ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年04月19日

お金はその人を映す鏡である!『富者の遺言』(泉正人著)



※献本ありがとうございます

本書富者の遺言は、事業の失敗で借金3000万円を背負って生きている後藤英資と、ジョーカーというなぞの老人とのやり取りを通じてお金に関して知っておきたい大事なこと、そしてお金以上に大事なことを物語形式で伝えている本である。

ジョーカーの言葉にはお金に関する大切が言葉が綴られている。以下の言葉は、本書でジョーカーが語ったお金に関する要点である。

・お金で間違いを冒すのは、タイミングと選択を間違えるから
・お金というのは、その人にとって扱える上限と下限がある(最適な温度がある)
・お金を取り扱う能力は、扱う経験を増やすことでしか上がらない
・お金は人を移す鏡
・お金は信用が姿を変えたもの

(本書より P63)


特に印象に残る言葉は「お金はその人を映す鏡なんだよ」(本書より P52)という言葉である。著者は、この言葉こそお金の本質を表していると述べている。お金をどのように使うのか?自己投資?遊行?次のビジネス?キャッシュが底をつくまで使い果たすのか?それとも余力を残しながらキャッシュを使うのか?「お金はその人を映す鏡なんだよ」という言葉には、お金の使い方にその人の考え方や行動が表れる。そして、お金の使い方を見ると、その人が信用たる人間かどうかが分かるというものだ。先の言葉に関連して著者が伝えたいことは、次のジョーカーの言葉に端的に表れている。

 お金は人を幸せにもするが、人を不幸にもする。凶器のように感じることだってある。お金そのものには色はないが、人はそれに色をつけようとする
(本書より P52)


その一方で、本書を通じて著者が一貫して伝えたいことが「お金に支配される人生を生きるのではなく、お金と上手につき合う力を身につける」ということだ。お金に支配される恐さ....それは本書の最後に著者が述べている以下の言葉に表れている。

 持っているお金の量の大小や社会的地位、そしてお金を得たいという感情が強すぎて、家族の愛情や友情が見えなくなってしまうことの怖さ。人生が得られるお金の多寡によってのみ決断され、間違った方向にいってしまうという恐さ。お金よりも大切なものが全く見えなくなってしまう恐さ。
(本書より P221)


これらの恐さを本書を通して読んだとき、思わず自分の身を振り返り、「自分のお金の使い方は果たしてこれでよいのだろうか?」と反省してしまう!

お金の本質とお金の使い方に対する振り返りを促すこと。ここに本書の願いがあるのかもしれない。


【本書のポイント】

お金で間違いを冒す人間の九割は、タイミングと選択を間違えるんだよ。(本書より P33)

お金を扱う能力は、それを扱う経験を増やしていくことでしか伸びない。これは結論だ。最初は小さく、そして、だんだんと大きく。(本書より P44)

お金はその人を映す鏡なんだよ。(本書より P52)

お金は万能ではないが、お金の扱い方が変わると人生が変わる。(本書より P58)

お金持ちが恐れるのはお金が増えないリスクだよ。(本書より P76)

借金は決して悪いことではない。借金額と金利の取り扱いを間違わなければ、大いに経営に役立つ代物だ。借金額はバランスを見てきめればいいし、金利はそのお金を調達するためのコストだと考えるのが一番筋が通る。(本書より P98)

価値を見極める力とは、相手やモノを信用できるかどうかを見極める力だ。(本書より P108)

必要なときと、欲しいときに人はお金を使う。(本書より P135)

価格の決定力こそが、ブランドの力をきめる。(本書より P151)


【関連書籍】



富者の遺言 (Sanctuary books)

1)本書の内容
 
 第1章 始まり
 第2章 選ぶ
 第3章 扱う
 第4章 持つ
 第5章 信用
 第6章 リスク
 第7章 起業
 第8章 借りる
 第9章 所有
 第10章 計画
 第11章 商売
 第12章 価格
 第13章 賭ける
 第14章 失う
 第15章 転落
 第16章 器
 第17章 遺言

