ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2014年03月26日

シンプルだが生きる力を与えてくれるアドラーの言葉!『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起こる100の言葉』(小倉広著)



ベストセラーとなっている『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎/古賀史健著)で一躍有名になったアルフレッド・アドラーの名前。アドラーは『人を動かす 新装版』の著者であるデール・カーネギーや『7つの習慣-成功には原則があった!』の著者であるフランクリン・R・コヴィーにも影響を与えた人物として知られ、「自己啓発の父」と呼ばれている。本書アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉は、著者の小倉広さん自身の体験を交えながら、アドラーや高弟ルドルフ・ドライカーズの言葉を解説している本である。

嫌われる勇気』との比較を自分なりの解釈でまとめると、
「『嫌われる勇気』では、青年と哲人との対話を通じて、アドラーの理論を体系的に、しかし読者が理解しやすい形で書かれている」
のに対し、
「『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』は、”超訳”という手法を用いることで、アドラーの言葉や思想を日常生活に取り入れやすい形で書かれている」
という違いがあるものと思っている。

そのためか、本書に書かれている言葉はどれもシンプルだ。読む人にとっては「そんなの当たり前じゃない!」と思うかもしれない。しかし、シンプルな言葉ゆえに核心を突く!

私が本書を読んで一番印象に残った言葉が以下の言葉である。

6.人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。過去の原因は「解説」になっても「解決」にはならないだろう。
(本書より)


上記の言葉を簡単に言うと、「過去を変えることは出来ない。しかし、未来はこれからつくることが出来る」と言っている。自己啓発書を読んだことがある方なら誰しも一度は聞いたことがあるフレーズであろう。

シンプルではあるが核心を突く。それがアドラーの言葉なのだ。著者の小倉さんは以下のように述べている。

本書の言葉はどれもシンプルで明快です。であるがゆえに「あたりまえ」に聞こえるかもしれません。しかし、その「あたりまえ」こそが真実であり、答えなのです。
(本書「まえがき」より)


そんな「シンプル」で「あたりまえ」のアドラーの言葉を左側に書かれた小倉さんの文章をあわせて読むことで、今まで見えなかったものが見えてくる、そして、これらの言葉は我々に生きる力を与えてくれる。そんな言葉に綴られた本である。


【本書のポイント】

■すべてあなたが決めたこと

1.人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。

6.人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。過去の原因は「解説」になっても「解決」にはならないだろう。

8.健全な人は、相手を変えようとせず自分がかわる。不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。


■そのままの自分を認めよ

11.あなたが劣っているから劣等感があるのではない。どんなに優秀に見える人にも劣等感は存在する。目標がある限り、劣等感があるのは当然なのだ、

12.劣等感を抱くこと自体は不健全ではない。劣等感をどう扱うかが問われているのだ。

19.できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。


■性格は今この瞬間に変えられる

30.ライフスタイル(=性格)とは、人生の設計図であり、人生という舞台の脚本である。ライフスタイルが変われば、人生はガラリと変わるだろう。

37.「怒りっぽい性格の人」など存在しない。「怒りという感情をしょっちゅう使う人」なのだ。生まれ変わる必要はない。感情の使い方を変えればいいだけなのだ。


■あらゆる悩みは対人関係に行き着く

39.すべての悩みは対人関係の課題である。仙人のような世捨て人さえも、実は他人の目を気にしているのだ。

41.悩みをゼロにするには、宇宙でたった一人きりになるしかない。

42.人生には3つの課題がある。1つ目は「仕事の課題」2つ目は「交友の課題」3つ目は「愛の課題」である。そして後の方になるほど解決は難しくなる。


■幸せになる唯一の方法は他者への貢献

66.自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも多く、相手に与えること。幸福になる唯一の道である。

