ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年07月17日

セオリーを逸脱しながらも愚直に顧客の期待に答え続けたスーパー!それが成城石井!『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』(上阪徹著)



※献本ありがとうございます

成城石井の店舗数は、2014年3月時点で112店。10年前の2004年は30店舗、1994年は4店舗しかなかったこと、そして、この20年が日本はデフレ不況に見舞われているを考えると、出店ペースだけみても驚異的な数字である。しかも店舗形態は多彩。サイズも20坪の小型店から190坪の大型店まである。なぜ成城石井は、こんなに多彩に展開することができたのであろうか?本書成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?は、首都圏を中心に展開している成城石井が、驚異的に成長を遂げることができた理由、顧客から支持されている理由が詳細に書かれている。

では、スーパーがこれほど出店か加速的に伸びていることから、他のスーパーと同じように「業務のマニュアル化、効率化を進めてまいり、成長してきた」かというと決してそんなことはない。むしろ真逆である。例えば、レジでは顧客自らが買った商品を袋に詰めるのが一般的なスーパーの光景であるが、成城石井ではこのような光景は見られない。なぜなら、袋を詰めるのはレジ係2人のうちの1人が行なうことになっているから。このような光景を見ると、「なんて非効率なことをやっているのだろう?セオリーを逸脱しているのではないか?」と思うかもしれない。しかし、そうではない。顧客のためになることだったら非効率でもやる!というのが成城石井のスタンスなのだ。時代とは逆行したスタンスだからこそ、顧客はそこを評価し、支持をしてきた。

  バブル崩壊以降の二〇数年、IT化なども手伝って、 日本企業は徹底的に効率化を推し進めてきた。規模の論理によるM&Aなども加速した。
 成城石井がやってきたのは、こうした流れとは、まさに逆行したものだったのではなかったか。社長の原氏はいう。
「成城石井の成長が現在加速していて、好業績をいただけているのは、むしろ逆行が評価されたんだと思っています」
 効率化が悪く、面倒なことばかりやってきた。大量生産品を売るのではなく、少量多品種にこだわってきた。きっとこういうものを求めている顧客がいるに違いない、と尖った品揃えをした。効率良く儲けようとするのではなく、不器用に、愚直に、とにかくひたすら顧客が求めているものに向き合ってきた……。
「ビジネスの常識からすれば、変わったことをやってきたと思うんです。でも、ベースにあったのは、本当においしいものをお客様に届けたい、という気持ちだけでした。その気持ちを、より多くの方に理解していただける時代になったんだと思っています」
 高級品が当たり前のように売れた好況期のバブル時代に大きな成長を遂げたのなら、話はわかりやすい。だが、むしろ逆なのだ。成城石井は、日本の不況期、デフレ期に入ってから、成長していったのだ。
(中略)
 たしかに成城石井には、高価格の高級品も少なくない。しかし、ただ高級なものが置かれている、と成城石井を捉えたら間違える。顧客が求めているものを追及し続けてきたのが、成城石井なのだ。
 その意味では、成城石井のスタンスは過去とまったく変わっていない。変わったのは、世の中のほうである。その価値に気づくことができる人が増えていったということだ。
 そして、周囲の小売業は簡単には追いつけないだろう。いいものは、簡単には仕入れられないからである。
(本書より P119〜P122)


成城石井が顧客の支持を集めている大きな理由は、バイヤーが日本各地、そして世界各地から集めた独自の食材が極めて多いなど、その独自の品揃えのユニークさ、「基本の四つ」の徹底によって保たれてきたクオリティの高さ、サービスへのこだわりと高いレベルにある。顧客は、このような成城石井のスタンスを評価し、繰り返して成城石井で買い物を行い、そしてファンが増えていった。成城石井で一度買い物をしたことがある方にとっては、あの独自の雰囲気、そしてクオリティの高さには満足してしまう。そして、他のスーパーには行きたくなくなってしまう。そんな魅力が成城石井にはあるのだ。

そして、成城石井で買い物をしたことがある方は、きっと本書に書いていることが分かるはずだ。そして、「なんと!こんなところまでこだわっていたのか?」と、逆に成城石井の素晴らしさを改めて認識し、そして本書を楽しみながら読むことであろう。ちなみに、私は本書を読み終えたあと、思わず成城石井に出かけてしまった。本書に書かれている成城石井の素晴らしさを改めて確認したいと思ったからだ。そして、行ってみて、「やはり成城石井のクオリティは高いなあ!」と思ってしまった。

