【マインドマップ付き】「会社をつくるための実践的なノウハウ」がトコトン書かれている本!『トコトンわかる 株式会社のつくり方』(原尚美/吉田秀子/渡邊央著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2012年08月16日

【マインドマップ付き】「会社をつくるための実践的なノウハウ」がトコトン書かれている本!『トコトンわかる 株式会社のつくり方』(原尚美/吉田秀子/渡邊央著)


トコトンわかる株式会社のつくり方
  • 原尚美
  • 新星出版社
  • 1575円
Amazonで購入


トコトンわかる株式会社のつくり方を読んでみました。

本書は著者の一人である原尚美さんより献本いただきました(原さん、ありがとうございます)。「会社を作る」ということを全く考えたことがない私にとっては、本書の内容は非常に勉強になりました。

本書のご紹介に当たって、今回は、【本書のポイント】【感想】【マインドマップ】【関連書籍】の構成で書いていきたいと思います。


【本書のポイント】

本書のポイントを以下に記述します。


■会社をつくって軌道に乗せるまでの成功ステップ

 1)株式会社にするメリットを知る
  ・社会的信用が高くなる
  ・必要な資金を集めやすい
  ・役員報酬を払って節税できる
  ・認められる経費が多くなる
  ・社長も社会保険に加入できる
  ・倒産しても個人資産を守れる
  ・最大2年は消費税が免税になる

2)株式会社とは何か?予備知識を学ぶ
  ・「取締役1人・株主1人」というシンプルな機関設計も可能
  ・約30万円あれば株式会社がつくれる
  etc....

 3)成功するための事業計画を立てる
  ・事業コンセプトを考える3つの視点
    @Who:誰に対するメッセージなのか?
    AWhat:ターゲットにどんなメリットを与えられるのか?
    BWhy:なぜ、ターゲットは自社を選ぶのか?なぜ、自社にはそれが可能なのか?
  ・自社が勝てるエリア=事業ドメインを決める
  ・会社をとりまくマーケット環境を分析する
  ・競合他社と差別化できる自社の強みを分析する
  ・どうやって売るか、販売チャネルを考える
  ・どうやって知ってもらうか、プロモーションを考える
  ・事業の儲けの仕組み、ビジネスモデルを書いてみる
  etc.

 4)融資などにより資金調達をする
  ・開業するにはいくら必要で、不足分はどう用意するか?
  ・融資には制度融資、公的融資、プロパー融資などがある
  ・どの金融機関とつきあうか?
  ・地方自治体が設ける制度融資を利用する
  etc.

 5)会社設立の準備をする
  ・商号
  ・本店所在地
  ・事業目的
  ・機関設計(取締役会、監査役)
  ・役員
  ・資本金
  ・発起人
  ・会社の設立予定日
  ・事業年度(決算期)

 6)定款を作成して認証を受ける

 7)法務局に行き設立登記をする
  ・定款
  ・登記申請書
  ・OCR用紙
  ・印鑑届書

8)必要書類を諸官庁に届ける

9)会社設立後の経理と労務を学ぶ


■会社ができるまでのおおまかな流れ

 1)会社の概要を決める
 2)商号を調査する
 3)定款をつくる
 4)定款の認証を受ける
 5)出資金を払い込む
 6)登記書類をつくる
 7)登記を申請する
 8)補正を確認する
 9)登記完了!会社の誕生!
 10)登記事項証明書・印鑑証明書を取得する


【感想】

本書には大きな特徴が2点あります。


1点目は「”分かりやすく”を意識して執筆・編集されている」という点です。

「株式会社をつくるための本」と聞くと、「難解な本」というイメージを持っております。事実、書店で売られている同様の本は、読みづらいと感じる本が多いです。

本書も目次だけを見ると、私たちが普段接する世界とは縁遠いだけに「難しそう!」と思うかもしれません。

しかし本書は
 ・主人公の内村元気と先生のやりとりを会話で示す
 ・重要な箇所は赤色で示す
 ・4コマ漫画を入れる
などの編集の工夫がみられます。

トコトンわかる株式会社のつくり方.JPG

「株式会社をつくる」という私たちがあまり馴染みのない事柄について、読者に抵抗なく読んでもらい、そして知識を吸収してもらう!このコンセプトのもと、著者は執筆し、編集者は本書を編集したものと推察いたします。

2点目は「実践的なノウハウが満載」という点です。

タイトルの『株式会社のつくりかた』という部分だけをみると、定款・登記・諸官庁への届け出といった「会社を設立するために必要な手続きについて書かれた本」と想像するかもしれません。しかし、本書はそのような手続きに関してのみ書かれている訳ではなく、事業計画・資金調達・会計・税務・労務管理といった「会社の設立以降も必要なノウハウ」も書かれております。(だから、タイトルに『トコトンわかる』と付いている訳ですね)

「本書は建前だけの手続き本ではありません。事業計画・資金調達・会計・税務・労務・登記のスペシャリストである3人の女性士業が、豊富な実務経験の中から、起業時に起きるであろう問題点や、知っておけばお得な情報を厳選して、本音ベースで書いた本です」(本書より P1)とある通り、ノウハウが満載の本です。会社設立のノウハウを全く知らない私も、「へえ〜、なるほど!」と思った事項がたくさんありました。

「起業したい!でも、どうやって会社をつくればいいのだろう?」と思っている方にとって、助力となる本だと思います。


※2012-11-16追記
【マインドマップ】

image.png
拡大表示は以下のリンクをクリック!
なお、スマホでは綺麗に表示できないかもしれませんが、ご勘弁を(^^;)
トコトンわかる 株式会社のつくり方.html

そして、スマホの方は以下のリンクをクリック!マインドマップの内容を階層構造で表しました。
トコトンわかる 株式会社のつくり方.mm.html

※追記ここまで


【関連書籍】


51の質問に答えるだけですぐできる 「事業計画書」のつくり方
  • 原尚美
  • 日本実業出版社
  • 1680円
Amazonで購入


トコトンわかる株式会社のつくり方

1)本書の内容
 第1章 株式会社をつくるメリットは?
 第2章 会社をつくる基礎知識
 第3章 事業計画を立てる
 第4章 融資などで資金調達する
 第5章 会社設立の準備をする
 第6章 定款を作成する
 第7章 法務局に登記する
 第8章 諸官庁に届出をする
 第9章 経理と労務の基礎知識



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!


posted by まなたけ(@manatake_o) at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタートアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。