ビジネス書のエッセンス(ビジネス書 書評ブログ)

2013年11月30日

マーケットの創造に突き進む「独自のこだわり」を持った経営者!『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』(ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー著)



お店や自動販売機などでよく見かけるレッドブル。赤い雄牛と天使の翼のロゴを施したこの飲料は、創業者のディートリッヒ・マテシッツ氏が大正製薬の「リポビタンD」にヒントを得てタイのエナジードリンクをベースに考案した商品だ。世界165カ国で約52億本も販売されているこのドリンクは、エナジードリンクにおける世界シェアの約70%を占めている。

しかし、これだけ世界規模に展開している企業でありながらも、その企業の実像はあまり知られていない。よく言われているのは「マーケティングが画期的」ということだけである。アルプスの麓に本社を構えるこのオーストリアの企業の、そしてディートリッヒ・マテシッツ氏の実像に迫った本が本書レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのかである。

それにしても意外なことばかり書かれていた、エピソード満載の楽しい本である。

最初に興味をひいたのは、マテシッツ氏がエナジードリンク産業に飛び込ませたキッカケである。

「キッカケはリポビタンD」と先に書いたが、これは「リポビタンDという製薬に惚れこんだから」という意味ではない。当時ユニリーバに勤めていたマテシッツ氏は、『ニューズウィーク』誌に書かれていた一つの記事に興味を持った。それは日本の高額納税者リストに関する記事である。1位に掲載されていたのがソニーやトヨタといったグローバル企業の経営者ではなく、大正製薬という彼が聞いたことのない企業の経営者であった。そして、リポビタンDというエナジードリンクで高額納税者になれることに感銘を受けていた。経済的に、そして時間の自由を手に入れたい彼にとって、この記事は大いに刺激になったに違いない。

もちろん、日本でお馴染みの「リポビタンD」がキッカケというのも我々日本人にとっては意外な気もするが、実は私が興味を持ったのは何気ない記事からヒントを得て市場を観察するマテシッツ氏の嗅覚である。普通であれば「へえ?」で終わってしまうものだが、そこに「巨大な金儲けのチャンスがある」と思ったところに人並み以上の嗅覚の持ち主と感じた。そして、その嗅覚はレッドブルという企業の独自性を発揮しているように思う。

レッドブルの特徴は「マーケティングと販売に特化した会社」ということだ。マーケティング志向の会社は数多く存在する。だが、レッドブルの場合は徹底度が違う。売上の3分の1を広告とブランド育成にかける。これだけの費用を広告とブランド育成にかける企業は他にはあるまい。「レッドブルのための市場は存在しない。我々がこれから創造するのだ」(本書より P22)という言葉に象徴するかのごとく、市場を創造するために巨額の費用を費やしてきた。そして、レッドブルが重要視していることが「体験を売る」ということである。このため、イベントは代理店に丸投げせず、全て自社で行う。それは販売に携わる社員よりもイベントに従事している社員の方が多いことからもレッドブルの姿勢がうかがえる。「すべてはマーケティング」という言葉にも代表されるように、消費者の関心と繋がりを保つために命がけで行ってきたことだ。なぜ、そこまでしてマーケティングにお金をかけるのか?それは「ブランド商品にとって最も危険なのは関心をもたれないことだ」(本書より P36)という言葉からも推しはかることができるであろう。

一般的には「マーケティングに巨額のお金を費やす」と書くと派手なイメージを持たれるが、「銀行にだけは借金するな」(本書より P76)という言葉に代表されるように、経営姿勢はむしろ堅実といってよい。また、スポーツ産業にも進出はしているものの、長期的に育てるというスタンスで一貫している。会社を上場させないという姿勢にも、マテシッツ氏のスタンスがよく表れている。アメリカの創業者は自らが創業した会社を上場させることで創業者利益を得る傾向が強いが、マテシッツ氏にはそのような考えは全くない。株も売却する気もない。そして、「セレブとのパーティーは最も意味のない時間つぶし」(本書より P276)と言い切り、「男と男の握手には何よりの価値を持っている」(本書より P276)というこだわりを持つ考え方。そういう意味では「なりふり構わず」ビジネスのために何でも行うアメリカ人の経営者とは違った気質を持っている。

マーケットを創造するためなら伝統を壊すこともいとわない姿勢、しかし経営に対しては保守的とも思える姿勢で臨む。同一人物とは思えないマテリッツ氏のギャップの表れを読みとることができるのが面白い。スタートアップの本というとシリコンバレーを連想しがちだが、ヨーロッパ人特有の伝統的なこだわりを持つ考えが表れたスタートアップの本というのもシリコンバレーとは違った味わいがあって面白く思う。


【本書のポイント】

 「レッドブルのための市場は存在しない。我々がこれから創造するのだ」(本書より P22)

 「ブランド商品にとって最も危険なのは関心を持たれないことだ」(本書より P36)

 「銀行にだけは借金するな」(本書より P76)

