書くことを通じて自分と対話ながら前に進む!『寝る前10分 人生を変える ココロノート』(河合薫著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年01月29日

書くことを通じて自分と対話ながら前に進む!『寝る前10分 人生を変える ココロノート』(河合薫著)



「5年後に必要とされる人材であることに、自信がありますか?」と聞かれ、どれだけの方が胸を張って「自信がある!」と答えられるであろうか?

本書寝る前10分 人生を変える ココロノートは、この問いかけから始まる。著者の河合薫さんは600名近くの方とのインタビューを通じて感じたことは「30代や40代の人たちが、喘いでいる」ということだ。多くの方が喘いでいる....そんな中で、振り切って新たな光に向かって歩き始める人も著者はたくさんみてきた。そのキッカケは”語る”ということ。”語る”ことで自分のことを振り返りながら整理することで光が見えたのである。本書のテーマは、「”語る”を”書く”に変えて自分と向きあい、潜在意識の奥にある”光”を見出し、一歩踏み出すキッカケをつくること」にある。

「書くこと」の効果については多くの本にて語られているが、ここでは赤羽雄二さんの著書『ゼロ秒思考』を紹介したい。

 メモに書くことで、もやもやした思い、懸案事項、考えも整理される。頭がすっきりする。もやっとした思いを言葉に直し、手書きし、目で確認することで、メモが外部メモリになる。そうすると、驚くほど頭の働きがよくなる。そう、人間の頭はそれほどキャパがあるわけではないので、何かに気を取られるとうまく動かないのだ。
 頭がうまく動くようになるだけではなく、なんとなく考えていたこと、なんとなくできていたこと、すなわち「暗黙知」がはっきりと形になる。つまり「形式知」化する。そうか、こうやって自分はやっていたのか、ということを初めて認識する。
(赤羽雄二著『ゼロ秒思考』 P65より)


書くことによって、潜在意識にあった「もやもや」が「はっきりとした形」に見えることができる。本書に書かれているワークは「過去の、そして、なりたい自分との対話」を意識した内容となっている。

そんな「書くことを通じて自分と対話を行う」ことをテーマとした本書の中で、私が特に印象に残った個所がある。それは「未来記憶」に関する記述である。

「未来記憶」と書いて、「なんのこっちゃ?」と思う方も多いであろう。「未来記憶」という概念は、スウェーデンの生物学者であるデービッド・イングバール博士が明らかにした概念である。

「人間の脳には絶えず未来を予知する力があり、人間は本能的に未来への行動計画を想像し、作り上げ、それは前頭葉に記憶されていく。その未来への記憶に合致する行動を意味あるモノとして受け止め、積極的に取り組んだり、努力する。未来と現在の間を行き来しながら、自分の行動を最適化する」
(本書より P19)


心の奥底に作られた「未来への行動計画」。しかし、心の奥底にある意識というものは光を感じているものの、揺らぎ、ぼんやりとした状態のままだ。だが、書くことによって「心の奥底にあるぼんやりとしたもの」が「明確な輪郭」が見えたとき、「自分の価値観」というものに気づく。

最後に本書の文章を読んで感じたことを書きたい。本書の文章を読むと、著者が「一寸先は闇かもしれないが、自分の価値観に気づき、光に向かって進むための助けとなりたい」と願っていることを文脈から感じるのだ。以下の文のように。

 不安の反対は安心ではなく、前に進むことです。前を向いて歩けば、進化した「自分」になれる。
 不安がないと人は変わらないし、不安があるから人は動ける。不安がないと、将来を見通すことすらできない・・・・・・。
 その最初の一歩を踏み出す勇気を、この本を読み終えたときに持てると信じて・・・・・・。
(本書より P2〜P3)



【本書のポイント】

■誰にとっても一寸先は闇

 あなたは「5年後に必要とされる人材である」ことに、自信がありますか?
 この質問にいったいいかほどの人たちが、 「あるある!私は大丈夫!5年後だろうと、10年後だろうと、どんな状況になっても大丈夫」と、胸を張って答えることができるでしょうか。
(中略)
 ホワイトカラー、ゼネラリスト、大企業、部長職、正社員。かつては存在した安定の拠り所が賞味期限を迎えています。企業の寿命と自分のサラリーマン人生の寿命の、どちらかが先に終わるかさえもわからない混沌とした世の中です。
 冷静に社内を見渡せば、ラインを外れた50代には仕事がない。早期退職という名のリストラに遭う可能性は非常に高い。たとえ雇用延長できたとしても、「え?そんな仕事をやらされてしまうのか?」とショックを受けるような"自分"にはなりたくない。
 グローバル化という名の名の下で、それまで中流層が手がけていた仕事は低コストで雇えるアジアなどの外国人の市場になりました。労働のダンピングは日々加速し、自社の得意とする事業分野に経営資源を集中的に投下する戦略、「選択と集中」が横行し、いつなんどき自分の部署がなくなるかもわかりません。
 今の時代は、誰にとっても、一寸先は闇ー。
 それは"できる人だけ"というよりも、"必要とされている人だけ"しか生き残れない時代が到来していることを意味します。
(本書より P15〜P18)


