一見関係のない情報が「化学反応を起こす」ネタとなる!『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』(奥野宣之著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年02月16日

一見関係のない情報が「化学反応を起こす」ネタとなる!『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』(奥野宣之著)



※献本ありがとうございます

本書情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]は、2008年に刊行されたベストセラー『情報は1冊のノートにまとめなさい』の全面改定・増補版である。

旧版との違いを述べると、旧版は「情報整理」に主眼が置かれていることに対し、本書は「知的生産」に主眼が置かれているところである。

知的生産術については今まで多くの方法が提案されてきた。例えば、システム手帳を活用した方法、パソコンを活用した方法、近年はスマートフォンやタブレット端末を活用した方法など。新しい方法が提案されるたびに我々は大きな期待を抱き、学び、使いこなそうと努力してきた。だが、努力むなしく破綻してしまうことが多い。その理由として、「高度すぎるから」(本書より P15)と著者は言う。

 多くの分類・整理を基本にしたシステムは複雑すぎます。
 古くは、図書館のようにメモや資料を何十、何百という項目に分類して棚やキャビネットに整理するやり方が提唱されていました。最近の、デジタルツールを使った知的生産術でも、端末やアプリケーションを細かく設定して、同期設定やタグ付けの設定をしたりと、非常にややこしいものになっています。
 こういったやり方は一部の人にとっては良くても、ほとんどの人にとっては難しすぎます。また、はじめのうちはできそうでも、情報がたまるほど気軽に扱えないようになり、ますます複雑なものになっていくのは目に見えています。
 「分類・整理」自体は有意義なことだし、学者やジャーナリストにとっては必要な作業でしょう。しかし、普通の人にはおすすめできません。とてもじゃないけど、続けられないからです。
 結果的に、これまでの知的生産術は、「絵に描いた餅」になってしまっていました。
 理論としては「分類・整理で情報が活用できる」のかもしれませんが、多くの人にとっては「分類・整理のせいで情報が活用できない」ということになっていたのです。
(本書より P15〜P16)


では、著者が薦める方法とは?それはタイトルにある通り「情報をひとつのノートにまとめる」という方法である。本書に書かれているメリットをまとめると、以下の通りとなる。
 @「簡単」だからストレスなく続けられる
 A自由にアレンジしながら、自分のスタイルに最適化される


著者はスケジュール管理・アイデア・新聞記事・読書メモなど全て一冊のノートにまとめているとのこと。その根底にあるのは「アイデアとは既存の要素の新しい要素の組み合わせである」(本書より P160)という考え方である。

もし、情報が分類別に別々のノートにあったとする。このとき、それぞれのノートに書かれた要素は分類ごとに分けられているから、つながりが生まれにくい。しかし、「アイデアというものは、一見関係のない要素が有機的に結びついたときに生まれる」ことが多い。それが一冊のノートに集まっていると、ノートを見かえすことで、「お?これとこれを組み合わせることで、何か面白いことができるんじゃないか?」という”ひらめき”が起きやすくなる。

とはいえ、全てなんでもかんでも一冊のノートにまとめることは、人によっては”使いづらさ”を感じることもあるであろう。実際、私の場合も、スケジュール関連は、一つのノートではなく、デイリータイプの手帳で管理した方がやりやすい。ただ、「これは?」と思った情報について集めている「情報ノート」については、本書のやり方と同じように一つの手帳にまとめて書いたり貼ったりしている。個人的には、「その方が化学反応が起きやすい」と思うからだ。

本書の目的は、あくまで「知的生産」にある。そのために「一冊のノートにまとめること」を方法論として提案している。だが、その根底には「自分の感性でつくったノートだからこそ信じることができる」という著者の思いがある。自分の感性で自由にノートをつくるに当たり、ネタのストック方法としての本書の提案は大きな参考になるのではないかと思う。


【本書のポイント】

■ノートに集めるから素材になる

 ノートに記録した段階で記憶に刻まれているから、原稿を書いているときに「アレが使えるのでは??????」と思い出すことができるのです。
 つまり、ノートにあるから「アレを参照したい」と思うのであって、ノートにないものは、そう思うことすらほぼないわけです。
 これが、参照したいものが、ほぼ100%ノートから見つけ出せる理由です。
 デジタルツールでは、こううまくはいきません。
 情報をストックするとき、書いたり貼ったりという手間がかからないので、印象も薄くなってしまうのです。結果、「何かで読んだ」「どこかで見た気がする」と思い出したり、引っかかりを感じたりすることも少なくなってしまいます。
 ちょっとややこしいかもしれませんが、こういうことです。
 「知的生産の素材をノートに集める」のではなく、「ノートに(ピンときた情報を)集めると知的生産の素材になる」と。
 このような仕組みになっているから、本書のやり方でノートを使えば、何かの仕事をしているとき、
 ・考えを進めるための足がかりになる
 ・新たな視点、切り口が生まれる
 ・アイデアや発想を思いつく
 ・思いついたことを成果物に活かす
といった効果が得られるのです。
(本書より P33〜P34)