成城石井の店舗が近くにない方も、本書を通じて成城石井の素晴らしさ知った方は、是非、オンラインショップを参照してほしい。きっと、オンラインショップを通じても、成城石井の素晴らしさを感じとることができるはずだ。

●【成城石井】公式オンラインストア




【本書のポイント】

■店が重視する四つのこと

 そしてもうひとつ、印象的だったのが、社長の原氏が強調していたことだ。それは「基本の四つ」の徹底挨拶、クリンリネス、欠品防止、鮮度管理である。
 この四つは、顧客との接点の基本中の基本。これこそが、最大の経営方針であり、成長戦略であるかのようだった。取材でこのことについて質問すると、原氏はこう語った。
「基本こそが大事なんです。これができて初めて次のアクションだと思っていますから。どんなにいい商品を仕入れても、お客様にきちんとした気持ちのいい挨拶ができていなければ決して良い評価を得ることはできません。成城石井にしかない商品も多いですから、それは他の店にないから成城石井に来てくださっているわけです。なのに、気持ち良く買い物が出来ない、などという状況を絶対に作ってはならない」
 成城石井が顧客から高い支持を得ている、もうひとつの理由。それが接客をはじめとしたサービスへのこだわりとレベルの高さだ。
(本書より P47〜P48)


■時代が成城石井に追いついてきた

 バブル崩壊以降の二〇数年、IT化なども手伝って、 日本企業は徹底的に効率化を推し進めてきた。規模の論理によるM&Aなども加速した。
 成城石井がやってきたのは、こうした流れとは、まさに逆行したものだったのではなかったか。社長の原氏はいう。
「成城石井の成長が現在加速していて、好業績をいただけているのは、むしろ逆行が評価されたんだと思っています」
 効率化が悪く、面倒なことばかりやってきた。大量生産品を売るのではなく、少量多品種にこだわってきた。きっとこういうものを求めている顧客がいるに違いない、と尖った品揃えをした。効率良く儲けようとするのではなく、不器用に、愚直に、とにかくひたすら顧客が求めているものに向き合ってきた……。
「ビジネスの常識からすれば、変わったことをやってきたと思うんです。でも、ベースにあったのは、本当においしいものをお客様に届けたい、という気持ちだけでした。その気持ちを、より多くの方に理解していただける時代になったんだと思っています」
 高級品が当たり前のように売れた好況期のバブル時代に大きな成長を遂げたのなら、話はわかりやすい。だが、むしろ逆なのだ。成城石井は、日本の不況期、デフレ期に入ってから、成長していったのだ。
(中略)
 たしかに成城石井には、高価格の高級品も少なくない。しかし、ただ高級なものが置かれている、と成城石井を捉えたら間違える。顧客が求めているものを追及し続けてきたのが、成城石井なのだ。
 その意味では、成城石井のスタンスは過去とまったく変わっていない。変わったのは、世の中のほうである。その価値に気づくことができる人が増えていったということだ。
 そして、周囲の小売業は簡単には追いつけないだろう。いいものは、簡単には仕入れられないからである。
(本書より P119〜P122)


■”高級スーパー”とは呼ばれたくない

 取材中、実は興味深い言葉に何度も出会っていた。それは高級スーパーとは呼ばれたくない」だ。近年、”高級スーパー”と呼ばれている、いくつかのスーパーとひとまとめに、成城石井はカテゴライズされることがある。
 一般の消費者も、置かれている商品の価格帯を考えると成城石井を”高級スーパー”と思っている人も多いかもしれない。また、そう呼ばれることは決して悪くないのではないか、と。
 ところが、成城石井はそうではないというのである。
「ライバルはどこですか、という質問をよく受けるんですが、ライバルのお店はないんです。あるとすれば、お客様のトレンドであり、お客様のニーズです」
 成城石井が扱っているのは、顧客が求めているもの。いいものであり、おいしいもの。それがたまたま高級品であったり、一流品であったりするに過ぎない。最初から高級品や一流品を扱おうとしてきたわけではない。また、だからこそバランスの良い価格での販売を目指してきた。高級なものが高値で売られている店ではない、ということだ。目指している土俵がそもそも違うのである。
(本書より P205〜P206)


【関連書籍】



成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?