2)本書から学んだこと
 ・お金はその人を映す鏡である!
 ・お金を運んできてくれるのは、絶対に自分以外の他人である!
 ・お金とは、信用を見える化したものである!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネー/ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

「ソーシャルメディア」と「リアル」の組み合わせが新たな可能性の扉を開く!『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(徳本昌大/高橋暁子著)



本書ソーシャルメディアを武器にするための10カ条は、一言で言うと、「ソーシャルメディアを有効な武器として活用するための考え方が書かれた本」である。

本書のキーワードは「ソーシャリアル」「コミュニティ」そして「貢献」だ。その中でも特に重要と思うのが「ソーシャリアル」の考え方。この「ソーシャリアル」という言葉は、「ソーシャル」と「リアル」を組み合わせた本書の造語であるが、この言葉こそ本書のキモと言ってもいい。

「ソーシャリアル」とは「”ソーシャルメディア”と”リアル”を組み合わせ、コミュニティを作り、人脈のハブとなり活用していこう」という考え方だ。

一般的にソーシャルメディア活用の本というと「ソーシャルメディアでつながり、ソーシャルメディアで相手の役に立つ情報を投稿することで拡散が生まれ、ブランディングにつながる」と主張している本が多い。本書も確かに「ソーシャルメディア活用三原則」で、「出会うためのツール」「情報拡散のためのツール」と述べている。しかし、本書が他書と違うところは、単に、つながるという意味がソーシャルメディアの範囲に留まらない点にある。本書で特に主張しているのは「リアルで会うことに勝るものはない」という点である。この主張こそが、他のソーシャルメディア活用術の本との違いでもある。

確かにソーシャルメディアは「出会いのためのツール」という側面が強い。ソーシャルメディアがあればこそ、”雲の上の存在”と思われた人ともつながることが出来た。しかし、単に”つながる”だけでは、多くはそれ以上の発展はない。人は”リアル”で会い、その人の人となりが分かり、触れ合うことで”信頼関係”が生まれる。”信頼関係”が生まれるからこそ、ビジネスにもつながるのだ。ある意味、当たり前と言えば当たり前ではあるが、従来のソーシャルメディア活用術の本では欠けていた「リアルで会うからこそ信頼関係が生まれる」という視点の重要性を本書を通じて再確認できる。

とはいえ、いつもリアルで会えるとは限らない。そのため、会えない間はソーシャルメディアを活用し、投稿を通じて相手とのコミュニケーションを行いながら関係性を保つのだ。「ソーシャリアル」とは「ソーシャルメディア」と「リアル」の組み合わせと述べたが、本書の主張の要諦を書くと、
・ソーシャルメディアで出会いのキッカケ、そして関係維持のために活用する
・リアルに会うことにより、信頼関係を築く

ということにある。

そして、「リアルでの信頼関係を大切にしながら相手に貢献すると同時に、コミュニティを形成することで新たなプロジェクトやビジネスを生み出すことでチャンスを掴む」ことが本書の主張しているもう一つのポイントである。実際、本書の著者の一人である徳本昌大さんは、普通の会社員だった。しかし、ソーシャルメディアを活用し、勉強会を開催しながら普段は出会えないような人々との交流を行い、その後、「ソーシャルおじさん」として紹介されるようになった。そして、「ソーシャルおじさんズ」というコミュニティを結成し、いろいろなイベントやプロジェクトを仕掛けてきた。そた結果、そのネットワークは今でも拡大している。このような事実を目の当たりに見ると、「ソーシャルメディアとリアルの掛け合わせの可能性の大きさ」を改めて感じる。

本書に紹介されている人気ブロガーのうち、何名かは実際に私も知っている人だ。彼らも「ソーシャルメディア」と「リアル」を上手く組み合わせることにより、ちょっとしたキッカケで世界が広がった。どうすればそれが可能なのか?本書にはそれを実現するためのヒントがたくさん書かれている。本書は、「ソーシャルメディア」と「リアル」を組み合わせながらアクションを起こすことで広がる可能性の大きさを示した本であると同時に、そのためには何が必要かを示した本である。本書を読むと、「ソーシャルメディアは人との出会いをデザインするプラットフォーム」ということが自分の体験を振り返ってみても痛感する。新しい世界の扉を開けたいと思う方に、是非、読んでほしい本である。


