2013年スタート!決意を新たに「本が持つ面白さ」を伝えていきたいと思います!: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2013年01月01日

2013年スタート!決意を新たに「本が持つ面白さ」を伝えていきたいと思います!

新年あけましておめでとうございます。

平素はブログ「ビジネス書のエッセンス」をご愛読いただき、ありがとうございます。

2013年がスタートをしました。2013年の正月を皆様はいかがお過ごしでしょうか?
自宅で、それとも故郷で、はたまた旅先で日頃の疲れを癒しながらお過ごしとのことと思います。
私も今年の正月休みは普段より長いので、本を読みながら、ゆっくりと過ごしたいとと考えております。

「一年の計は元旦にあり」と言います。
と言う訳で、今年のこのブログにおける目標を掲げたいと思います。

【今年の目標】

1)ブログの世界に読者を引き入れ、その本の持っている面白さを伝える
2)そのために、ブログの構成を見直しを含めて伝え方を工夫し、文章力を磨く


この目標を掲げるにあたり、ヒントとなったのは以下の記事です。
日本のビジネスには”読書”が足りない 鹿島茂×成毛眞

特に印象に残ったのは、以下の鹿島茂さんの言葉です。

私が20年続けている毎日新聞の書評ですが、ここの担当者が掲げた「書評3原則」というのがあります。これがすごく実践的で役に立つ。

1番目は、「最初の3行で引き入れろ」。読者は基本的に忙しい。だから最初の3行が面白くなかったら、絶対に書評を読んでもらえない。読んでもらえなければ、とりあげた本を面白いとも思ってもらえない。だから、最初の3行が重要です。

2番目は、他の人にその中身を吹聴できるくらい、その本の面白さを要約しよう。これもけっこう難しいんですが、ほら、面白かった本や映画って、家族や友達にいかに面白かったのかを話したくなるでしょう? 書評ってあれの延長みたいなところがある。だから、逆に、読んだばかりの本について家族や友達に話してみるんです。人に話しているうちに、要約がうまくなる。どう伝えると面白さが伝わるからわかってきますからね。つまり書評もうまくなるわけです。

3番目は、けなし書評はやめろ。けなすのは簡単なんです。あら探しですからね。ほめるほうがずっと難しい。けなしたくなるような本は、人に勧めるわけじゃないんだから、そもそも書評しなくていい。面白かった本の面白いところを人に伝えてこそ、いい書評です。
日本のビジネスには”読書”が足りない 鹿島茂×成毛眞』より


この文章を読んだとき、「ハッ」と思ったことがあったんです。
「自分の文章は”最初3行で読者を引きいれる”ことができたのだろうか?いや、3行とは言わずとも、自分の文章で読者を引き入れ、その本の持つ面白さを伝えてきたのだろうか?」と....「けなし書評」は基本的に行ってはこなかったのですが、「その本の魅力や面白さ」を本当に伝えてきたのだろうか?単に自分の感想に終始していただけではなかろうか?と....先の対談を読み、考える所があったわけです。

というわけで、今年はブログの構成の見直しを含め、より「その本が持つ魅力や面白さ」を伝えるため、文章力を磨きながらブログを書いていきたいと思います。

最後に、読者の皆様にとって、この1年が素晴らしい1年となりますことを願っております。

本年もよろしくお願いいたします。m(_)m

ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。