1)本書の内容
 
 はじめに
 第1章 熱狂的に支持されるスーパー-「商品へのこだわり」
 第2章 お客様主義で「基本」を大切にする-「サービスへのこだわり」
 第3章 なぜ、独自の品揃えができるのか-「強い購買とセントラルキッチン」
 第4章 どんな場所にも出店できるスーパー-「経営と店舗開発」
 第5章 転機となった買収-「事業への思いと誇り」
 第6章 人が店を作っている自覚-「人材教育へのこだわり」
 第7章 “高級スーパー”と呼ばれたくない-「成功の本質と挑戦」
 おわりに

2)本書から学んだこと
 ・不器用に、そして愚直に「顧客が何を求めているか?」を追求することが、成長につながる!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済/ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

サンプルファイルをダウンロードできるのが嬉しい!実践活用に役立つ優れモノのExcel本!『ビジネスExcel実践術』(日経BPムック)



本書ビジネスExcel実践術 (日経BPムック)は、Excelを使いこなすために必要な実践テクニックを意識して書かれている。

私個人としては「Excelは万能な分析ツールであり、資料作成ツールである」と思っている。ただ、周りの方の話を聞くと、「Excelを使いこなしたいと思ってはいるが、機能が多すぎて良く分からない。また、本を見ても、関数をどのように書けばいいのか理解できない」という声が多かった。

とはいえ、本を読んだだけでは良く分からないことが多い。特に、Excelのようなツールは「実際に使ってみて、初めて理解できる」ことが多い。

だが、従来の本では、記載例が書いているだけのモノが多い。また、記述も難しい。これでは、「実際に使ってみてやってみよう!」と思っても、初級者にとってハードルが高いと思う。

本書が優れているのは、各項目に記載されているサンプルが、きちんと提供されている点にある。

●Part1「最新の時短ワザ&書類テク Excel文書&作図」サンプルファイル一覧
Part1_サンプルファイル.png

●Part1「12.作図 チャート」サンプルファイル
Part1_作図チャート.png

●Part1「14.作図 応用」サンプルファイル
Part1_グラフ.png

私自身の経験からも、Excelの操作を覚えるときは、ホームページなどでサンプルとなるExcelファイルを探し、解析しながら覚えてきた。だが、Excelファイルを自力で解析するとなると、それなりの知識がいる。「Excelを使いこなしたい」と思っていても、動きを理解するに必要なサンプルファイルがないがゆえに、実際の動きを知ることができず、それがExcelの操作を理解するための高いハードルになっていたと思う。

だが、このように対応したサンプルのexcelファイルが提供されていれば、サンプルのexcelファイルを使いながら本書の手順に従って操作することで理解が早まる。実際の動きを体感することで、「ああ、なるほど〜!」と思えるのだ。

本書には、SUMIF、VLOOKUP、INDEX、MATCH、OFFSETなど、覚えておけば非常に便利な関数に関する記述もサンプルファイルの動きをみながら習得できる。また、ビッグデータの活用に非常に役に立つピボットテーブルの活用もサンプルファイルを見ながら習得できる。特に、関数やピボットテーブルなどは本を読んだだけでは理解が難しく、実際のサンプルファイルを使いながら動きをみることで理解できるものと思う。そういう意味で、記述に合ったサンプルファイルを提供してくれるのは非常に嬉しい。

個人的には「シート間のリンク」「ファイル間のリンク」、そして「データ分析の切り口」に関する記述がもう少しあったら幅が広がると思うのだが、本書の書いている内容を習得するだけでも、仕事の効率化が進むことは間違いないと思う。

「Excelを使いこなしたいが、Excelの本に書いていることが難しくて理解できない」と思った方は、本書と、本書が提供するサンプルファイルとをご覧になりながら、触ってみてはいかがであろうか?今まで理解できなかったExcelの機能を使いこなすことができるだけでなく、作業の効率化にもつながっていく。そして、本書に書かれているテクニックを活用することで、伝わる資料作りに役立つと思う。

※サンプルファイルは、本書に記載されているURLからダウンロードできます。


【関連書籍】



ビジネスExcel実践術 (日経BPムック)

1)本書の内容
 ・Part1 最新の時短ワザ&書類テク Excel文書&作図
 ・Part2 実務に役立つテクニック解説付き Excel実力テスト
 ・Part3 実例で学ぶ Excel関数講座

2)本書から学んだこと
 ・Excelは万能の文書作成&分析ツール!
 ・関数は、実際に動かしてみて習得できる!
 ・小ワザの集積が作業の効率化に大きく寄与する!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





タグ:IT/Web
posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT/Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

読者に「元気」と「勇気」と「前に進む力」を与えてくれる本!『人生は見切り発車でうまくいく』(奥田浩美著)



