佐藤可士和の超整理術(佐藤可士和著)(後編): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2010年11月18日

佐藤可士和の超整理術(佐藤可士和著)(後編)

1)本の内容
・1章:問題解決のための”超”整理術
・2章:すべては整理から始まる
・3章:レベル1「空間」の整理術
    −プライオリティをつける
・4章:レベル2「情報」の整理術
    −独自の視点を導入する
・5章:レベル3「思考」の整理術
    −思考を情報化する
・6章:整理術は、新しいアイディアを開く

2)この本から学んだこと
・「空間」の整理術のポイント
 −プライオリティをつける
・「情報」の整理術のポイント
 −独自の視点を持つ
・「思考」の整理術のポイント
 −思考の言語化、情報化
・整理と問題解決は同じベクトルで繋がっている

本書で語っている整理術、それは
 ・「空間」の整理術
 ・「情報」の整理術
 ・「思考」の整理術
です。

それぞれどのようなポイントで述べているのか、私の意見も含め以下に記載いたします。

第一は「空間」の整理術です。
「空間」の整理術とは、「机など、身の回りのモノを整理する」ことです。

では、なぜ「空間」の整理術が先なのでしょうか?

筆者は「空間」という見えるものを整理することにより「整理術のコツをつかむことができる」と言っています。

「情報」および「思考」は共に目には見えないモノです。
目に見えないモノを整理するには「見える」ようにすることが一番です。
しかし、見えるものを整理できないと....いくら見えるようにしても、見えないものを整理するのに一苦労となります。

また、筆者は「空間の整理のコツは”プライオリティをつける”こと」と言っております。

実際、ものを片付けると不要なものがいっぱい出てきます。
捨てるのか?残すのか?残すなら見えるところ?それとも奥?
こう考えるとプライオリティをつける訓練にもなる訳です。


第2は「情報」の整理術です。

「情報」の整理とはいったい何をさしているのでしょうか?
筆者は「情報の整理とは、視点を導入して問題の本質に迫ることで、真の問題解決を行うもの(本書より)」と言っております。

「視点を導入する」とは一体どういうことでしょうか?
本書で述べている視点導入は
 ・プライオリティをつける
 ・因果関係を明確にし、本質をみつける
 ・本質に対して、課題を設定する
そして、
 ・視点導入の最終目標は”ビジョン”を導きだすこと
です。

ここでいうビジョンは”あるべき姿”です。
”あるべき姿”を導きだすには「どのように物事を見るか?」という視点が重要になります。

物事は見方を変えると180度変わることが往々にしてあります。物事の本質を見るにはどうすればよいか...視点は重要性はこのことからもよく分かります。


第3は「思考」の整理術です。

今までの中で一番難しいのが「思考」の整理です。
なぜ難しいのか?「それはやはり、”思考”が目に見えないものだからです。(中略)”思考”は、頭の中にしかない抽象的な概念。だから”思考”の整理は”情報”の整理より、さらに難度が高いのです。(本書より)」

見えないものは”見えるようにする”。
まず、「考えを言語化することから始める」ことを本書では薦めております。

言語化することによって、漠然だった情報が見えるようになります。
情報が見えるようになればしめたもの。後は情報の整理と同じ手順を踏めばよいわけです。

しかし、整理した情報が正しいかどうかはこの段階ではわかりません。
したがって”仮説”を相手にぶつけ、「相手の思いを確認する」というプロセスを踏むことになります。

ぶつけた結果、合っていればしめたもの。違っていれば「どこが違うのか?」を思考の整理から再スタートとなります。しかし、再スタートといっても、相手の思いに近づいているのは間違いはない訳です。

以上、3つの整理術を本書において展開されているわけですが、整理するにあたって大事なことは何でしょうか?

本書では「視点を持つことが重要」と説いております。
それは、物事は全て同じわけではないからです。TPOにあわせて視点を持つことが重要になります。

そして「答えは必ず、目の前にある!」とも言っております。
それは「整理と問題解決は、同じベクトルでつながっている(本書より)」ということを言い表しております。


私も電車の中で”明治学院大学の広告”を見たことがありますが、「あのデザインは大学関係者の思いをこういう視点から捉えて生まれたものなのか?」と初めてしりました。

本書は整理についても当然参考になるのですが、「あの商品はこういう思いや視点から生まれたのか?」ということを捉えることができるので、そういった側面からも読んでみるのも面白いと思います。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169762881

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。