【本書のポイント】

■アウトプットの最大の敵は「恐怖」

 「向上したい」「成長したい」と思った時にまずしたくなるのは「インプット」だろう。しかし、成長したいなら、「アウトプット」しなければならない。
 インプットはお手軽だ。恐れを抱く多くの人は、傷つかない道を選ぶ。「インプット」で傷つくことはない。インプットは受け身で済むし、満足度も高いし、安心だ。でも、「アウトプット」はそうではない。面倒だし、苦しいし、おまけに傷つけられることや恥ずかしい目に遭うことだってある。
 わざわざ嫌な目に遭う道を選ぶ人は少ない。アウトプットを敬遠し、インプットを選ぶのは、人ならごく普通のことなのだ。
(中略)
 しかし成功は、確実にアウトプットとつながっている。仕事も恋愛や結婚も、いくら座ってハウツー本を読んでも、行動が伴わなければ何も変わらない。それどころか、下手に満足してしまって動けなくなる分、質が悪い。大切なのは思考ではなく行動だ。
 では私が今は怖くないかというと、そんなことはまったくない。アウトプットにはいつでも恐怖が伴う。いつでも、「この記事はたたかれないだろうか」「この本は売れるだろうか」「今日の講演は聴いてもらえるだろうか」という恐れがある。けれど、その恐さを乗り越えてアウトプットしなければ何も変わらないこともよく分かっている。だから、その恐怖心、臆病な気持ちを胸に抱えたまま、私は清水の舞台から飛び降りている。でも、行動しなかった時の恐怖は、この恐さの比ではないのだ。
 繰り返す。アウトプットがないインプットはインプットではない。恐怖を乗り越えてアウトプットしてこそ得られるのが成功だ。アウトプットありきでインプットすることこそが重要であり、成長につながる鍵なのだ。
(本書より P48〜P50)


■リアルがベスト。会わない間はソーシャルメディアでつながろう

 ソーシャルメディアは、あくまで「出会うためのツール」「会わない間の関係性を保つためのツール」「情報拡散のためのツール」として活用すると、最大限に効果を発揮することができる。
 ソーシャルメディアを使うと、会いたい人を見つけることができる。面白い人のまわりを探し、シェアされている情報を元に「会いたかった人」をピンポイントで見つけ出す。そのように会いたい人を見つけることもできるし、相手の行動が見えるので実際に会う機会も見つけやすい。「出会うためのツール」としては、非常に使いやすいはずだ。
 同時に、「会わない間の関係性を保つためのツール」としての力を発揮する。
 リアルに会うことが一番なのは既に述べた通りだ。フェイスブックでコメントや「いいね!」の交流を繰り返すよりもツイッターやブログ、メールで交流を深めるよりも、たった一度会う方が信頼が高まり、お互いについて情報が交換できる。関係性も深まるし、話も進展する。
 ただ、みんな忙しくてタイミングが合わず、簡単には2回目、3回目と会うことができない。だから、会えない間にソーシャルメディアでつながっておくことで、関係性が保っておけるのだ。相手についてより深く知ったり、2回目、3回目にも設けやすくなるだろう。
 もう1つおすすめなのが、「情報拡散のためのツール」という使い方だ。リアルに会って関係性が築けたら、情報を拡散する手助けをし合うことができる。お互いに協力し合い、たくさんの協力を得ることで、情報はどこまでも拡散されるようになる。
 これが、ソーシャルメディアとリアルを組み合わせた「ソーシャリアル」だ。
 ソーシャルで縁が生まれ、リアルでより深く交流し、ソーシャルで関係を強化する。そんな「ソーシャリアル」なコミュニティが作れれば、リアルやソーシャルな雑談から、様々なビジネスが生まれていく。
 これまでフェイスブックやツイッターだけを一生懸命やっていた人は、ちょっと反省してほしい。ソーシャルメディアにかける時間はもっと減らしていい。その代わり、その時間を直接会いに行くために使おう。ソーシャルメディアは、会う前と後に効果的に活用しよう。ポイントは「リアル」と「ソーシャルメディア」の組み合わせ。そのことを忘れずに、よりよい関係を築いていこう。
(本書より P122〜P125)


