話題の「kindleストア」が本日スタート!: ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2012年10月25日

話題の「kindleストア」が本日スタート!

 アマゾンジャパンは10月24日、日本向けの電子書籍販売サービス「Kindleストア」を10月25日に開設すると発表した。あわせて、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」とタブレット端末「Kindle Fire HD」の国内予約販売を開始している。
 10月25日オープンのKindleストアは、「オリコン週間“本”ランキングのBOOK(総合)、文庫、コミック、各部門の上位の多くのタイトルをカバー」(同社)したサービスになると謳っている。
 日本語の電子書籍は1万5000を超えるコミックと名作などの無料タイトル1万以上を含む、総計5万以上の規模。書籍のラインアップには冲方丁著『光圀伝』、辻村深月著『ツナグ』などを揃えた。また、貴志祐介著『新世界より』特別限定版、近藤麻理恵著『人生がときめく片づけの魔法2』、大沢在昌著『新宿鮫』全巻など、68作品をKindle ストアで先行・独占販売する。
 コミックでは、ヤマザキマリ著『テルマエ・ロマエ』、大高忍著『マギ』などの作品をラインアップ。また、11月2日発売予定の貞本義行らが描く『新世紀エヴァンゲリオン 13巻』の独占先行予約をストア開設と同時に開始する。
 日本語の書籍やタイトルの提供にあたっては、角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、小学館、新潮社、文藝春秋社が協力した。
 KindleストアはKindle PaperwhiteやKindle Fireだけでなく、AndroidやiPhone、iPadなどのKindleアプリを通じて利用することもできる。Kindleで購入したタイトルをスマートフォンやタブレットで読むことも可能だ。
(CNET Japan『Kindle ストアが10月25日にオープン--日本語タイトルは5万以上』より)


本日(2012年10月25日)、「kindleストア」がオープンいたしました。
kindleストアのオープンは「日本の出版業界に大きな影響を与える?」とも言われています。
そこで、今回は
 ・Kindle PaperwhiteとKindle Fire HD
 ・紙の書籍とkindle版の価格差
 ・Kidle ダイレクト・パブリッシング
の内容を簡単に書いてみたいと思います。


【Kindle PaperwhiteとKindle Fire HD】

kindleストアの開設に伴い、電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』とタブレット端末『Kindle Fire HD』の国内予約販売が開始されております。


■電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』

「Kindle Paperwhite」はE Ink スクリーンを採用した電子書籍リーダー。
「Wi-Fi」対応の『Kindle Paperwhite』が¥8,480、「無料3G + Wi-Fi」対応の『Kindle Paperwhite 3G』が¥12,980となっております。


■タブレット端末『Kindle Fire』

また、タブレット端末の『Kindle Fire HD』は、ディスク容量が8GBの『Kindle Fire』が\12,800、『Kindle Fire HD』の後継機種と位置付けられている『Kindle Fire HD』。ディスク容量が16GBのタイプは¥15,800、ディスク容量が32GBのタイプは¥19,800で販売されております。

なお、kindleアプリは、スマートフォンではiPhone & iPod touch、Androidに、タブレットPCはiPad、Androidに対応しております。(もちろん無料)


【紙の書籍とkindle版の価格差】

今回のkindleストアのオープンで、紙の書籍とkindle版の価格差どれくらいあるのか?に注目をしておりました。
いくつか例をあげてみましょう。

■人生がときめく片づけの魔法2(近藤麻理恵著)

・紙の書籍:『人生がときめく片づけの魔法2』 ¥1,470


・kindle版:『人生がときめく片づけの魔法2: 2』 ¥1,000


・価格差:¥470


■ワーク・シフト(リンダ グラットン著)

・紙の書籍:『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』 ¥2,100


・kindle版:『ワーク・シフト (孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>)』 ¥1,500


・価格差:¥600


■大富豪アニキの教え(兄貴(丸尾孝俊)著)

・紙の書籍:『大富豪アニキの教え』 ¥1,680


・kindle版:『大富豪アニキの教え』 ¥1,280


・価格差:\400


3つの例をあげて価格差を見てみました。人気の本で、おおよそ¥400〜¥600の差といったところでしょうか?


【Kidle ダイレクト・パブリッシング】

なんといっても最もインパクトが大きいのが、この「kindle ダイレクト・パブリッシング」だと思っております。
ちなみに、ロイヤリティは通常は35%、話題の70%のロイヤリティオプションもあり!(利用規約はこちら

この「kindle ダイレクト・パブリッシング」の一番のインパクトは、「誰もがkindleで出版できる時代が日本にもやってきた」ということです。
しかも電子書籍では最大のプラットフォームのkindleですから、ヒットすれば、そのインパクトは大きいでしょう。

●参考記事
“Kindle本”自費出版「Kindleダイレクト・パブリッシング」日本版スタート(Y!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121025-00000054-zdn_n-inet


kindleストアのオープンで、日本の電子書籍はどのように変わるのか?推移を見守っていきたいと思います。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:電子書籍
posted by まなたけ(@manatake_o) at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。