ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年07月29日

「第1の習慣」「第2の習慣」のエッセンスが分かる本!『まんがでわかる7つの習慣2』(まんが・小山鹿梨子/監修・フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社)



本書まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣は、2013年10月に発売されて大ヒットとなった『まんがでわかる 7つの習慣』の第2弾として発売された。本書まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣は”第1?第7の習慣の概要を紹介している”のに対し、本書『まんがでわかる 7つの習慣』は”第1〜第2の習慣にフォーカスし、説明している”のが特徴となっている。

・第1の習慣:主体的である
・第2の習慣:終わりを思い描くことから始める
は、「私的成功」に導くための最初の2つの習慣である。内容も”自分の心の在り方、言葉、態度”など、「自分自身を見つめ直し、”どうあるべきか”を指し示す」内容となっている。このため、本書のまんがや文章を読むとドキッっとすることが多かった。一例として、以下の文章をあげたい。

○外部からの刺激に身を任せて反応しない

 人は誰でも悪口や批評の対象となる。悪口を言われたら、反射的に気分が悪くなるのは仕方がない。人間も動物の一種だ。動物には、外部からの特定の刺激に対して決まった反応をする習性がある。
 だが、人間は動物と違い、習性に従うだけでなく、その習性を書き換えることができる。何が起ころうとも、そのことが自分の行動にどこまで影響を及ぼすことを許すのか、自分で選ぶ能力を持つ。
 つまり、人間の場合には、刺激と反応の間に選択の自由が存在するのだ。この自由を意識することが、第1の習慣「主体的である」を身につけるためのスタート。批判や悪口に対してすぐ激怒したり、落ち込んだりと、自覚なく反応するのはやめよう。自分をコントロールして次の行動を選択する意識を持つのだ。
 第1の習慣には、さらに大切なポイントがある。それは自分の人生の責任を自分で引き受ける覚悟を持つこと。今の自分の状況は、すべて自分の選択した行動の結果なのだ、と認識することだ。
(本書より P68)


この文章を読んで、「自分は反応的に生きているなあ」と改めて気づかされた次第だ。

「反応性のモデル」と「主体性のモデル」は、7つの習慣ではお馴染みのモデルだ。

「反応性のモデル」の場合、人は刺激に対して直接反応する。「主体性のモデル」のように、「自分の反応を選択する」という意思はない。「反応性のモデル」で厄介なのは、「決定を相手に依存している」ということだ。これでは「行動を変えたい」と思っても常に外部依存の状態のため、変えるのはなかなか難しい。では、どうすれば「主体的である」ようになれるか?本書『まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣』では「言葉を変えれば主体性を高められる」と述べている。

マザー・テレサの有名な言葉に
 「思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。
 言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。
 行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。
 習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。
 性格に気をつけなさい。それはいつか運命になるから。」
がある。このマザー・テレサの言葉が表すように、「言葉の使い方」が思考を表し、行動に影響を及ぼし、ひいては運命に影響を及ぼす。上記のマザー・テレサの言葉を思い起こしたのは、本書『まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣』の「言葉を変えれば主体性を高められる」を読んだことがきっかけとなったが、このように、本書に書かれている”第1の習慣、及び第2の習慣の言葉”は自分の思考・言葉・行動の癖など振り返りの機会を与えてくれる。

本書は原本である『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』のエッセンスがまんがでわかるようになっている。「”7つの習慣”を理解したいと思っているが、『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』を読んでもよくわからない」と思っている方にとって、本書は”7つの習慣”を理解するためのきっかけを与えてくれる本である。


【本書のポイント】

■誰でもバラダイム(思い込み)に基づいて生きている

 「自分を変えたい」と努力しているのにうまくいかない人がいる。なぜか。
 それは自分が持っている「パラダイム」への自覚が足りないからだ。パラダイムとは、無意識に抱いてしまっている考え方、感じ方の枠組みのこと。その人の経験から生まれる「世の中とはこういうものだ」という解釈なので、2つとして同じものはない。例えば「人を見たらまず疑う」という人もいれば「本当に悪い人はいない」という人もいる。経験を通して抱くに至った人間のとらえ方(パラダイム)が違うからだ。
 パラダイムは理想的な人生を歩むための地図のようなもの。参照すれば自分の位置が分かるし、目的地(人生のゴール)に辿り着くためにすべきことも把握しやすい。だが、もしその地図が間違っていたらどうだろう。「成功するにはこんな生き方が大切だ」とがんばって急いでも、正しいゴールには永遠に到達できない。
 あなたは間違ったパラダイムで先を急いでいないだろうか。自分がどんなパラダイムを持っているのかを自覚し、それが果たして正しいのかを自分に問おう。これが7つの習慣を実践するための入り口だ。
(本書より P24)