69.自分のことはかり考えていないだろうか?奪う人、支配する人、逃げる人、これらの人は幸せになることができないだろう。

77.「信用」するのではなく「信頼」するのだ。「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。

80.理不尽な上司や学校の先生に、むりやり認めてもらう必要はない。市場価値の高い人間になればよい。より大きな共同体で考えればいいのだ。


■困難を克服する勇気を持て

81.「勇気」とは困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出合うと、人生のダークサイドへと落ちてしまうだろう。

83.他人の評価に左右されてはならない。ありのまま自分を受けとめ、不完全さを認める勇気を持つことだ。

89.大切なのは「共感」することだ。「共感」とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることである。


■他人の課題を背負ってはいけない

99.それが「あなたの課題」ならば、たとえ親に反対されても従う必要はない。自分の課題に足を踏み込ませてはいけないのだ。

100.陰口を言われても、嫌われても、あなたが気にすることはない。「相手があなたをどう感じるか」は相手の課題なのだから。


【関連書籍】



アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

1)本書の内容
 
 すべてあなたが決めたこと―自己決定性について
 そのままの自分を認めよ―劣等感について
 感情には隠された目的がある―感情について
 性格は今この瞬間に変えられる―ライフスタイルについて
 あらゆる悩みは対人関係に行き着く―ライフタスクについて
 家族こそが世界である―家族構成について
 叱ってはいけない、ほめてもいけない―教育について
 幸せになる唯一の方法は他者への貢献―共同体感覚について
 困難を克服する勇気を持て―勇気について
 他人の課題を背負ってはいけない―課題の分離について

2)本書から学んだこと
 ・あらゆる悩みは対人関係に行き着く!
 ・幸せになる唯一の方法は他者への貢献!
 ・人生はきわめてシンプルである!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:自己啓発
posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

問題解決のポイントを掴めるマンガで一生ものの「戦略思考」を手に入れろ!『マンガでやさしくわかる問題解決』(河瀬誠著)



※献本ありがとうございます

本書マンガでやさしくわかる問題解決は「問題解決」のアプローチをマンガを使いながらストーリー仕立てで分かりやすく書かれている本だ。

マンガで描かれているストーリーを簡単に紹介すると、以下の通りだ。

主人公の中海美帆は、蔵崎で120年も続く老舗帆布製造会社である蔵崎帆布(株)の娘である。丁寧で質のいい生地で作られたトートバッグが主力製品であり、現在もそれなりに売れてはいる。しかし、職人の手作りであることから高価のため、近年は外国の安価なバッグに押されている。しかも機械が60台しかなく、1日に生産できる生地の量には限度がある。そのため、その中からいかに粗利を上げるかが重要な課題となっている。現在は大手メーカーの下請けの仕事を受けることで利益を確保しようとしているが、それはジリ貧になることも誰もが知っていた。しかも職人は高齢化となっている。問題山積の状態だ。そんな中、父の社長引退にともない、主人公の中海美帆と兄の中海健が会社を引っ張ることになった。だが、兄の中海健は1年前に妻を交通事故で亡くして以来、心にぽっかり穴があいた状態だ。そんな中、中海兄弟の幼馴染で東京で上場会社を立ち上げた女社長・川奈真琴が社外取締役として問題解決手法を用いて中海兄弟を支援していく....

本書では、問題解決の方法を以下の4つのステップで書かれている。

・STEP1 論点の整理
・STEP2 解決策の仮説作り
・STEP3 実現プラン
・STEP4 実行とPDCA


マンガで書かれていることもあり、ストーリーがイメージしやすい。また、マンガの後に書かれている解説も、戦略思考の本にありがちな難しい文章ではなく分かりやすい文章で書かれているため、マンガと結びつけながら読むことができる。

ところで、この問題解決の手法は「ビジネスのみ」と考えがちではあるが、そんなことはない。例えば、将来の夢や希望を実現するための方法を探ることにも有効に使えるはずだ。