 「私たちはマーケティングのプロです。潜在能力があるにもかかわらずこれまで日の目を見ることのなかったブランドを、眠りから覚ましてやりたいのです。私たちの強みは問題解決能力です。すでに確立しているものの管理ではありません」(本書より P79)

 「伝統的な価値をすべて疑う必要はありません。そのなかには人生にとって必要なものもたくさんありますから」(本書より P249)

 「互いに競い合い、だまし合うことがビジネスだ、とは考えていません。努力と誠実さによっても成功を収めることができるのです」(本書より P250)


【関連書籍】



レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

1)本書の内容
 
 序章 レッドブルとは何者か?
 PARTI 52億本への道
 PARTII スポーツ・マーケティング
 PARTIII レッドブル帝国の正体
 PARTIV 創業者の横顔
 終章 ブルのこれから


2)本書から学んだこと
 ・市場は創造するためにある!
 ・最も危険なのは関心を持たれないこと!
 ・努力と誠実さによっても成功を収めることができる!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
posted by まなたけ(@manatake_o) at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

成功法則の「その先」を突き詰め、本質を考えることが大事!『年収1億円は「逆」からやってくる』(芳賀みみ著)



年収1億円は「逆」からやってくる......タイトルだけを見ると巷によくある”○億稼ぐ”成功法則が書かれた本のように思えてしまう。しかし、実際に本書を読むと、「ミリオネアの思考」とともに「成功法則の本質を考えろ」というメッセージが書かれている本なのだ!『年収1億円は「逆」からやってくる』というタイトルは「本質を見抜き、実践することで、達成したいゴールが近づいてくる」ということを表現しているように思う。

では、なぜ「年収1億円」なのか?本書では以下のように定義している。


 お金に不自由せず、かつ健康で人間関係も良好、時間も自由に使えて楽しく暮らしている人を、私は「幸せなお金持ち」と呼んでいます。お金持ちの定義は人それぞれだと思いますが、今回は「年収1億円以上」の人を「お金持ち」としました。(本書より P10)


この文章を読むと、時間をある程度自由に使いながら暮らしていくためめ「コンフォートゾーン」を象徴的に「年収1億円」という数字で示している。

先に「本書のメッセージは"成功法則の本質を考えろ"と捉えている」と書いたが、本書は「常識を疑え!」ということから始まる。例を挙げると、巷で言われている、あるいは本にもなった
 ・長財布を使うとお金が貯まる
といった「成功法則」を疑うことから始まっている。そして、著者は自らの取材を通じた結果、「これは迷信」と断言している。その理由は本書に譲るとして、ここで大事なことは「お金持ちが長財布を使っているという現象に捉われるのではなく、なぜお金持ちが長財布を使っているのか?その本質を理解すること」なのだ。

その一方で、著者が「幸せなお金持ち」へのインタビューを通じて気づいた共通項もまとめられている。また、単なるノウハウを示すのではなく、示唆に富んだ内容で自らの考えが書かれている。例えば、以下のように。


 ただ漠然とやるのではなく、最高の基準ですべてやりきった時、おのずと成功が見えてくるのです。(本書より P55)

 幸せなお金持ちは、常に思考しています。「これってどういうことだろう?」「本質はなんだろう?」と問いかけています。知識ではなく、理解を求めるのです。(本書より P99)

 「与えれば与えられる」ーこの大事な原則が分かっていないからです。幸せなお金持ちは、それが分かっている人です。何かを与えると、結局自分が一番受け取ることになることを知っているのです。(本書より P129)

 セミナーのコンテンツを覚えるだけでは、ただの娯楽です。知識はお金になりますが、そのままではお金になりません。知識を行動に移してこそ、初めてお金に変わるのです。(本書より P189)


中には厳しい言葉もあるが、「単に成功法則の言葉を鵜呑みにするのではなく、”その先”にある本質を考える」ことをいろいろな形で示している、示唆に富んだ本である。経済的自由人を目指す方にとってはマインドセットに役立つと思う。私にとっても、「ここで書かれている本質は何か?」を、いろいろと考えながら読んだ本である。


【本書のポイント】

 常識を疑い、自分の身の回りに広がる世界について考え続けること。それがお金を稼ぐ秘訣なのです。(本書より P66)

 「生きた金」を使い、より多くの「生きた金」が返ってくるように学習してください。1回1回でどれだけ吸収できるかが大事です。そして、そこから得たものを即活用してください。知識はお金になりますが、知識のままではお金に変わりません。知識を行動に移して、そこで他人が喜ぶからこそ、その対価としてお金に変わるのです。そしてそのお金は、あなたが次の知識を得るための、相手からの投資でもあるのです。(本書より P124)


 与えること、それこそが幸せなお金持ちになる秘訣なのです。(本書より P131)


 自分はどういう人たちを顧客にしたいのか、その人たちのどういったニーズに応えるためにこの会社があるのかというのがミッション(使命)にもなり、一番大切な選択になります。
 そして何より、あなたはどう生きたいのか、どのように社会に貢献していきたいのかという、自分自身のミッションを認識することが重要です。そのためには、まずあなたのゴールを設定することが必要になるのです。(本書より P214)