■”問題の見方”に問題意識を持つ

 誰しもパラダイム(思い込み)に縛られているというのなら、一体何を信じればいいのか。
 その答えは「原則」。7つの習慣でいう原則とは、「人は生まれたら必ず死ぬ」といった自然の法則のように、人類の歴史でずっと価値があると認められた価値観、考え方だ。
 そのひとつに「公正」がある。例えば、遊具を順番に譲りあって使う子どもたちを見て微笑ましく思う感情は、誰し教えてもらったわけでもなく、人の心に自然に生じる。つまり、そういうあり方が正しいことだと、人はもともと知っているというわけだ。誠実や正直、奉仕、貢献などが人間関係に大切なことも、学校で教わらなくても理解できる。どれも人間にとって、豊かに生きるための原則だからだ。
 パラダイムを原則重視にシフトさせる努力は、自分の根っこである人格を優れた方向へ導くことにもなる。日常の変化が訪れるまでには大抵、時間がかかるので、結果を急ぐと、つい上辺のスキルやテクニック、地位や外部の権威などに頼りたくなるが、それが癖になると、どんどん弱い人間になってしまう。成果が出た、成長したと感じるかもしれないが、それは見せかけにすぎない。次元の違う長期的な成長を目指すなら、人格の向上が不可欠だ。
 すべての生命には、成長と発達のしかるべき順序がある。種を蒔いて実がなるまでには、長期間、手間暇をかける必要がある。人間関係も同じ。面倒だからと短絡的な解決手法に頼ることはやめよう。
 大切なのは、「自分に間違いはないか」「自分ができることはないか」と、まず自分の内面を振り返ったうえで外部に働きかける心がけ。つまり、「インサイド・アウト(内から外へ)」の姿勢だ。
 自分のパラダイムを反省し、まず自分が変われる所はないかを考える。これがもっとも本質的な問題解決で、成長にもつながる姿勢なのだ。
(本書より P46〜P47)


■言葉の習慣を変えれば主体性を高められる

 言葉の使い方は、その人のパラダイムと深い関係がある。「それなら仕方がない」「…があったらいいのに」といった言葉をよく使う人は、自分から周りに働きかけようとする主体性の度合いが低い。「結果が思わしくないのは周りのせい」「自分は悪くない」という考え方が言葉に表れてしまっているのだ。
 日々の生活の中で言葉遣いを意識して、できるだけ主体性な言葉を用いるようにしてみよう。
 例えば、ミスをして上司に「どうしてもっと注意しなかったんだ」と怒られたとする。そのとき、感情的に「うるさいな、頭にくる」と思ったら、「気持ちを抑えよう」とつぶやいてみる。「Aさんの指示通りやっただけです」と言いたくなったら、「次は(Aさんに頼らず)自分で考えてやります」と言い換えてみる。「もっと時間があればよかったのに」という言い訳が浮かんだら、「私は早く出社して、時間にゆとりを持つようにする」などと言う。このように主体的な言葉を使うようにすると、少しずつ行動も変わってくる。
(本書より P90)


【関連書籍】





まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

1)本書の内容
 CHAPTER1 パラダイムと原則@(パラダイムの力を知る)
 CHAPTER2 パラダイムと原則A(問題の見方を変える)
 CHAPTER3 第1の習慣 主体的である@(反応を選択する)
 CHAPTER4 第1の習慣 主体的であるA(能動的な言葉を使う)
 CHAPTER5 第1の習慣 主体的であるB(影響の輪を意識する)
 CHAPTER6 第2の習慣 終わりを思い描くことから始める@(結果に向かって行動する)
 CHAPTER7 第2の習慣 終わりを思い描くことから始めるA(貫くべき原則を見直す)

2)本書から学んだこと
 ・「パラダイム」が人生に大きな影響を及ぼす!
 ・「インサイド・アウト」の姿勢が問題を解決に導く!
 ・言葉の習慣を変えれば主体性を高められる!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
レビュープラスもどうぞ!!