将来の夢や希望はあるものの、それを実現するための方法が分からない....夢や希望を叶えたくても、その道のりが見えない....現在と将来のビジョンとの間に「ブラックボックス」が存在していることが問題となる。この間に存在する「ブラックボックス」を、いかになくしていくのか?これが「問題解決」となるはずだ!しかし、将来のことなど誰にも分からない。そのため「仮説」を作り、「実現プラン」を作り、「PDCAサイクル」を回しながら実行していく....このようなステップが必要となるはずである。

このことからも、本書で提示されている問題解決の手法は「ビジネスに限らない」ことが分かる。そして、そのような思考を身につけることで、問題解決の領域が「ビジネスからプライベートまで」広がるはずだ。本書の表紙に「一生モノの戦略思考を手にいれよう」と書いているが、まさに「一生モノの戦略思考」である。


【問題解決 4つのステップ】

■STEP1 論点の整理

 ひとつの問題には、その問題を引き起こす原因、それに関連した副作用、また解決に向けて取りうつ打ち手など、いろいろな「論点」が絡み合っている。
 論点を整理することは、その複雑に絡み合った論点を、わかるように解きほぐしていき、問題の本質を見極めることだ。
 ひとつの問題に関連するさまざまな論点には、本質的なものもあれば、問題解決にはあまり関係ないものもある。そのうち本質的な論点がどこにあるのかを見極めていくと、問題の全体像が次第に見えてきて、頭がスッキリと整理されるはずだ。
 論点が整理できると、ほかの人にも問題をスッキリ説明できる。ひとりで抱え込んでしまうのは、「論点が整理されていないから」ということが多いのだ。
(本書より P24〜P25)


■STEP2 解決策の仮説作り

 本質的な論点を見極めたら、次のステップは解決策の「仮説」を作ることだ。この「仮説」とは、文字どおりの仮の説で、正解ではない。
 受験勉強と違って、ビジネスの問題には唯一の正解はない。方程式も暗記も役に立たない。”コレだ”と思う解決策を考え出しても、実際に試してみるまでは、それが役に立つかどうか、本当にはわからない。
 だから、あくまでここで作る解決策とは、仮の説だ。解決策を「仮説」として作り、実際に試してみて、効果を確かめる(「検証する」)のだ。
 検証した結果、期待どおりの効果があれば、その仮説を採用する。そうでなければもとの仮説を直して、よくしていくのだ。
(中略)
 一見、周り道にも見えるが、正解がない以上、仮説を作って検証を進めることが、現実的には一番の近道であり、また解決策を作る唯一の方法なのだ。
(本書より P25〜P26)


■STEP3 実現プラン

 問題を解決して目指す理想的な状況を「ビジョン」と言う。高みを目指すビジョンだからこそ、人を動かすことができるのだ。
 あなたの作った仮説が、あなたのビジョンに到達できるものなのか。同時に、ビジョンを数字に落として具体化していこう。このビジョンは最初に設定するよりも、仮説ができてきてから考えるほうが、意外と具体的にしやすいものだ。
 そして、ビジョンを実現するための道筋を示す、中長期的な計画である「ロードマップ」を作ろう。
 そのうえで、ロードマップの最初の地点を目指すための直近の計画である「アクションプラン」を具体的に詰めていこう。誰が担当し、どんなことをするのか、この詰めが甘いと、結局はだれも何もしないまま放置されてしまう。しっかりと詰めよう。
(本書より P27〜P28)


■STEP4 実行とPDCA

 プランができたら実行あるのみ。そして、仮説を検証してみて、効果があればさらに改善する。期待がはずれたら修正する。
 これをプラン(PLAN)、実行(DO)、検証(CHECK)、仮説の変更(ACTION)のPDCAと言う。
 このPDCAサイクルを数回繰り返して「もうこれで大丈夫」と言えるようになったら、それこそが求めてきた解決策だ。
 問題解決を進めつつ、同時によりよい解決策を作っていく。これこそが、最も効率的で効果的な、問題解決の進め方なのだ。
(本書より P28)