【関連書籍】



年収1億円は「逆」からやってくる

1)本書の内容
 
 CHAPTER1 簡単にできる「成功法則」はぜんぶ迷信!
 CHAPTER2 誰もが「無自覚な行為」を疑おう
 CHAPTER3 お金の「常識」も疑ってかかろう
 CHAPTER4 「逆に?」と問いかけると1億円が見えてくる

2)本書から学んだこと
 ・常識を疑い、身の回りに広がる世界を考えることにヒントがある!
 ・お金とは可視化されたコミュニケーション!
 ・学びを行動に移すことが大事!
 ・自分のミッションを認識することが重要!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:自己啓発
posted by まなたけ(@manatake_o) at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

WILLを明確にし、自分の「強み」と「やりたいこと」を近づけよう!『ドラクエ式 自分の強みを知る方法』(神谷悟著)



大人気ゲームであるドラクエになぞらえて、「自分の強みを知るための本」が最近発刊された。それが本書ドラクエ式自分の強みを知る冒険である。

この本は、大きく以下のキーワードで構成を分類される。
 1.WILL/CAN/MUST
 2.勇者/戦士/魔法使い/僧侶


この分類については後で述べたい。

また、各章は「大手電気メーカーのしがない営業マン・主人公エルスが、魔王軍の攻撃にさらされているシャンパーニ王国を救うべく、勇者となって自分の武器を知り、仲間を集め、"WILL"実現のための旅に出る」という物語と、「WILL・CAN・MUSTの関係、そして60の質問から診断する自分のキャリアタイプ、そしてWILL実現に必要な道筋」が書かれた解説の2つで構成される。物語を使いながら流れを捉え、解説で自分を知るために必要なことを理解するようになっている。


先に述べたキーワードについて触れたい。

まずは「WILL/CAN/MUST」について。

これらは「仕事における3つの相関関係」を表す言葉となっている。これらの言葉の定義を以下に記載する。

 WILL:やりたいこと、夢
 CAN:できること、能力、スキル
 MUST:やらなければならないこと


本書によると、仕事の9割はMUSTをこなすことにある。だが、「やらされ感」だけではモチベーションは続かない。しかし、「やりたいこと」が明確であれば、「MUST」の仕事の苦痛を和らげることができる。実は、「WILL」の存在が仕事を苦痛なものにするのか、苦痛を和らげるかを左右する重要な要素となる。

そして、「MUST」の積み上げによって、自分が出来ること、つまり「CAN」の領域が確実に広がる。そうなると、仕事も楽しくなる。

このように、「WILL」「CAN」「MUST」には明確な相関関係がある。そして、「WILL」の存在が仕事をする上で大切な要素となる。

だが、「WILL」を見つけるのは難しい。それゆえに著者は「人生はWILL探しの旅」と言っている。本書ではWILL探しのヒントとして「WILLを知るための60の質問」を提示している。これらは、価値観や思考性に関する質問に対して1〜5で回答するようになっている。そして、回答の結果、自分が4つのタイプのうち、どれに該当するかが診断出来る仕組みになっている。実は、この4つのタイプこそ先に述べたもう一つのキーワードの「勇者/戦士/魔法使い/僧侶」なのだ。

これらのタイプの詳細の説明は本書に譲るとして、自分がどのタイプに属するかが分かれば、自分の強み・弱みを把握できる。

WILL(やりたいこと、夢)を実現するには、到着するためのマイルストーンやタスクに表す必要がある。だか、マイルストーンやタスクに表したとき、「これは自分一人では実現出来ない」と誰しもが思うであろう。このとき、先ほどの診断が生きてくる。自分で出来ない部分、弱い部分は他者の力を借りる、あるいは経験値を増やすという選択が可能となる。また、自分の強みの部分は経験値を増やすことで、更に強みとすることが出来る。自分の強み・弱みをあらかじめ分かっていれば、先の判断も適切に出来るようになる。本書の診断のメリットの一つはここにある。

WILLを明確にし、自分の「強み」と「やりたいこと」を近づける。本書のテーマはそこにある。そして、それを行いたい人にとって役立つ本だと思う。


【関連書籍】



ドラクエ式自分の強みを知る冒険

1)本書の内容
 
 プロローグ 目が覚めると僕は勇者になっていた
 第1章 勇者の憂欝
 第2章 復活の呪文
 第3章 自分のつよみを知る冒険
 第4章 導かれし者たち
 第5章 成長し続ける戦士たち
 第6章 目覚めし4つの才能
 エピローグ そして、伝説へ


2)本書から学んだこと
 ・「WILL」「CAN」「MUST」には明確な相関関係がある!
 ・「人生はWILL探しの旅」である!
 ・WILLを明確にし、自分の「強み」と「やりたいこと」を近づける!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
そして「よい記事!」と思ってくださった方は、下の【Twitterでつぶやく】【facebook いいね!】【はてなブックマーク】等のボタンのクリックをお願いいたします!
タグ:働き方
posted by まなたけ(@manatake_o) at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 働き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。