を書くことが必要となるのだ。著者の石田さんは視聴者に「スルーされない伝え方」を行い、番組を通じて視聴者や関係者とコミュニケーションを取ってきたがゆえに、「世界ふしぎ発見!」などの人気番組を継続的に手掛けることができたのだと思う。

本書を通じて石田さんが述べたいことは、以下の3原則
 1.相手の心を一瞬でつかむ
 2.つかんだら離さない
 3.次回も観たいと思わせる

を基に、著者自身が培った「スルーされない伝え方の技術」である。そして、本書は「スルーされない伝え方の技術」を伝えるために、以下の構成で書かれている。

・「スルーされる人」と「スルーされない人」の違い
・つかみの法則
・引き寄せのルール
・次回も会いたいと思ってもらえる「話の締めくくり方」
・人の心をつかんで離さない話をするための「型」


ところで、今回は久しぶりに本書のポイントをまとめたマインドマップを掲載したが、このマインドマップに書いたキーワードを眺めると、「スルーされない人」は
 ・言葉や表現が、とことんポシティブ
 ・相手を”いい気分”にさせている
 ・他人のよい部分を認め、感謝を忘れない
など、「スルーされる人」に比べて”相手のことを考え、相手に対する気づかいを行っている”ことに気づく。視点が”自分を中心に”ではなく”相手を中心に”考えているため、相手の立場になって”話を組み立てる”ことができ、また、相手を喜ばせたり幸せにすることを考える。よって、最終的には相手の気持ちを”つかむ”ことができるのであろう。

本書に書いていることを身につけるためには、最終的にはトライ&エラーで思考錯誤しながら身につける必要があると思う。とはいえ、本書に書いている内容を整理するだけでも、本書からいろいろな気付きをいただき、かなり勉強になった。「スルーされているかな?」と思っている方に限らず、コミュニケーション能力を磨きたいと思っている方にとっても勉強になる本だと思う。


【マインドマップ】

本書のポイントをマインドマップでまとめました。マインドマップに描いたキーワードの詳細につきましては、是非、本書でご確認をお願いいたします。

image.png
拡大表示は以下のリンクをクリック!
なお、スマホでは綺麗に表示できないかもしれませんが、ご勘弁を(^^;)
スルーされない技術.html

そして、スマホの方は以下のリンクをクリック!マインドマップの内容を階層構造で表しました。
スルーされない技術.mm.html


【関連書籍】



スルーされない技術

1)本書の内容
 
 まえがき
 第1章 「スルーされる人」と「されない人」の違いとは?
 第2章 スルーされないつかみ≠フルール
 第3章 つかんで離さない≠スめのルール
 第4章 また会いたいと思わせる話の締めくくり方
 第5章 明日から使える伝え型
 あとがき

2)本書から学んだこと
 ・「スルーされない伝え方」にはさまざまなルールが存在する!
 ・「相手の立場になって考える」ことが必要!
 ・「トライ&エラー」で実践知を積み重ねることが必要!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | コミュニケーション/ダイアログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます!
Posted by 石田章洋 at 2014年08月13日 05:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。