■「未来の記憶」を作る

 この本は"あなたのココロ"をノートに書き出すことで、「5年後の未来」を記憶することを目的にしています。
 「未来の記憶」なんて、意味がわからないと思うかもしれませんが、あなたが必要とされる人材になるためには、未来の記憶を作ることが肝心です。
(中略)
 5年後に必要な人材になるには、会社や社会が押しつける「キャリア」ではなく、自分の意志で描く「キャリア」を作らなくてはなりません。
 「どんな働き方をしたいのか?」、「どんな生き方をしたいのか?」。何度でも自問する。そこで得た答えが、"光"です。光を見つけるのは決して難しい作業ではありません。自分の心と対話すればいい。たったそれだけです。
 「5年後に必要とされる人材になる」ためには、自分の生き方を、大切なものを見極めることが必要です。そして自分を信じ、一歩踏み出す勇気を持つ。それは、納得できる人生を作り上げることでもあります。
 その未来の光を、ココロノートに記憶するのです。
(本書より P18〜P21)


■ライティングメソッドの効用

 この「書く」という行為が、古くから認知行動療法などに用いられたライティングメソッドと似ていると知ったのは、大学院でストレス研究を始めてからでした。ライティングメソッドは心理療法の一つで、自分の気持ちを言葉にして書き出すことで、人間前向きな力を引き出す方法です。
 書くことには、カタルシス効果があるため、「書く」だけですっきりします。また、自分について書くには、自己を客観的に見るまなざしが必要となるため、本当の自分の気持ちや状態を知ることができます。気持ちが言葉に変換されると、自分が言いたかったこと、すなわち「自分の言い分」がきちんと整理されます。
 さらに、書いたものを何度でも読み返すと、思考回路が刺激を受け、それまで見えていなかったことが見えてくる。そんないくつもの効果が、「書く」という行為には存在するのです。
(中略)
ココロノートは、あなたの潜在意識を言葉に換えるノートです。心の中にあるものを吐き出し、自分と対話し、前に進むエネルギーを引き出してください。
(本書より P53〜P54)


■あきらめたくない

 バブルが崩壊して以降、私たちはいろいろなことを、あきらめなければならなくなりました。それまで当然だったことが当然でなくなり、当たり前だったことが当たり前ではなくなりました。
 そして、これから先も、あきらめなければならないことは増えていくかもしれません。
 私が社会人になった頃、今のような時代がくるとは、これっぽっちも想像していませんでした。キラキラ光り輝く未来が待っている。そう信じていました。
 しかしながら、時代は変わり、そんな未来はこないことがわかりました。その一方で、あの時代には気付かなかったころに、価値を見いだすようにもなりました。
 働き方、キャリア意識も変わりました。いや、変わりつつある、といったほうが正確かもしれません。あるいは、その変化を無意識に否定している自分が心の底にいる。
 だから不安なのです。取り巻く環境と、自分の気持ちと、その気持ちの奥に潜む潜在意識が、あべこべなのです。
 おまけに、社会が未知の時代に突入したことで、自分の力ではどうすることもできない、予期せぬ雨に降られて、途方にくれるような事態に遭遇するかもしれないという不安もある。
 その不安から逃れるために、思考停止に陥っているように思います。
 だからこそ、自分の心と向き合い、自分の足で立つ努力が必要なのです。
(本書より P151〜P152)


【関連書籍】





寝る前10分 人生を変える ココロノート: 5年後、必要とされる人材になる!

1)本書の内容
 
 プロローグ 5年後、必要とされていますか?
 レクチャー1 ココロノートとは。 
 レクチャー2 自分史を作る  
 レクチャー3 サクセスストーリーを作る
 レクチャー4 マイ・キャリアを作る
 エピローグ

2)本書から学んだこと
 ・不安があるからこそ人は変われる!
 ・書くことを通じて自己との対話を行う!
 ・未来の光をココロノートに記憶する!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:自己啓発
posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。