ビジョナリーカンパニー3(ジェームズ・C・コリンズ著)(その3): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2011年03月13日

ビジョナリーカンパニー3(ジェームズ・C・コリンズ著)(その3)




今回も前回に引き続き『ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』を取り上げます。

今回でこのシリーズも終わりとなります。


今回は”衰退の五段階”のうち、第四段階〜第五段階、そして希望について、事例を交えて見てみたいと思います。


【衰退の5段階】※本書より抜粋
 第四段階 一発逆転策の追及
  ・一発逆転策にすがろうとする
   (カリスマ的な指導者、大胆だが実績のない戦略、劇的な企業文化の変革など)
   ⇒当初は業績が良くなったように見えるが、長続きしない

 第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
  ・財務力が衰え、士気が低下し、経営者は偉大な将来を築く望みを全て放棄する


 第四段階の対応の例として本書で比較しているのが、ヒューレッド・パッカードとIBMです。

 ヒューレッド・パッカードは1999年、ちょうどインターネットバブルの中、期待されていた収益をあげられない状況いありました。当時のCEOだったルー・プラットの辞任後、後任のCEOとして就任したのが、カーリー・フィオリーナでした。
 カーリー・フィオリーナは、当時、ルーセント・テクノロジーズの幹部。そして、「実業界でとにかくパワフルな女性」として知られていました。

 就任後、就任直後、各種マスコミのインタビューに応え、力強いメッセージを発して社内を鼓舞しました。彼女はマーケティング的興奮とリーダーシップによって局面を打開しようとしたのです。

彼女の本書に載っていた戦略の言葉で印象的なものは以下のものです。

 「リーダーシップはパフォーマンスだ」

 具体的な施策では、事業の売却、そして買収による事業再構築です。その中で今でも印象に残っているのは「コンパックの買収」です。

 しかし、彼女の奮闘はむなしく、2002年には株式公開から45年で初めて赤字となり、そして、2005年に解任されてしまいました。


 これに対極的な施策をとったのはIBMです。

 IBMは1993年に経営危機に陥りました。そのときCEOに招聘したのがガースナーです。

 ガースナーは就任直後、足元を固める堅実な方法を取りました。そして、「既存の強みを活かす」ことを基本として「大量の定量分析」を行いました。IBMの状況を完全に理解するのに3ヶ月間かけております。そして、その上で施策を打っています。

 ガースナーの基本施策は以下の通りです。

 ・適切な人材を主要なポストに配置する
 ・IBMの状況を理解し、その後にビジョンや戦略を決める


 この規律ある姿勢がIBMを再生していったのです。


 この事例を見ると、大事になるのが「特効薬を探すのではなく、原点に立ち戻ること。そして規律ある姿勢」ということだと分かります。遠回りに見えても、それが再生につながるのだと本書で指摘しております。

 
 最後に、本書に書かれていた以下の言葉で締めたいと思います。

「失敗とは外的な状態ではなく、心の状態である。成功とは、倒れても倒れても起き上がる動きを果てしなく続けることである。」
ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』より。


ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

1)本の内容
・第一章:静かに忍び寄る危機
・第二章:衰退の五段階
・第三章:第一段階 成功から生まれる傲慢
・第四章:第二段階 規律なき拡大路線
・第五章:第三段階 リスクと問題の否認
・第六章:第四段階 一発逆転の要求
・第七章:第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
・第八章:充分に根拠のある希望

2)この本から学んだこと
・一発逆転策に頼らない。
・遠回りに見えても、原点に立ち戻り、主要なポストに適材を人材を配置して行動する。
・失敗とは心の状態である。成功は何度でも立ち上がる動きを続けることである。



本書のキーワードをFreeMindでマインドマップにまとめました。
ビジョナリーカンパニー3.png
また、以下のリンクをクリックすると、拡大表示されます。
ビジョナリーカンパニー3.html

ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジョナリー・カンパニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。