「7つの習慣」のエッセンシャルを、まんがを通じて理解する!『まんがでわかる7つの習慣』(まんが・小山鹿梨子/監修・フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年06月26日

「7つの習慣」のエッセンシャルを、まんがを通じて理解する!『まんがでわかる7つの習慣』(まんが・小山鹿梨子/監修・フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社)



本書まんがでわかる 7つの習慣は、2013年に発刊された完訳 7つの習慣 人格主義の回復をまんがで分かりやすく解説した内容の本だ。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復』は、著者であるスティーブン・R・コヴィー氏の没後1周年に発刊された本だ。だが、560ページにも渡る同書を一度読んだだけでは、著者が伝えようとしていることを理解することは難しい。そこで本書は同書が伝えようとしているエッセンシャルをマンガで伝えようとしている。

本書には3人の登場人物がいる。バーテンダーを目指してバー「セブン」にアルバイトをしている主人公の中田歩、バー「セブン」のマスター・正木零司、そして、レストランオーナーでありバー「セブン」の常連客でもある八神貴臣の3人だ。特にキーとなる登場人物が八神貴臣。本書は主人公である中田歩がアルバイトで出会ういろいろな人々や出来事から人生において重要な事を学んでいく展開となっているが、状況を考察した上で、「7つの習慣」の考え方を述べる”まとめ役”として八神貴臣が位置づけられている。

ちなみに、私が八神貴臣のセリフでドキっとしたのが以下のセリフだ。

 君は何でも受身なんだね。ただ状況に流されて行動しているだけじゃないか。上司がやれと言ったらやる。やるなと言ったらやならい。「明日から会社に来なくていい」と言われたら辞めるのかい?自分の力が発揮できないことを環境や状況のせいにするのはただのわがまま。それじゃ「何もしません」と言っているのと同じだ。「与えられた環境でどう振る舞うか」でしか人間は前に進むことはできないのに。
 君はいかにも「上司からは何も学ぶことがない」という口ぶりだったけど「彼から何も学ばない」という選択をしたのは君じゃないのか?
 つまり「行動しない」ことを選択しておいて「いい芽が出ない」と文句を言っているだけなんだよ。
 言われるままに振る舞うのではいつまで経っても自分らしい人生なんか引き寄せることはできない。どんな些細なことでも「自分で選ぶ」ことを意識しないとね。
(本書より P36〜P37)


「言われるままに振る舞うのではいつまで経っても自分らしい人生なんか引き寄せることはできない。どんな些細なことでも「自分で選ぶ」ことを意識しないとね」という八神貴臣のセリフが「第1の習慣 主体的である」のポイントを示している。そして、同様にそれぞれの習慣においてポイントとなる記述が彼のセリフには書かれている。マンガで描かれた状況を把握をしながら八神貴臣が何を述べているのかに注目することにより、「7つの習慣」のエッセンシャルを掴みやすくなると思う。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復』を読んでも内容を掴むことが難しいと思ったとき、本書を読んでみて、改めて『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』に帰って読んでみるというアプローチで、『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』の内容を深堀りすることができるのではないか?

そういう意味において、本書は『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』に帰って読んでみるというアプローチで、『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』の理解を助ける本となっている。


【本書のポイント】

■「7つの習慣」は人間を連続した成長に導く

 人間は赤ん坊のときは、すべてを他者に依存する存在だ。そこから自立に向かうが、真の意味での自立を達成するためには、第1、第2、第3の習慣が必要だ。これが「私的成功」だ。
 自立した人間は、尊重し合い、違いを認め合いながら、高度な依存関係(相互依存)を築くことができる。社会で生きる人間としての理想形で、これが「公的成功」となる。その達成に必要なのが、第4、第5、第6の習慣だ。さらに、知力や体力などを養い、人間としての外枠を広げていくのが第7の習慣。7つの習慣は相互に影響し合っており、1つの力を伸ばせば、他の力も成長する。大切なのは、私的成功があって初めて公的成功もあるということだ。
(本書より P26)


【ちょっと気になる!?】

■「7つの習慣」を実践する手帳「フランクリン・プランナー」

フランクリン・プランナーは7つの習慣の中で第1〜第3の習慣、そして第7の習慣を実践するために開発された手帳です。

この手帳には、
 ・第2の習慣「ミッション・ステートメント」作成用紙
 ・第3の習慣「重要事項を優先する」を実践する具体的な計画の立て方
 ・第7の習慣「刃を研ぐ」ための「1週間コンパス」
が含まれております。これらが含まれた手帳「フランクリン・プランナー」は、あなたが7つの習慣を実践するにあたり、必要なツールとなるはずです。




【関連書籍】



まんがでわかる 7つの習慣

1)本書の内容
 「7つの習慣」の前に意識すること 問題の見方を「インサイド・アウト」に変える
 第1の習慣 主体的である
 第2の習慣 終わりを思い描くことから始める
 第3の習慣 最優先事項を優先する
 第4の習慣 Win-Winを考える
 第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される
 第6の習慣 シナジーを創り出す
 第7の習慣 刃を研ぐ

2)本書から学んだこと
 ・真の成功は人格を育てることから始まる!
 ・まず第一歩は「主体的である」こと!
 ・「7つの習慣」は人間を連続した成長に導く!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 7つの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400361914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。