タグ:7つの習慣
posted by まなたけ(@manatake_o) at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 7つの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

「至福ポイント」を仕掛けたアメリカ加工食品の内幕を暴いた本!『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』(マイケル・モス著)



※献本ありがとうございます

本書フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠を読んでみた。

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)』を読んで以来、製糖の危険性についてはかなり認識するようになったが、本書『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』で突きつけた現代の加工食品に対する事実は、一瞬「冗談か?」と思うほど、我々に大きな衝撃を与える。

著者はニューヨーク・タイムズの記者、マイケル・モス。2010年に食肉汚染の調査報道でピュリツァー賞を受賞した敏腕記者だ!そのモスが書いた本書は、アメリカの食品業界が仕掛けた罠を暴いている。

本書は「加工食品は、大きく3要素が土台となっている」と喝破する。その3要素は「糖分、脂肪分、塩分」である。本書の目次のタイトルとなっている。

 その中でも特に注目したいとのが、「糖分」で明らかにしている「至福ポイント」と呼ばれる人間の脳が満足する糖分摂取の量だ。脳の仕組みを簡単にいうとは、脳は栄養よりも快楽や興奮を引き起こす力を求めている。ラットでの研究で明らかになっているように砂糖には「依存性」が確認されている。「依存性」という性質を利用しながら、食品メーカーは身体の仕組みを巧みに利用し、脳が満足する糖分摂取を欲求し続ける「至福ポイント」を追求し、食品に糖分を添加し続けた。このため、人間は加工食品に含まれた砂糖を求め続け、依存することになる。本書はケロッグなどの巨大食品メーカーの戦略を例に挙げ、企業が「至福ポイント」を追求しながら、いかに幼少期の頃から加工食品に依存するための仕組みやマーケティング戦略を繰り広げてきたか論証している。本書で明らかにされた仕組みにこそ、過食を誘発させ、健康を脅かす罠が潜んでいる。

本書は500ページを超える大作となっており、読むのに一苦労の作品だ。しかし、本書に書かれた内容は、私たちに健康を脅かす「食の危険性」を警告し、私たちに食に対する認識を正面から問い直すことを促している。


【本書のポイント】

■子どもの体の仕組みを利用する

 子どもと糖との関係には、極めて興味深い側面があった。それは食品産業にとって経済的に重要な側面でもあった。メネラは25年かけて、その領域に誰よりも接近した科学者となった。最新の研究で彼女は、5〜10歳の子ども356名を対象に糖の「至福ポイント」を調べた。食べ物や飲み物を最もおいしいと感じる、それ以上でもそれ以下でもない甘さである。
(中略)
 至福ポイントに関して企業が直面する唯一の課題は、至福ポイントにぴったり狂いなく合わせた製品を作ることだ。ケチャップであれヨーグルト菓子であれパンであれ、甘味が足りなければ売れない。別の言い方をすれば、ケチャップであれヨーグルト菓子であれパンであれ、製品ごとに糖分の正確な至福ポイントを見いだすことができれば、もっとたくさん売れる、ということだ。
(本書より P41〜P43)


【ちょっと気になる!?】

■ナイアシンアミド



今回紹介するナイアシンアミドは、糖分排出の働きを助けるナイアシン(ビタミンB3)が詰まったサプリメントです。

ナイアシン(ビタミンB3)は体内において、以下の働きに利用されます。

■ナイアシン(ビタミンB3)の働き
・糖質、脂質、タンパク質の代謝を助ける
・脳神経のはたらきを助ける
・血行をサラサラにする
・性ホルモンやインスリンの合成を行う際に使用される

私個人としては糖類が非常に好きで、頭を活性化させるために、缶コーヒーを1日4〜5本を飲んでおりました。他にも糖類を過剰摂取していた生活を送っておりました。その結果、
・糖分を摂った後はいいが、しばらくすると頭がボーとする
・身体がダルい、フラフラ、動悸がする
といった、「低血糖症」と思われる身体不調に長年苦しめられことになります。逆に、糖分の摂り過ぎが裏目に出た結果です。そのため、身体に溜まった糖分などの毒素の代謝が必要がありました。身体に溜まった糖分や老廃物を排出するために、このサプリメントを飲み始めたのです。

薬剤師さんの指示に従い、実際に、ナイアシンアミドを飲んでみると、1週間ほどで効果を実感できるようになりました。

まず、一番大きく変わったのが「糖分を欲しなくなった」ということ!一度、「たまには缶コーヒーを飲んでみるか!」と思い、缶コーヒーを飲んだことがありますが、「まずくて飲めない!」と感じたのです。身体自体が糖分を欲しなくなったのですね!