本書人生は見切り発車でうまくいくをひと言で言うと、「読者に寄
り添い、読者の背中をやさしく押してくれる本」
である。

自己啓発の多くの書は「やりたいことを決めよ!」という指導書的な記述が多いが、本書はそうではない。もちろん本書にも、厳しい言葉もあるが、基本的には著者の「大丈夫だよ!」という愛のメッセージが散りばめられているように感じる。そんな「大丈夫だよ!」というひと言が、読み手に「元気」を与え、「勇気」を与え、そして「前に進む力」を与えてくれる。それが端的に表れた文章を以下に紹介したい。

 私は生きているうちにどれだけ「ありがとう」の数を集めたかで、人間の価値は決まってくると思います。かならずしも「勝利」「成功」の総量だけで決まるものではないのです。
 以前、元力士の高見盛の出演する缶コーヒーのCMが話題になったことがありました。「誰もが、勝利者になれるわけではない。ただ・・・・・・この惑星には、愛されるという勝ち方もある」というナレーションが入ったCMです。
 私はこれを見て、まさにその通りだと思いました。能力の上下、地位の上下といった旧来の価値以外に、仕事の世界でも、いや仕事の世界だからこそ「愛された回数」「感謝された回数」といった基準を持ちこんでみてもいいと思うのです。
(中略)
 では、愛されるということはどういうことでしょうか。感謝されるとは、どういうことでしょうか。
 果たして、「いい子」でいることでしょうか?
 そうではありません。「いい子」でいようとするから苦しくなりますし、「こうでなければならない」という価値観に苦しめられている若い人はたくさんいます。
 それは親の価値観や周りの価値観に染まっていて、導かれる正解・あるべき姿が一つだと思っているからではないかと思います。親や周囲が描いた舞台の中で主役でいられれば成功!という風に刷り込まれているのだと思います。
 そもそも、親が描いた舞台・会社が絵が描いた舞台があなたの生きていくべき舞台でしょうか?その舞台で主役になることを本当に目指すべきなのでしょうか?
 そういったことからまず考えてみると、舞台を変えるきっかけができるかもしれません。
(本書より P227〜P229)


この上記の言葉には、著者が、自身の人生の邂逅から感じた思いも含まれているように思う。本書に書かれている著者の人生を見ると、必ずしも「能動的」に動いてきたばかりではない。「受動的」に動かざるを得ない状況からスタートしたことも赤裸々に語られている。その中には、苦い経験や辛い思い、そして痛みもあったと思う。それゆえに、著者は人と接することを通じて、困っている人がいたらアドバイスを送り、そして助けながら生きてきたのだと思う。ITスタートアップの界隈では、著者は「女帝」と呼ばれているが、それは「多くの方に愛されているゆえの呼称」なのであろう。

私の知人の多くは著者を知っている方が多いが、残念ながら私は著者とは面識はない。しかし、本書を読むと、著者の”愛”や”やさしさ”を感じる。それゆえに、読み終えたときには、本書に書かれている言葉がスッと自分自身の中に入り、自分自身を自然体で見つめ直す示唆を与えてくれる。そして、著者のメッセージである「見切り発車こそが、やりたいことを実現する最短ルート」であると感じさせてくれる。

誰もが先見えぬ不安を感じているときがある。しかし、そんなときだからこそ、自分の本当の想いの種を見つけることができる。本書は、先見えぬ不安に、違った視点と気付きと光を見出させてくれる本であると感じたと同時に、じっくりと向き合いながら継続して読んでいきたいと思った本でもある。


【本書のポイント】

■悩むくらいならさっさと試そう

 「選択に費やす時間を検証の時間に振り替えよう」というのが、私の口癖です。
 選択とは、「Aにしようか、Bにしようか・・・・・・ああ、どっちにしようかなあ」と悩むことです。「選択する」ためには、「悩む時間」が必要なのです。
 私はこの、選択に悩むことに時間を取られるくらいなら、「行動と検証の時間」に振り替えたほうがずっと効率的だと思っています。
 たとえば、赤い服と青い服と黄色い服があるとします。どの服が似合うのかな・・・・・・と悩んでいる暇があったら着てみようということです。
 たとえ洋服のようにすぐ試せないものでも、まずはやってみる。何か試すという行動を起こすことで、自分の軸が見えてくることがあるからです。
 人生は決められた選択肢しかないわけではありません。選択にあれこれ悩むより、まずは何かしら試しながら自分の気持ちを探るという方法もあります。
 選択に悩む前に行動して検証したほうが、驚くくらいあっという間に答えが見つかることが多々あります。一歩進めば、見え方も変わり、悩んでいたときに見えていたものとは違う世界が見えてきます。自分が進むべき世界は、自分が見えている範囲しか存在しないわけではないのです。
(本書より P28〜P29)