■Giveの精神、貢献で人脈のハブを目指そう

 情報をシェアしただけで、ありがとうと言われるのだ。感謝の言葉は元気の源であり、ハッピーの入り口だ。それと同時に、その情報を受け取った仲間からも感謝されることがあるのだ。そのシェアされた情報は、あなたの別の仲間が探しているかもしれない。情報をシェアしたことで別の仲間に貢献できる。これを続けていけば、あなたはソーシャルメディア上で情報のハブになっていく。
 ソーシャルメディアの情報拡散で、仲間をつなげていき、リアルの出会いをデザインしよう。これを続けていけば、あなたは人脈のハブになり、多くの情報が集まるようになる。AさんやBさんなどの仲間のソーシャルメディアのコメントであなたが紹介されたり、彼らのブログで記事が紹介されることもある。「人脈が豊富で彼に相談すればビジネスがうまく行きそうだ」ということが、ソーシャルメディア上で拡散されていく。それも自分の投稿ではなく、第三者の客観情報として拡散されていくのだ。
 これこそが、私たちが目指すソーシャルメディアでのパーソナルブランディングだ。ソーシャルメディアで仲間の応援をするうちに、いつのまにか自分のパーソナルブランドが強化されていく。仲間の応援をスタートすることで、少ない時間で多くの果実を得られるのだ。
(本書より P171〜P172)


■ソーシャルメディアは人との出会いをデザインするプラットフォーム

 自分を変化させるためには、環境を変えたり、会う人を変えることだとよく言われるが、ソーシャルメディアは人の出会いをデザインできるプラットフォームだと位置づけよう。
 幸せはポジティブで元気な人が運んでくれると私は思っているので、フェイスブックでアクティブに活動している人を積極的に見つけたら、友達申請をして、どんどんソーシャルメディアで交流を図るようにしている。人脈という最大の財産を手に入れられる武器がソーシャルメディアなのだから活用しない手はない。アカウントを持っているだけ、ロムしているだけでは、武器を使いこなせていない。自ら友人を求め、探す旅に出れば、面白い出会いが手に入り、ネットワークは日々最大化されるのだ。「生きるとは呼吸することではない。行動することだ」とフランスの哲学者ルソーは言うが、ソーシャルでの出会いをデザインするために、待つだけではなく、積極的にアウトプットなどのアクションを起こすべきだ。
(本書より P222)


【関連書籍】



ソーシャルメディアを武器にするための10カ条

1)本書の内容
 
 第1条 専門家たれ
 第2条 アウトプットで自分もまわりも巻き込む
 第3条 手を挙げる準備をしておく
 第4条 緩い絆のコミュニティを作る
 第5条 ソーシャルで出会い、つながり、リアルで会う
 第6条 即レス、即アクションを心がけよ
 第7条 Give&Give 貢献こそがソーシャルメディア
 第8条 仲間を見つけて協力し合う
 第9条 伝える力と聞く力をソーシャリアルで鍛えよ!
 第10条 プラットフォーム(基盤)を作る

2)本書から学んだこと
 ・「ソーシャルメディア」と「リアル」を上手く組み合わせることで世界が広がる!
 ・「リアル」で会うことが信頼関係を築く上でなにより大切!
 ・ソーシャルメディアは人との出会いをデザインするプラットフォームだ!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:IT/Web
posted by まなたけ(@manatake_o) at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT/Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

時間管理の考え方や工夫が良く分かる本!『効率が10倍アップする! 「時間」を生み出す教師の習慣』(栗田正行著)