それ以降、体質が変わったのか
・糖分を摂った後はいいが、しばらくすると頭がボーとする
・身体がダルい、フラフラ、動悸がする
といった、長年苦しめられていた症状が緩和したのです。(あくまで、個人の感想です)。

(注意)
ナイアシンを過剰摂取すると、肌の紅潮や、かゆさが生じる などの「フラッシング症状」が起こることがあります。使用の際には、発売元である「さいたまラボ」様にご相談の上で、サプリメントの注意書きをよく読んで服用してください。


【関連書籍】



フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

1)本書の内容
 
 第T部 糖分
 第U部 脂肪分
 第V部 塩分
 エピローグ 我々は安い食品という鎖につながれている



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:健康
posted by まなたけ(@manatake_o) at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

【マインドマップ付き】放送作家が体得した「スルーされないための3原則」をビジネスや日常生活で使っていこう!『スルーされない技術』(石田章洋著)



※献本ありがとうございます

ビジネスにおいて、顧客に提案を行ったが顧客からの反応がなかった…あるいは、プライベートにおいて、友達にメッセージを送ったが返信が来なかった…このように、人間関係において「無視される」「スルーされる」状態が発生したとき、「無視された」「スルーされた」本人は強い不安感に襲われ、ひいては自分の存在性、自信を失ってしまう。

では、スルーされないためには、相手とどのようなコミュニケーション術が必要か?

本書スルーされない技術
 ・スルーされないための伝え方
をテーマに掲げ、「相手の心を離さない伝え方」に必要なルールやスキルが書かれた本である。

著者の石田章洋さんは人気テレビ番組を手掛ける放送作家である。”人気テレビ番組を手掛ける放送作家”と書くと、「コミュニケーション術とは関係ないじゃない」と思うかもしれない。

しかし、放送作家に求められるミッションは、「面白かったので来週も見よう」と視聴者に思ってもらうことだ。視聴者にスルーされては、番組の存在意義が問われかねない。視聴者にスルーされず、視聴者の心を掴み、掴んだら離さないための台本を書くことが生命線となる。常に視聴者にスルーされない伝え方を考えながら、台本を書くことが必要となるのだ。著者の石田さんは視聴者に「スルーされない伝え方」を行い、番組を通じて視聴者や関係者とコミュニケーションを取ってきたがゆえに、「世界ふしぎ発見!」などの人気番組を継続的に手掛けることができたのだと思う。

本書を通じて石田さんが述べたいことは、以下の3原則
 1.相手の心を一瞬でつかむ
 2.つかんだら離さない
 3.次回も観たいと思わせる

を基に、著者自身が培った「スルーされない伝え方の技術」である。そして、本書は「スルーされない伝え方の技術」を伝えるために、以下の構成で書かれている。

・「スルーされる人」と「スルーされない人」の違い
・つかみの法則
・引き寄せのルール
・次回も会いたいと思ってもらえる「話の締めくくり方」
・人の心をつかんで離さない話をするための「型」


ところで、今回は久しぶりに本書のポイントをまとめたマインドマップを掲載したが、このマインドマップに書いたキーワードを眺めると、「スルーされない人」は
 ・言葉や表現が、とことんポシティブ
 ・相手を”いい気分”にさせている
 ・他人のよい部分を認め、感謝を忘れない
など、「スルーされる人」に比べて”相手のことを考え、相手に対する気づかいを行っている”ことに気づく。視点が”自分を中心に”ではなく”相手を中心に”考えているため、相手の立場になって”話を組み立てる”ことができ、また、相手を喜ばせたり幸せにすることを考える。よって、最終的には相手の気持ちを”つかむ”ことができるのであろう。

本書に書いていることを身につけるためには、最終的にはトライ&エラーで思考錯誤しながら身につける必要があると思う。とはいえ、本書に書いている内容を整理するだけでも、本書からいろいろな気付きをいただき、かなり勉強になった。「スルーされているかな?」と思っている方に限らず、コミュニケーション能力を磨きたいと思っている方にとっても勉強になる本だと思う。


【マインドマップ】

本書のポイントをマインドマップでまとめました。マインドマップに描いたキーワードの詳細につきましては、是非、本書でご確認をお願いいたします。

image.png
拡大表示は以下のリンクをクリック!
なお、スマホでは綺麗に表示できないかもしれませんが、ご勘弁を(^^;)
スルーされない技術.html

そして、スマホの方は以下のリンクをクリック!マインドマップの内容を階層構造で表しました。
スルーされない技術.mm.html


【関連書籍】



スルーされない技術

1)本書の内容
 
 まえがき
 第1章 「スルーされる人」と「されない人」の違いとは?
 第2章 スルーされないつかみ≠フルール
 第3章 つかんで離さない≠スめのルール
 第4章 また会いたいと思わせる話の締めくくり方
 第5章 明日から使える伝え型
 あとがき

2)本書から学んだこと
 ・「スルーされない伝え方」にはさまざまなルールが存在する!
 ・「相手の立場になって考える」ことが必要!
 ・「トライ&エラー」で実践知を積み重ねることが必要!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 20:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | コミュニケーション/ダイアログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。