■「ちょっとだけ」の積み重ねがチャンスにつながる

 人生、いつ何が起こるかわかりません。
 ですから、「これはひょっとしてチャンスかな?チャンスにつながらないかもしれないけど何か動けるかも」と少しでもおもったら、そのときが動くべきときかもしれません。
 「即行動」というと、大げさにとらえる人がいますが、「ちょっとでも動けそうだと思ったら、ちょっとだけ動く」という感じでかまいません。
 人は通常、「まあもう少し様子を見てみよう」などと、なかなか動こうとしないものです。
 けれども、「ちょっとだけ動いてみる」という条件反射を身につけることで、その後の展開が天と地ほど変わってくることがあります。動いた分だけ視界が変わり、少ししか見えていなかったチャンスの扉が見えてくるのです。そして「ちょっとだけ」の積み重ねがチャレンジャー気質を生むことにもつながります。
 また、動くことで、周りがこちらに視線を送ってくれるようになります。いつもフットワーク軽く動いている人には、人から注目も集まるので、ちょっと動いただけでも、賛同して協力しようという人がたくさん集まってきます。
 もちろん、最初の動きくらいでは注目してくれません。コツコツと動いて、コツコツと成果を出している人を見てくれるのです。ですから、動かないままで最初から察してもらえるほと世の中は甘くはありません。動きもしないで、成果を得られることなど、あり得ないのです。
 さらに、注目される経験が豊富な人は、さらに動きの回数を増やし、どんどん動きを速めているはずです。ちょっと動いてみて、「あ、これは違ったな」とか、「今はこれ以上は踏み込めないな」と軌道修正していることと思います。
 そうした体験は、その後の有益なデータになります。
 動かないデメリットはあっても、動くことにはメリットしかない
(本書より P53〜P55)


■ピンチこそ、多くのことに気づけるチャンス

 ピンチになると突然何も考えられなくなる人や逃げてしまう人がいますが、とんどもないことです。ピンチはむしろ、成長するうえで欠かせないイベント。自分の立ち位置を改めて確認し、自分の行動を俯瞰して見ることができる貴重なチャンスです。
(中略)
 ピンチと思えるということは、解決に向けて動き出そうとしている証拠です。
 そもそもピンチの実感がないと、危機に気づくことすらできません。また他人ごとと感じていると、そこまでピンチは感じないことでしょう。「ピンチだ!」と思った時点で、どう解決するか考えているわけですので、多くの発想が得られる絶好の機会ともいえます。
(中略)
 ピンチをきっかけに、何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのか、物事をいろいろな視点から見ることになります。ときには周りの人も巻き込みながら、今まで見たことのなかった角度から自分の仕事を見ることで、新たな発見が生まれるのです。
(中略)
 もちろん、こうしたピンチに対するさまざまな視点は、普段ただ何となく暮らしているだけでは手に入りません。ピンチを乗り越えるためには、こういった発想をする、ある種の訓練が必要です。

1.何がピンチだと感じているのか?
2.それによって何が困るのか?自分が困るのか?人が困るのか?
3.このピンチがなかった場合、自分が伝えたかったこと、やりたかったことは何か?
4.ではそれを最短で叶える行動は何か?
5.それに向かってどう行動するか?


 こんな風に考える訓練を繰り返すことで、ピンチが起こっても、冷静に見ることができるようになります。
 人によって出くわすピンチのレベルはさまざまですが、右の5つのことに沿って行動していけば、きっと解決できるようになると思います。そして私のように、ピンチと聞くと、「大事なことを考え直すチャンスだ」と、逆にワクワクするようになります。
(本書より P122〜P127)


【関連書籍】



人生は見切り発車でうまくいく

1)本書の内容
 第1章 結果を出す人がやっている「見切り発車」とは
 第2章 今日から結果を出す! 発車するときの工夫
 第3章 壁を感じたときにどうするか?
 第4章 「見切り発車」で仲間を増やす方法
 第5章 「見切り発車」で想いを形にする人たち
 第6章 10年後も生き残るための「見切り発車」

2)本書から学んだこと
 ・「ちょっとだけ」動く習慣が、大きなチャンスにつながる!
 ・違和感こそ、自分を成長させる起爆剤になる!
 ・ピンチは自分を成長させる絶好の機会!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生/生き方/生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。