ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2013年12月21日

「面倒なバックオフィス業務から解放されたい」と願うフリーランスや個人事業主の期待に応える本!『世界一ラクにできる確定申告』(原尚美/山田案稜著)



フリーランスにとって恐怖の3月15日...この日は確定申告の締切日である。私はフリーランスではないから、その大変さを実感したことはないが、簿記を知っている人間にとって、「この勘定科目で合っているんだっけ?」と膨大な領収書を前に会計ソフトに入力することを考えると気が滅入るのは必然である。

だが、2013年に誕生した「freee」というクラウド型会計ソフトを使うと、かなりラクに入力することができる。「freee」の最大の特徴は記帳作業の大部分が「自動的に」行われる点にある。例えば、銀行の記帳明細はもちろんのこと、クレジットカードの明細、そしてSuicaなどの交通系ICカードの明細まで自動的に取り込んでくれる。また、ガス代・水道代・電気代などの光熱費などの家事按分を決めたルールで自動的に行ってくれる。読み込んだデータの内容から、該当する勘定科目を予測して候補を表示してくれる(ただし、間違っている可能性もあるので、補正は必要)。このような優れモノの会計ソフトなのだ。

そんな優れモノ会計ソフト「freee」を使いながら、フリーランスや個人事業主が確定申告を行うための実用書が本書世界一ラクにできる確定申告である。

先にも述べたが、本書は、フリーランスや個人事業主のために書かれている本だ。そのため、彼らの状況を考慮した上で、彼等に役立つ内容が盛り込まれている。

一般的にフリーランスや個人事業主の方は経理等のバックオフィス業務に時間を割いている余裕がない。「バックオフィスに費やす時間を本業に充てることができたら」というのが本音であろう。また、税理や簿記の専門家ではないから領収書の金額を会計ソフトに入力するにしても、選んだ勘定科目が妥当かどうかが分からない。また、相談したくても相談できる相手がなかなかいない。本を読んで勉強するにしても、巷に出回っている本は難しすぎるし、本当に知りたいことが書いていない....

だが、本書にはフリーランスや個人事業主が迷いそうな事項(特に経費の扱い)について事例を踏まえて書かれているのが特徴だ。例えば、
 ・家族旅行だが、視察を兼ねているから経費にできないか?
 ・セミナーやレッスン代は経費にできるのか?
 ・オフィスを借りるときの敷金や保証金の計上の仕方は?
など。正解は本書をご覧いただくとして、このような迷いそうな事項はもちろん、領収書を簡単にまとめる方法、確定申告を行うに当たって覚えておいた方がよい事項、青色申告のメリットなどが分かりやすく書かれている。

「はじめに」の最後に書かれている言葉が、この本が意図することを最も的確に表していると思う。

 皆さんが本書の知識を活用して、煩わしい確定申告にとらわれる時間と、ストレスを大きく減らして、売上を上げるために使う時間や、自分や家族のために楽しく過ごせる時間を少しでも増やせるよう、心より願っています。(本書より P4)


時間は有限である。そして、どこに時間を費やすかによって今後が大きく変わる。生活がかかっているフリーランスや個人事業主にとってはバックオフィス業務に時間をかけるのではなく、本業に時間をかけたいに決まっている。「freee」というソフトや本書は、「面倒なバックオフィス業務から少しでも解放されたい」と希望するフリーランスや個人事業主はもちろん、中小企業事業主の期待に応えると思う。

○全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」リンク
http://www.freee.co.jp/


【本書のポイント】

 「経費で落とすには、すべて”領収書”と書かれているものをもらわなくてはいけない」
 そう思っていないでしょうか?
 じつは、それはよくある誤解の1つ。いちいち買い物をするたびに「領収書お願いします」「宛名はこちらで」とやっている方がいますが、じつはそんな手間はまったく必要ありません。今すぐやめましょう。
 なぜかといえば、スーパー、コンビニ、その他お店で一般的に発行されるレシートは、そのまま領収書として機能するからです。(本書より P22)

 freeeの最大のポイントは、記帳作業の大部分が「自動的に」処理される点です。freeeのおかげで、決算書作成までの作業は、筆者(山田)の体感で50倍くらい速くなっています。取引の数がたいしてない個人事業主であれば、1ヶ月分の記帳はものの3分から5分くらいで完了してしまうでしょう。(本書より P35)

 プライベートとビジネス生活を切り離せないのが、個人事業主の特徴。
(中略)
 そんな実情をふまえて、確定申告では支払った金額のうち、「事業用に使った割合」をかけて、経費にすることができます。この割合のことを「家事按分割合」といいます。(本書より P105)


【関連書籍】



世界一ラクにできる確定申告 ~全自動クラウド会計ソフト「freee」で仕訳なし・入力ストレス最小限!

1)本書の内容
 
 第1章 確定申告でラクするための準備と考え方
 第2章 世界一ラクできる会計ソフト、発見!
 第3章 確定申告の準備をしよう
 第4章 お金が入ってくるときの処理をマスターしよう
 第5章 お金が出ていくときの処理
 第6章 税金がトクになること、トクにならないけどやらなければいけないこと
 第7章 年に一度だけの決算処理を乗り切ろう
 第8章 ホント?ウソ?確定申告の都市伝説
 第9章 インターネットでラクラク申告

2)本書から学んだこと
 ・「freee」を使えば面倒な会計入力は圧倒的に簡易になる!
 ・ラクにするために必要な知識や手法を活用することが必要!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。