■「ごちゃまぜ」だからヒントになる

 プライベートで集めた情報が仕事のヒントになる。
 こう言い切ってしまうと、疑問に思う人もいるかもしれません。
 もちろん「ピンときた」「おもしろい」と思った雑誌の記事が、すべて企画になるわけではありません。「何かに使えるのでは」と思ったものの、そのまま遠い過去の情報になってしまうことも多いでしょう。
(中略)
 では、どんな情報が知的生産に使えるのでしょうか?
 10年以上ノートを使ってきた経験から言えることは、「使えそうなものほど使えず、使えなさそうなものほど使える」ということです。特に「仕事には何の関係もないが、おもしろい」という切り抜きや考えごとのメモほどアイデアの芽になることが多い。
 過去のノートを見てみると、まったく仕事に関係のない情報がたくさんあります。しかし、じっくり見てみると、直接的には活かされていなくても、仕事で突き詰めていくテーマや問題意識を孕んでいたり、考える手がかりになるようなものがたくさんありました。だから、「使えるか、使えないか」は、ほとんど考えなくて大丈夫です。
 自分の感性信じて、「おもしろい」「かっこいい」「きれい」「かわいい」「ほしい」「やってみたい」「便利だ」「行きたい」というものを、どんどん書き、貼るようにしましょう。
 大事なのは、「幅広い情報」の中から「ピンときたもの」を集めることです。
 すべてはそこから始まります。
(本書より P44〜P46)


■ピンときたものから「良さの本質」を考える

 ノートに入れていくのは、自筆のメモや新聞記事の切り抜き、本のコピーといった「読める情報」とは限りません。
 たとえば、僕が今使っているノートには、よく動物や風景の写真が貼ってあります。貼った理由は、「美しい」「かっこいい」「好きだ」と思ったから。それだけです。好きな写真を貼っても、ノートを見たときにいい気持ちになるだけで、知的生産には何の役にも立たなそうに思える。
 ところが、そうとも限らないのが、このノートを使った方法のおもしろいところです。
 ピンときた写真を貼ること。その最大のメリットは、「良さ」の本質を考えられる点です。
(中略)
 他にも、かっこいいなと思った広告デザインを貼っておけば、商品を魅力的に見せる方法や、キャッチコピーが与える印象などについて、じわじわ考えが深まっていくことが期待できるでしょう。
 このように「@収集」の過程では、「これは素材になるから」と意識的に取っておきたいと思う情報だけでなく、「なんとなくいい」「なぜか気になる」というものも取っておくことが大切です。無意識が「これは使える」と言っている可能性が高いからです。
(本書より P179〜P180)


■自分の感性でつくったノートを信じる

 知的生産のために、ノートに情報を入れ、読み返したり、カードに書き出したりする。その作業は無駄だらけかもしれません。しかし、それでもやらないと成果物はできない。「何気なく歩いていたら富士山の山頂を登っていた」ということは絶対にないのです。
 ちょっとした発想は不意に得られることがあっても、アイデアや成果物は意思なくして得られません。
 このことについて書かれたちょうどいい文章があります。

 「ひらめきというのは、ひらめこうと思って生まれるものじゃない。計算機を使う作業からはひらめきは得られない。とはいえ計算作業も、いつかひらめきを得るためには絶対必要な作業である。
 だから、たとえばある社会学者が、いい年をして、何万問もの、まったく些末な計算問題に頭を使っていたとしても、彼にとって損はありません。だたし、彼が計算を機械に任せようとしたら、彼は罰を受ける。何か大した結果を出したいと思っても、結果は出ません。出るとしてもつまらないものでしょう」(『現代訳 職業としての学問』マックス・ウェーバー著・三浦展訳/プレジデント社)

 ひらめきにおいて「こうすれば確実に起こる」という理論はありません。しかし、それでも起こると信じて作業を続けるしかない。まるで「信じるものは救われる」という魔法のようですね。
 知的生産の素材として、他人が書いた本や資料に100%の信頼を置くのは難しいかもしれません。それでも、自分が「おもしろい」と思った情報だけを入れたノートなら、信じるに値するものになっているはずです。
 自分のつくったノートを信じて手を動かし続けましょう。
(本書より P208〜P211)


【関連書籍】





情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

1)本書の内容
 
 完全版の刊行にあたって
 はじめに
 第1章 ノートで「読書体験」をマネジメントする
 第2章 必要な本を指名買いする「探書リスト」のつくり方
 第3章 読んだ内容を財産にする「読書ノート」のつくり方
 第4章 自分をつくるノートの「読み返し方」
 第5章 読書体験をより充実させる20のアイデア
 付録 ノートづくりに役立つ文房具26
 おわりに

2)本書から学んだこと
 ・量が質をつくる!
 ・「ごちゃまぜ」だからこそヒントになる!
 ・自分の感性でつくったノートだからこそ、信じることができる!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:奥野宣之
posted by まなたけ(@manatake_o) at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野宣之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。