IDEA HACKS!(原尻淳一/小山龍介著): ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2010年09月10日

IDEA HACKS!(原尻淳一/小山龍介著)


IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣

IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣

  • 作者: 原尻 淳一
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2006/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




1)本の内容
 ・情報ハック
 ・時間管理ハック
 ・整理ハック
 ・五感ハック
 ・思考ハック
 ・意思決定ハック

2)この本から学んだこと
 ・アイディアは意外な所からやってくる。だから思いついたときにすぐメモする。
 ・リラックスした時間を活用することがアイディアを生み出す
 ・短期のみでなく、中期的な視野でものを見てスケジュールを立てる
 ・携帯を活用(メモとして使う)
 ・アイディアの生まれるのは「リラックス」「ながら」「リズム」がキーワード
 ・イメージで考えることが新たな発想を生む
 ・いろいろなものに目を向け、自分の”パターン”を増やす
 ・「セレンディピティ」を大事にする!!

小山龍介氏の”HACKS”シリーズで一番最初に世の中に出たのが本書になります。
HACKとは「こんがらがったものを整理する」という意味があります。この本では、新しいアイディアを生み出すための”ちょっとした工夫”を89種類紹介しております。
中には知らず知らずのうちに私も活用しているものもあります。

たとえば
 ・メモとペンは常時携帯(思いついたことをすぐメモするため)
 ・携帯をスケジュール管理で活用(アラーム機能が知らせてくれる)
 ・携帯にメモを取る(混んでいる電車の中では意外と便利)
など。。。
これらのアイディアはいろいろな本を読んでいるうちに、思いついたものを実践しているのですが、この本も生産性を高める、そして新たな発想を生み出す工夫を提供してくれます。

この本でも書いておりますが、アイディアを出すうえで一番大事なのは「リラックスした状態を作る」ことだと思います。例えば、お風呂に入ったとき、いいアイディアが生まれるといったことがありませんか?お風呂に入ると「リラックス」し、循環もよくなるのでアイディアが”ぽっ”と生まれてくるのだと思います。緊張した状態では良いアイディアは生まれません。「リラックスさせるにはどうすればよいか?」。。。それを考えてみるのと1つの”HACK”なのかもしれません。

最後に”セレンディピティ”について。
この本でも触れられていますが、”セレンディピティ”は「探しているものとは別のものに価値を見出す”気付き”」です。
成功者の本を読むと、この”セレンディピティ”によって「これだ!!」と思い、成功が生まれたケースが多いようです。固執することなく柔軟に方向転換できる”余裕”こそ、セレンディピティを生み出す”鍵”のような気がします。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

レビュープラスもどうぞ!!





【Hacks!の最新記事】
posted by まなたけ(@manatake_o) at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Hacks! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162085529

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。