※献本ありがとうございます

仕事をしている途中でいろいろな割込みが入り、あっという間に時間が過ぎ去ってしまい、予定していた仕事が片付かづに一日が終わってしまったという経験はないだろうか?本書効率が10倍アップする! 「時間」を生み出す教師の習慣は、忙しい教師である著者が、自分なりの工夫をこらしながら時間を生み出す方法をまとめた内容となっている。

教師という仕事は忙しい職種である。例えば、授業の準備や成績処理などは勤務時間外に行なわなければならない。また、テストの採点など、締め切りに追われるような仕事もある。そんな状況の中で教師は上手く時間を使うことが求められる。著者はそんな時間に追われる状況と向き合いながら、自分がどうしたら効率的に時間を使うことができるのかを自分なりに取り組んできた。本書に表れているノウハウは、著者の取り組みの結果である。

本書の基本的な考え方は「TIMEの法則」に表れている。「TIMEの法則」は、以下の4つの英語の頭文字を取った法則である。

 ・Think(考える・予想する)
 ・Improve(改善する)
 ・Manage(管理する)
 ・Employ(活用する)


これらを見ると、
 ・何をするのかをあらかじめ考え
 ・各種ツールを活用しながら
 ・予定と実績を管理し
 ・もしうまくいかなければ改善する

という考え方が表れている。そんな著者が大切だと言っているのは
 ・何に無駄に時間を費やしているのかを記録を振り返ることで認識すること
 ・そして、上手くいくための工夫を継続して行うこと

ということだ。そんな著者の工夫をみると、「ちょっとしたことの積み重ねが大きな効果を生み出している」ということが良く分かる。

著者は本書の中で以下のように述べている。

 「時間」はある意味、あなたの「命」です。「命」=「あなたがこの世にいるということを許された時間」なのです。先生の使命は、文字通り「という時間を使って指導を行うこと」です。本書が、あなたの時間を有意義かつ有効活用するためのお役に立てれば、著者としてこれ以上に嬉しいことはありません。
(本書より P9)


本書の工夫を上手く取り入れることで時間を有意義かつ有効活用につながると思うほど、内容の濃い本だ。


【時間管理の基本ルール「TIME」の法則】

■Think(考える・予想する)

 あなたのまわりには、同じような仕事量を抱えているはずなのに、なぜかいつも慌ただしく焦っている方っていませんか(もしかしたら、あなた自身がそのような状況であれば謝ります)。
 そのように忙しそうにしている人には、ある共通点があります。それは、何も考えずに無我夢中に動いていることです。補足すると、何かを考えているのかもしれませんが、段取りを考えて動いていないので見通しが立っておらず、常に焦っているというのが正確な状況かもしれません。
結論から言うと、物事の段取りを立てることにじっくり時間をかけたほうが、トータルでかかる時間は短いのです。時間がないと思うと、ついつい先に手をつけたほうがいいと思いがちですが、それではありません。
(中略)
 まず考えること、そして予想することがあなたの時間の無駄を省くキーワードです。これを意識するだけでも、本書を読んだ価値があると過言ではないくらい大切なポイントですので、ぜひ実践してみてください。
(本書より P16〜P17)


■Improve(改善する)
 今までやってきたことをよりよくするために改善するというのは、当然のことのように思えます。有名なところでは、トヨタのカイゼンや企業でよく用いられるPDCAサイクル(Plan→Do→Check→Action)などが挙げられます。それと同じようにあなた自身の時間管理方法もどんどん改善していく必要があるのです。
 ただ、人は既存のやり方をよしとする心理傾向がありますから、これを意識しておかないと難しいことなのです。
 では、改善できるようになるための三つの考え方を紹介します。

・改善するための考え方 その1 「カンペキだと思った瞬間に成長は止まる」
・改善するための考え方 その2 「『自己流』より『他己流』
・改善するための考え方 その3 「デキる人の『3条件』を意識する」