【関連書籍】



マンガでやさしくわかる問題解決

1)本書の内容
 
 プロローグ 問題解決とは
 1 問題を構造化する―MECEとイシューツリー
 2 仮説を作る―たくさんのアイデアから解決策を導き出す
 3 実現プランを作る―仮説から実行するための解決策へ
 4 実行と検証―よりよい解決策を見つけるために
 エピローグ 蔵崎帆布のその後…

2)本書から学んだこと
 ・我々は日々、問題を解決しながら生きている!
 ・問題解決手法はビジネスだけではなく、プライベートでも使える!
 ・「論点の整理+仮説+実現プラン+PDCA」の4STEPを身につけることは一生モノだ!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:思考法
posted by まなたけ(@manatake_o) at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

仕事も子育てもあきらめたくないワーママへの「応援メッセージ」!『ワーママ時間3倍術』(山守麻衣著)



※献本ありがとうございます

ワーキングママ(以下、「ワーママ」と記載)はとにかく忙しい。自分の仕事・子どもの育児・家事全般と気を配らせないといけず、時間の流れがとにかく速いというのが実感ではないかと思う。また、「ママ友との付き合い」や「子どもを保育園に預けて残業しなければならない」など、ワーママならではの悩みも多い。悩みの中には「他人には相談しづらい」ものもあるのではなかろうか?そんなワーママの悩みに応える本が本書ワーママ時間3倍術―子育てしながら稼ぐ母になる方法である。

本書は、忙しいワーママにとっては日々の生活の中で感じていると思われる悩みと著者の解決策が、以下の視点で書かれている。
 ・職場で大事にされるためのコミュニケーション
 ・子どもを預けるときの心構え
 ・ワーママの親子の絆の深め方
 ・ワーママの家事の段取り術
 ・ワーママのキレイ術


著者の山守麻衣さんもフリーライターとして活躍されている「激務型ワーママ」である。仕事柄、取材や打ち合わせで外出することも多い。また、夕方以降も仕事が入ることもある。著者も数多くの困難に当たりながら、「ワーママ」の日々を過ごしてきたことが本書から読み取ることができる。保育園に預けている子どもを気遣いながら、ほぼ毎日仕事をするのは、身体的にも精神的にもかなりの負担となろう。その一方で、「仕事を手放したくない」という思いも強かったのではないかと思う。

その一方で著者は取材を通じて「仕事を手放したくない」というワーママが多くいると同時に、ワーママが抱える悩みを多く知る。なかなか相談できない、もしくは相談してもなかなか周りに理解してもらえないワーママに対して、本書を通じて”「子育て」と「仕事」をうまくリンクさせ、相乗効果でどちらも「心豊かなもの」にする”(本書より P43)とメッセージを送っている。その一例が本書で紹介している、ある大企業CSR担当者の言葉である。

 ワーママは、仕事をうまく共有したり、気遣いが上手になったり。仕事をうまく回すためには、コミュニケーションがうまくならざるをえないもの。また、時間に制約があるほど、効率化しようと考え、試行錯誤を重ねるようになります。その姿勢は、もしかするとほかの社員も見習うべきなのかもしれませんね。
(本書より P15)


本書全体を通じて言えることは、著者が「多くのワーママに、”キャリア”を手放すことなく、本書が”希望”を見出すキッカケとなって欲しい」という思いを抱きながら、メッセージを発していることだ。そんな思いが一人でも多くの方に届くことを願わんばかりである。


【本書のポイント】

■ピンチを乗り越える、強い心のつくり方

 どんな仕事にも、ミスやトラブルはつきもの。しかしワーママの場合、事態を一段と重く、過剰に「深刻」に受け止めてしまいがちではないでしょうか。
 「もう仕事なんてやめようかしら。子どものためにも」
 弱気になっているときほど、「子どもの存在」を言い訳にしてしまいがち。ですが、それは子どもに「失礼」かもしれません。
 本書で提案したいのは「子育て」と「仕事」をうまくリンクさせ、相乗効果でどちらも「心豊かなもの」にするということです。キレイごと、理想論だと笑う人もいるかもしれません。しかし、それはきっと可能なはずです。なぜなら、子育ても仕事もその根幹にあるのは「人」だからです。
 また、働くあなたには、社会でうまく振る舞う「ビジネス脳」があることでしょう。例え部分的にでも、それを子育てに活かしたり、応用することは有益です。
(本書より P43〜P44)


■ママ友ゼロ、でも大丈夫!