 (それぞれの考え方の本文は省略)

 このような3条件を意識し、自分が実践できているかを確認しつつ、改善していくことで仕事の効率は飛躍的に上がります。流れる水が一時も同じ形を保たないように、流れる時間の中で環境や状況はどんどん変わっていきます。その感覚を常にもち、自分を改善し続けることが時間を上手に活用するための近道なのです。
(本書より P20〜P25)


■Manage(管理する)

 時間管理の基本的な考え方は、大きく分けて二つあります。一つは、テクニックやノウハウを学び、物理的に解決する方法。もう一つは、考え方を変えることで心理的な解決を図る方法です。重要なことは、人によって性格や得意分野が異なるので、自分に合った時間管理を取り入れるべきだということです。
 本書でも前述の二つの方法を基本として、様々な角度から時間管理についてお伝えしていきます。
 ここでは、物理的な時間管理について考えてみます。シンプルに考えて、私は仕事上の時間のやりくりで大切なのはBeforeとAfter、つまり事前準備と事後の振り返りだとかんいます。

《Before 【事前準備】》→ 年間、月間、週間、一日の見通しを立てる
 これは誰もが少なくとも意識している時間管理方法でしょう。具体的な手法は後述しますが、ここでのキーワードは一括管理です。授業や日常業務、その他の予定もあれこれいろいろな場所に記録していると、必ず漏れが出ます。見通しを立てたとしても、漏れがあっては意味がありません。見通しを立てる重要性とともに、一括管理についても意識をもっていきましょう。

《After 【事後の振り返り】》→自分が何をやっていたか、時間簿をつける
 前述の時間管理方法に比べ、あまり実践されていないのがこの事後の振り返りです。たとえるならば、子どもの頃、事前に夏休みの予定はばっちり立てるものの、実際どうだったかを記録する日記が疎かになりがちなことに似ています(私も思い当たる節があり、耳が痛いのですが・・・)

 もちろん、忙しい日中に自分のしたことを時間簿にじっくり書いていくのは負担が大きいですし、継続しづらいでしょう。ですから、あまり細かく考えず、その時間に何をしていたのかがわかるくらいの記録をつけるのがおすすめです。
 これを一週間ほど継続すると、自分がどのような業務にどれくらい時間を割いているかが見えてきます。自分の仕事のやり方のクセもわかります。この振り返りをもとに改善する人と、漠然と仕事をする人では、「効率」という点で大きく差が出てくるのは想像に難くないでしょう。今まで時間簿をつけたことがない方は、ウソだと思って試してみてください。
(本書より P26〜P28)


■Employ(活用する)

 時間を上手に使うためには、ツールの活用はなくてはならない必須事項です。とはいえ、ツールといっても、特別なものである必要はありません。ここで紹介するのは、文房具を取り扱っているお店ならどこでも売っているようなものや、スマートフォンあるいはネットにつながるパソコンがあれば活用できるものばかりです。
 では、実際に私が活用しているグッズやツールをいくつか紹介します。

 ・時間活用グッズ・ツール その1 「A7メモ」
 ・時間活用グッズ・ツール その2 「Googleカレンダー」
 ・時間活用グッズ・ツール その3 「フラッシュタイマー」
 ・時間活用グッズ・ツール その4 「お気に入り文具」
 ・時間活用グッズ・ツール その5 「本」

 (それぞれのツールの本文は省略)
(本書より P32〜P38)


【関連書籍】



効率が10倍アップする! 「時間」を生み出す教師の習慣

1)本書の内容
 
 第1章 時間管理の基本ルール「TIME」の法則
 第2章 「時間」を生み出す仕事術
 第3章 子どもたちや保護者との時間術
 第4章 自分と環境の時間の習慣

2)本書から学んだこと
 ・まずは使っている時間の「見える化」からスタート!
 ・ツールを上手く使い、改善を繰り返しながら時間の有効活用を!
 ・時間は「命」。時間の有効活用は、「命の有効活用」につながる!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 18:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 人生/生き方/生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。