 保育園時代の「ママ友」との付き合い方について見ていきましょう。私はママ友との両極端な「お付き合い」の濃度を経験しました。最初の保育園では「ベッタリ、ドップリ」、現在の保育園では「お付き合い、ほぼゼロ」です。どちらも経験して感じることは、「仕事の支障にならない範囲で、負担を感じない程度にお付き合いを楽しめればラッキー」というスタンスでいることです。
 「ママ友と活発に交流し、地域ぐるみで子育てをしている」状態は、一つの”理想の状態”であることでしょう。しかし、ここではあえて「ママ友との付き合いを負担に感じている」という方に参考になりそうなことをお伝えしたいと思います。なぜなら「ママ友とムリしてまで付き合わなくてもいい」という議論は、メディアでほとんど取り上げられないからです。以下に私が経験した、”ママ友付き合い”三つの「デメリット」を挙げておきましょう。
 デメリットの一つ目は「労働時間のロス」です。ママ友がいると予期せぬ「番狂わせ」がスケジュールに生じるものです。
(中略)
 デメリットの二つ目は「手間が生じること」です。ママ友が多いと派生するのが「モノ」のやりとりですが、これも時間的に負担になります。
(中略)
 そして、デメリットの三つ目は「個人情報のろうえい」です。最近ではツィッターやブログ、フェイスブックなどのソーシャルメディアで情報を発信することが当たり前となりました。ネット上での他人からの中傷や”ブログ炎上”などは恐ろしいものです。しかし私はそれよりも警戒すべきは、同じ園のワーママではないかと感じています。自分が「噂」の主人公になってしまうリスク がつきまとうのです。
(本書より P65〜P67)


■ワーママ流「おしゃれ道」を楽しもう

 働いていても、いなくても、子育て期は、自分の「美の常識」を整理する時期です。洋服にしても、メークにしても「子どもと一緒に過ごせる安全なもの」かどうかが最優先になってきます。もちろん「時間がかからないもの」という条件も加わります。この大きな二つの課題を受け入れて、「ママ自身が今までより健やかになれる!」「上手な”時間の使い手”になれる」とプラス思考に考えてみましょう。
 また「子どもを産んだから」「仕事が激務だから」といって、「キレイ」をあきらめることはありません。むしろ、子どもがいるからこそ、体のメカニズムや製品の成分などにまで敏感になり、キレイになれるはずなのです。「手抜き」ではなく「合理的」、「安全第一」だけどおしゃれに見えるという装いこそ、あなたが追求すべきスタイルです。製品選びの「ものさし」から、見直していきましょう。
(本書より P167〜P168)


【関連書籍】



ワーママ時間3倍術―子育てしながら稼ぐ母になる方法

1)本書の内容
 
 第1章 職場で大事にされるワーママになるには
 第2章 “預け方”がうまい人ほど、仕事もデキる!
 第3章 ワーママだからできる!親子の絆の深め方
 第4章 デキるワーママになるカギは、「食」の段取りにあり!
 第5章 家庭にひそむ“ムダ家事”を撃退する方法
 第6章 “疲れた子持ち”に見られない!忙しママのキレイ術

2)本書から学んだこと
 ・時間に制約があるワーママほど思考錯誤を繰り返す!
 ・成功体験の蓄積が自信をつける!
 ・ワーママから学ぶことはたくさんある!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生/生き方/生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。